IPOのセカンダリーとは?他の投資よりも有利な点について

Pocket

全体の割合としては希少ですが、株で稼ぐのが上手い人が取り入れているのがIPOのセカンダリー投資です。今回はIPOセカンダリーとは何?という方に向けてその概要と有利な点を簡単にまとめておきます。

IPOセカンダリー投資とは?

IPO(新規公開株)として上場したばかりの株をメインに取引することを指します。特別な言い回しに聞こえますが、難しいことも、専門的なこともありません。

上場してからいつまでがセカンダリー投資にあたるのか?という点については明確な定義はありませんが、基本的には短期間と言われています。

IPOセカンダリーが他の投資より有利な点

1.値が軽い

IPO銘柄は時価総額が低いから値が軽い。これは極めて重要なポイントです。

将来有望で時価総額が低い新興株が見つけにくい今、大きな価値があります。

そのため大暴騰することも少なくありませんが、逆に振れるリスクもあるので注意が必要です。ボラティリティの高さが魅力ですが、最低単元が100株のためリスクヘッジがしにくく、難易度的にはFX等と比べると一段高いと言えます。

2.空売りが少ない

空売り残高を見れば分かりますが、特に外資系の空売りが少ない印象です。

一般的に新興市場に投資する個人投資家の多くが負けるのは、外的要因に左右される部分が大きいですが、セカンダリーは外圧が少ない。

色々注意すべき点はありますが、利幅を狙いやすいのは事実です。

IPOセカンダリー投資まとめ

IPOセカンダリーとは何か?について一言で言えばハイリスクハイリターンです。

これをプラスに捉えるか、マイナスに捉えるかは人それぞれです。
IPOに参加する人は「手堅い」タイプなのでやる人は稀です。

踏み込むのは勇気が要りますが、こうした投資や利点を知っておくということが大切で、選択肢は多いに越したことはありません。

IPOセカンダリーで勝つ方法については以下もご覧下さい。
IPOセカンダリー投資で勝つためのポイント

こうした他者が知り得ない情報を掴み、積み重ねていくことで投資を極めていきましょう。

Pocket