Pocket

スマレジのIPO

こんにちは!サンロックです。

2019年のIPOも本格的に始動し始めたので追いかけていきたいと思います!

全体を通じて悪くない感じですが、その中でも久しぶりのチャンスだと感じるのが大和証券主幹事のスマレジ(4431)ですね。

IPOがなかなか当たらなくなった現状の中で、個人的に注目したい案件です。

ここでは、スマレジ(4431)のIPO初値予想・当選確率をまとめました。

※サンロックって誰?と思う人はプロフィールをご確認ください。

スポンサーリンク

スマレジ(4431)のIPO基本情報

  • カテゴリ:東証マザーズ
  • 想定価格:1,370円
  • 吸収金額:24.1億円
  • 時価総額: 124億円
  • 主幹事:大和証券
  • 抽選申込み期間:2019/02/13 (水)~2019/02/19 (火)
  • 上場日:2/28 (木)
  • IPO評価:B
  • セカンダリー評価:B

所感

東証マザーズで吸収金額が大きい案件になりますので、初値暴騰までは期待できません。
ただ、クラウド関連で想定価格が低いため、買いが入りやすい銘柄です。

地合いや雰囲気で初値は大きく変わりそうですが、地合いが良い状態で臨めば、IPOとしては狙い目となりそうです。

スマレジ(4431)のIPOの見所は?

スマレジのIPOの見所

既にご存じの方も多いと思いますが、スマレジ(4431)のIPOがなぜチャンスかと言うと、

  • 大和証券主幹事
  • 吸収金額が大きい(当選しやすい)
  • 業績が右肩上がり

となっているためですね。

吸収金額が大きいとIPO初値は上がりにくいですが、スマレジ(4431)は業績が好調なIT関連となりますので、初値もそれなりに期待できます。

さらに、IT関連の中でもクラウドを押し出しているのでテーマ性があります。

2018年末の日経平均大暴落のような事態が起こると、どうなるか分かりませんが、現時点の地合いが良いのも追い風です。

スマレジ(4431)は個人投資家受けするS級クラスの案件ではありません。
しかし、IPOは殆ど当たらなくなっているため、かなり貴重な存在だと思います。

スポンサーリンク

スマレジ(4431)のIPO初値予想のポイント

まずは、スマレジ(4431)の吸収金額をみてみましょう。

  • 吸収金額:24.1億円

東証マザーズ銘柄で、20億円超えは規模感があり、結構な荷もたれ感があります。

ただ、時価総額は124億円となっており、そこまで割高感はありません。

次に業績をみてみます。

スマレジの業績

業績は大きく伸長していますが、直近ではやや鈍化傾向にあります。ただ、IPO公開時にはあまり影響はないでしょう。

投資家にとってはむしろ、直近の高成長ぶりの方が目につくはずです。

PER(割安指標)は既に50倍超となっていますので割安感はありませんが、成長性を加味すれば許容できる範囲となっています。

スマレジ(4431)の初値は地合い次第か

こうして見ていくと、スマレジ(4431)の初値は決して鉄板ではありません。

日経平均及び、マザーズ指数が好調な現状であれば問題ないですが、雰囲気が悪くなってくると微妙になるかもしれません。

今のところ株式市場の流れは良いので、意外高に期待したいですね。

スマレジ(4431)のIPO幹事団

  • 大和証券(主幹事)
  • SMBC日興証券
  • SBI証券
  • 野村證券
  • エース証券

原則的には大和証券から参加。

前金の必要な日興証券であれば、ライバルが減るので余裕があれば申込むのもありです。
(過去に1回だけ、このやり方でS級を当てたことがあります。)

ポイントを集めている方はSBI証券からも忘れずに申込んでおきましょう。

スマレジ(4431)の当選確率

大和証券で吸収金額24.1億円ということで、当選しやすいIPOです。
ただ、過去1年の傾向をふり返ると大和証券での当選も厳しくなってきている実感があります。

あくまでも運が良ければ当たるという水準であり、当選確率は15%前後と予想します。

スマレジ(4431)の参加スタンス

  • 全力参加

値は微妙な側面がありますが、想定価格が1,370円と低いので買いが集まりやすく、公募割れしてもリスクは限定的。

ここで全力参加しない理由はないので、ガッツリと参加していきます。

スマレジ(4431)のIPO初値予想

  • 想定価格:1,370円
  • IPO初値予想:2,000円前後

初値予想が難しい銘柄は、直前の地合い次第で180℃結果が変わってきます。

直近の地合いが好調であること、買いが集まりやすい価格帯、人気のクラウド関連ですので、流れ次第では思いのほか伸びる可能性があります。

一方、吸収金額や同時上場はネックであり、バランスを考慮した予想になっています。

思っている以上に上がる・下がることがありそうですが、地合い次第となるでしょう。

新興系のIPOの初値は2月~4月にかけて強い傾向にあるので期待したいですね。

ぜひ当選をゲットして、スタートダッシュを成功させていきましょう!

※クリック応援して頂けると、更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ