IPOセカンダリー投資で勝つためのポイント

e99989e4974fac2eb5b65fed16a9da7d_s

IPOセカンダリー投資はリスクがある半面、当たると大きく魅力的な投資方法の一つと言えます。株やFXに比べても上級者向けの投資と言えますが、今回は大局的なポイントをいくつかまとめておきます。

買いが集まるかどうか?IPOセカンダリーは目利き市場

IPOの”申し込みの段階”では吸収金額市場などで大まかに参加を決めることが殆どです。例えば吸収金額が5億円でマザーズ市場であれば、殆どの人は何も考えることなく申込むはずです。

ただ、IPOセカンダリーでは”IPO申し込み”とは別物と考える必要があります。

よくありがちな間違いが、吸収金額が大きいためIPOセカンダリーには参加しないという考えですが、IPOの中では吸収金額が高くても、市場全体で考えれば時価総額そのものは低いものが多いので、安易に切り捨てる必要はありません。

IPOセカンダリーは人気化しそうかどうか見る

最も大切なのは人気化するかどうかです。買いが集まるのであれば例え吸収金額が20億円だとしても、充分に可能性があります。

よって初値が上がると分かっているIPOでも、その銘柄がどのくらい人気を集めるか一歩踏み込んでリサーチするのが、成功の鍵になります。

VCの有無、同業種との比較を行う

VCとはベンチャーキャピタルの略称ですが、もしVCの存在が多かったり、初値に大量の売りが予想される場合は、IPOセカンダリー投資は不利になります。

VCそれぞれの売るタイミングの特徴を掴むのも一つの手ですが、基本的にはVCが多い場合は手を出さないのが無難と言えます。

また、基本的に割安かどうかの指標であるPERは大きな意味は持ちませんが、初値が他業種よりも割安な場合は買われますし、逆に明らかに割高な場合は売られる要因にはなるので、リスク管理の観点で抑えておきましょう。

業績ではなく期待値を見る

IPOセカンダリー投資では、業績はさほど重要ではありません。
どれだけ将来的に期待感を抱かせてくれるか?が大切です。

ここで大切なのは実際にそうならなくても、期待感を抱かせてくれれば良いという点。その意味では新技術・新サービス・技術力・独自性などのキーワードが浮かび上がります。

また細かい話ではIRを頻繁に出す企業は、株主還元意識が高いので期待できます。

IPOセカンダリー投資のまとめ

株はよく美人投票と言われますが、IPOセカンダリー投資はその最たる例と言えるかもしれません。基本的には伸びしろの高い人気企業に注目しましょう。

注意点としてはIPO初値予想とは、評価基準が違うということですね。

ボラティリティが高く、変動が激しいためリスクもありますが、自分自身の目利きに絶対の自信を持っている人であれば挑戦してみる価値はあると言えるでしょう。

レベル的にはFXがノーマルモードだとすれば、IPOセカンダリーはハードモードですが、個人的にはこれからも参加していこうと思っています。

好利回り!ソーシャルレンディングの比較

ソーシャルレンディングは仮想通貨と共に、2017年最注目の高利回り投資です。少額投資とリスクコントロールも可能であり、いち早く抑えておく価値があります。