Pocket

nisaのおすすめ口座

ここ最近の日経平均と新興市場の地合いは絶好調。

日経平均にいたっては3万円に到達するのでは?という声もあり、本腰を入れて株式投資にも力を入れて行きたいと思っています。

そこで気になっているのが、NISA口座はどの証券会社がおすすめか?という点。

実は私自身、NISA口座を作る証券会社をノリで決めてしまい失敗してしまいました。
非課税については、実は最大に生かすポイントというのが存在します。

このページでは、教訓も込めてNISA口座について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

120万円分の「利益」が非課税になるのがポイント

NISAに関しては非課税になるというのが大きな魅力ですが、よく考えてみると「利益」が出た場合に非課税になるという点がポイントになります。

普通に考えて、年間を通じて120万円の利益を出せる人というのは限られているのではないでしょうか。つまり、トレードで利益を出さないことにはNISA(非課税)の恩恵を授かることができません。

NISAは配当やIPOとの相性が高い

しかし、株式投資ではトレードをする他に、以下の方法で利益を出すことができます。

  • 配当
  • IPO
  • 立会外分売、PO

上記の方法は、通常のトレードよりも確実に利益を出すことが可能です。

SBI証券のIPOチャレンジポイントとのコンボがベスト

IPOと立会外分売は当選する必要がありますが、SBI証券ではチャレンジポイントと言って、貯めれば確実にIPOに当たる仕組みがあります。

有望なものになると30万~100万円くらいの利益になりますが、これを非課税にできるのは非常に大きいです。
また、仮に10万~20万程度の利益であっても、非課税にできるのは大きいですよね。

つまり、NISA口座を開設する上で、上記に挙げた方法を利用できる証券会社が望ましいと考えられます。

スポンサーリンク

NISA口座でIPOに申し込めない証券会社は多い

NISA口座は「IPO」や「立会外分売」と相性が非常に良いのですが、NISA口座からは申込めない証券会社がよく見られます。

中でも代表的なのが「楽天証券」です。

私自身、楽天証券のツールが好きでNISA口座も楽天で開いていたのですが、この点を見落としていました。

最近になって痛手であると気づき、思い切ってNISA口座を変更しようと検討しています。

NISA口座を変更するのは面倒?

NISA口座を変更するためには、現在利用している証券会社に廃止の依頼を出して、その後に新しい証券会社で申し込む必要があります。

NISA口座の開設は書類を送って貰い、マイナンバーを提出し、さらに時間もかかります。

かなりの手間がかかるわけなのですが、それでも個人的にはNISAに最適な証券口座にするメリットはあると考えています。

これは「つみたてNISA」に関しても同じことが言えると思います。

結局、NISA口座におすすめの証券会社はどこ?

突き詰めて考えていくと、NISA口座は「SBI証券」で作るのが良いと考えています。

私自身も、楽天証券からSBI証券にNISA口座は移行しようと検討しています。
(手間と時間がかかってしまいますが・・・)

NISA口座はSBI証券が良いと思う理由

  • NISA口座でIPO、立会外分売に申し込みできる。
  • 確実にIPOが当たる仕組みがあり非課税にできる。
  • 2017年12月から手数料値下げとなった。

おそらくIPOをやる人にとっては、SBI証券がベストと言えるでしょう。

また、つみたてNISAか、通常のNISAかどちらかしか選べないわけですが、上記の理由で通常のNISAに。

手数料の安さだけで考えるとライブスター証券がベストですが、やはりこちらもNISA口座ではIPOや立会外分売に参加できません。

NISA口座は手続きが面倒でも自分に合う所にすべき

SBI証券は手数料が引き下げとなり、配当やIPO・立会外分売の申し込みにおいてNISAの威力が最大限発揮されます。

NISA口座を変えるのは時間がかかり面倒ですが、これらの理由でSBI証券で作るのがおすすめであり、私自身も思い切って変更しようと思っています。

つみたてNISAも登場した今、ぜひ、NISA口座については改めて考えてみることをおすすめします。