Pocket

VALUENEX

こんにちは!インべスターです。

10月のIPOの中で最大の目玉となりそうなVALUENEX(4422)が登場しました。

有望IPOですが個人投資家と相性の良いSBI証券主幹事なので、当選も一定の期待ができます。また、マネーゲームとしても盛り上がりそうな銘柄ですね。

本記事は、VALUENEX(4422)のIPO予想と、将来の株価予想をしていきます。

スポンサーリンク

VALUENEX(4422)のIPO基本情報

  • カテゴリ:東証マザーズ
  • 想定価格:1,520円
  • 吸収金額:7.77億円
  • 時価総額:41.7億円
  • 主幹事:SBI証券
  • 抽選申込み期間:2018/10/12 (金) ~2018/10/18 (木)
  • 上場日:10/30 (火)
  • IPO評価:A
  • セカンダリー評価:A

暫定でA級評価としていますが、地合い次第ではS級と呼べる案件です。
SBI証券で吸収金額の低いIPOは高騰しやすいため、注目となります。

また、後ほど解説しますが、セカンダリーもマネーゲーム化しやすく、10月でもっとも話題を集める可能性があると見ています。

VALUENEX(4422)のIPO初値予想のポイント

人気化確実の有望テーマ

VALUENEX(4422)は東証マザーズのIT企業の中でも、ソフトウェア・ビッグデータ関連企業の位置づけになります。

ASP型の解析ツールを提供していますが、これは「最大10万件の大量の文書情報を、6000万語の高精度解析により、短時間で二次元可視化」するもの。

イメージ的にはビッグデータに近いサービスとなります。

IPOにおいて「ビッグデータ関連」は確実に人気化しますので、VALUENEX(4422)のIPO初値は有望ということができます。

IPO初値は抑えられる可能性がある

VALUENEX(4422)は有望IPOですが、市場評価を見ても最上級のS級をつけているメディアやブロガーさんは少ない状況です。

主にVALUENEX(4422)の初値が抑えられてしまう要因は2つ。

  • 平成29年度の大幅赤字
  • ベンチャーキャピタル(VC)が1.5倍でロックアップ解除

VALUENEX(4422)は収益性が安定しておらず、黒字と赤字の年が入り混じります。

VALUENEX株価

直近の売上は右肩上がりですが、直近は鈍化傾向にあるため長期で買いを入れにくい状況。

さらに、大株主VCが1.5倍でロックアップ解除となるため、その分だけ初値が抑えられる可能性ある状況です。

スポンサーリンク

VALUENEX(4422)の将来的な株価予想

VALUENEX(4422)に関しては、初値も一定の期待ができますが、どちらかというとセカンダリーでマネーゲームになりやすいと考えています。

赤字が懸念されますが、その理由をたどっていくと、

  • ヘルスケア業界とフィンテック業界の成長事業への新規参入。
  • 米国に子会社を配置し、積極的な営業を行う。

など積極的な投資の上での結果であるため、さほどネガティブなものではなく、この点は見直されていくものと考えられます。

今後、企業のビッグデータの取り組みが活性化すると言われ、成長性とテーマ性を兼ね備えたVALUENEX(4422)に短期マネーが流れる展開が想定されます。

IPO初値も、上場後も注目すべき銘柄と言えるでしょう。

VALUENEX(4422)のIPO幹事団

IPOに参加できる証券会社

  • SBI証券(主幹事)
  • 大和証券
  • みずほ証券
  • エイチ・エス証券
  • 岩井コスモ証券
  • 東洋証券
  • むさし証券(トレジャーネット)
  • アイザワ証券
  • エース証券
  • 極東証券

VALUENEX(4422)の参加スタンス

非常に有望なIPOであるため全力で参加となります。

当選枚数は少なめですが、SBI証券は個人配分が多いので期待できます。

チャレンジポイントは、過去の実績を踏まえるとポイントのボーダーラインは300~350が一つの目安に。ポイント使用の当選枚数は200枚が濃厚。

ポイント使用はちょっとハードルが高く、費用対効果は微妙なところ。

SBI証券は資金を投入するほど当選確率が上がるため、沢山申込む戦略の方が有効ですね。

VALUENEX(4422)のIPO初値予想

まず、VALUENEX(4422)の初値予想は以下になります。

  • 想定価格:1,520円
  • 仮条件価格:1,700~1,840円(10/13更新)
  • 初値予想:4,000円 4,500円前後(10/13更新)

まず、SBI証券で吸収金額の低い案件は高騰する傾向があります。IPOの地合いは復調中。
それらを踏まえると、やや強めの初値になると見ています。

現在(10/13)は、世界同時株安で市場は冷え込んでいますが、逆にIPOに資金が流れてくる展開はよくあります。特に弱気になる必要はないでしょう。

仮に2倍以下で収まるようであれば、IPOの地合いも相まって短期マネーが流れ来る可能性が高いと考えます。

10月のIPOでは最も有望性が高く、ハイリスクハイリターンですが、IPOに落選してもセカンダリーで利幅が狙える点もポイントになるでえしょう。

人気沸騰のSBIソーシャルレンディングをご存じですか?

今、IPOと同じほど人気が殺到している投資をご存じですか?

SBIソーシャルレンディングは、高利回りで不動産やインフラ投資ができるサービスです。

最近は、ファンド発売と同時に売り切れるほど人気が過熱しています。

SBIグループなので安心して、簡単に始められます。

注目の投資なので、知らない方はチェックしてみて下さい。
SBIソーシャルレンディングの投資と評判についてのまとめ

 

IPOの落選が続く中、押して頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ