ベストワンドットコム(6577)の株価予想!注目ポイントのまとめ

ベストワンドットコムの株価予想

4/25に新規上場するベストワンドットコム(6577)の情報が出そろいましたので、株価予想をしたいと思います。

まず、IPO初値予想の焦点としてはどこまで高騰するのか?
また上場後の株価の動きはどのようになっていくのか?

大手予想や一般意見も踏まえつつ、気になるポイントを短くまとめていきます。

ベストワンドットコム(6577)のIPO基本情報

  • カテゴリ:東証マザーズ
  • 想定価格:4,130円
  • 仮条件価格:4,130~4,330円
  • 吸収金額:5.17億円
  • 主幹事:日興証券
  • 抽選申込み期間: 2018/04/10 (火) ~ 2018/04/16 (月)
  • 上場日:4/25(水)
  • IPO評価:A~S

大手予想の評価はAとなっており意見が分かれますが、地合いを考慮するとSが妥当。

申込み期間は4/16 (月)までとなりますが、日興証券は主幹事での登場率が高く口座は開設しておくと良いでしょう。

ベストワンドットコム(6577)の初値予想のポイント

クルーズ旅行に特化したオンライン旅行サイトということで、話題性は高くありません。

その点では人気化するか微妙なところではあります。

初値は上に跳ねやすい

ただ、4,330円と値がさ株になりますので、上に跳ねやすいと考えられます。
10,000円を超えてくる可能性があるでしょう。

業績は右肩上がりの絶好調で、IPOはプレミアチケットとなっています。

bestone

業績好調、軽量級、東証マザーズと三拍子揃っており初値3倍は一つの目安になります。

大手予想はA級評価で、初値予想は2倍の1万円前後が目安となっていますが、最近は初値を低く見積もる傾向があります。

ベストワンドットコム(6577)の今後の株価予想

ベストワンドットコム(6577)は上場後のセカンダリー投資でも非常に注目の銘柄です。

あまり書きすぎてしまうのも良くないのですが、理由をまとめました。

時価総額が低く割安感がある

ベストワンドットコム(6577)の時価総額は25億円となっており、これはかなり低い数値と言えるでしょう。

売上規模的には時価総額は100億円まで評価されてもおかしくありません。

また、2018年7月度の業績予想から算出されるPERは29倍程度。

旅工房や、アドベンチャー、オープンドアなど類似企業が100倍を軽く超えていることを考慮すると割安です。

ベストワンドットコム(6577)の初値は過小評価されている

ベストワンドットコム(6577)の初値は、IPOの地合いを考慮すれば高騰確実です。

しかしながら、まだまだ内容的に評価されていないと言えるでしょう。

セカンダリー投資妙味ありか?

初値は高騰すると思いますが、話題性に乏しく過小評価されている感は否めません。

業績、時価総額、PERの観点でも将来的に伸びしろがあり、セカンダリー投資妙味ありと考えています。

ただ、直前になってベストワンドットコムの評価が高まり、初値が想定以上に高騰した場合は注意が必要です。

ベストワンドットコム(6577)の初値と今後の株価予想!

まず、ベストワンドットコム(6577)の初値予想は以下になります。

  • 仮条件価格:4,130~4,330円
  • 初値予想:13,000円前後

本来であれば15,000円を超えるポテンシャルを秘めますが、話題性に乏しく、過小評価されていると考えられ、初値は3倍程度を見込んでいます。

株式市場の相場も不安定であり、それらの影響を受ける恐れがあります。

上場後の株価の動きに注目

ベストワンドットコム(6577)は上場後の株価に注目すべき銘柄と考えます。

前述した通り、時価総額的には100億円を超える5倍以上になってもおかしくありません。
いずれベストワンドットコムの株価は適正な評価を受けるはずです。

IPOとして初値高騰は約束されているものの、適正な評価は受けておらず、今後の株価についても注目する価値があるでしょう。

併せて読みたい関連記事

インベスター
他のIPOブロガーの最新情報は下記のボタンをクリック!
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です