Pocket

ブシロード

こんにちは!サンロックです。

本記事ではブシロード(7803)のIPO初値と株価予想をしていきたいと思います。

当選枚数が多く、かつプラスリターンも見込める優良IPOとなりますのでかなり注目と言えるのではないでしょうか。

IPO初値予想はもちろん当選確率、リスクに対する言及もしていますので、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ブシロード(7803) のIPO初値予想のポイント

全体評価はB (6/26時点)

  • IPO評価:B
  • セカンダリー評価:B(ポテンシャルはあるがリスクもあり)
  • 将来性:B

IPO初値予想という観点で東証マザーズで吸収金額が80億円と大型。

さらに有価証券の募集・売出しを、国内だけでなく海外でも同時に行いますので暴騰はしにくい条件がそろっています。

しかし、新日本プロレスがブシロード(7803)に属するなど企業の知名度はしっかり。

この規模感は流れ次第で公募割れもありうる水準ですが、今の地合いならしっかりしたプラスリターンが期待できます。

地合いが悪ければIPO評価はBではなくC~Dになるので注意も必要。

初値は暴騰しにくいためセカンダリーでも注目すべきIPOとなりますね。

インべスター

6/26の時点ではイケイケムードですが、地合いによってはリスクも生じるので楽観視は禁物です。

ブシロード(7803)の将来的な株価予想

ブシロード(7803)のIPO初値は一定の上昇が期待されますが、将来的な株価も注目です。

規模感がありポテンシャルが高い

  • 時価総額 288億円
  • 従業員数 454人
  • ゲーム関連で知名度が高い
  • 2018年に黒字化し、売上好調

時価総額が大きく、知名度の高いIT関連企業としては過去のgumi(3903)が連想されます。
従業員数も403人なので似たような規模感です。

そのgumi(3903)の時価総額は約1,600億円。

そう考えると、ブシロード(7803)の将来的な株価は最大で7倍ていどまではあるということができるかもしれません。

ブシロード(7803)の懸念点

その一方で、リスクも存在しています。以下はプロシードの事業領域です。

事業領域

  • レーディングカードゲーム
  • モバイルオンラインゲーム
  • 音楽
  • マーチャンダイジング
  • メディア
  • 声優事務所
  • スポーツ
  • 音楽
  • グローバル

業績寄与度が高い事業は「トレーディングカードゲーム」と「モバイルゲーム」で、売上の大半を占める状況となっています。

これだけ事業を抱えていても、既存のゲーム売上が落ち込めば収益性に大きな打撃となる恐れがあるので要注意。

特にトレーディングカードゲームは市場規模が伸び悩んでいるといわれています。

結論としては、株価を大きく伸ばすポテンシャルはあるものの予断を許さない状況ということができそうです。

インべスター

セカンダリー投資はややリスキー。しかし、ポテンシャルはあるのでマネーゲームに発展しそうな気配があります。

スポンサーリンク

ブシロード(7803)のIPO幹事団と当選確率

それでは、IPO幹事団と当選確率を考察していきましょう。

  • SMBC日興証券(主幹事)
  • 楽天証券
  • SBI証券
  • マネックス証券
  • 大和証券
  • みずほ証券
  • 水戸証券
  • エース証券

最初の段階から楽天証券の名前があるのは珍しいケースですが、基本的には日興証券からの申し込みが主流となります。

吸収金額が大きい案件のため、個人投資家と相性の良い大和証券も狙い目です。

当選確率は10%前後か

日興証券のマザーズIPOの申し込み数は近年、50,000~60,000が平均的です。

現時点でネットの当選配分が5,000枚と仮定すると当選確率は10%に及びます。マザーズのIPOとしては良い数値であり、多くの当選報告が出ることが予想されます。

日興証券だけでこの当選確率ですが、楽天証券や大和証券など総合的に攻めていけば、さらに数%上がる可能性があります。

ブシロード(7803)のIPO初値と株価予想のまとめ

それでは、暫定のIPO初値予想を以下に明記します。

  • 想定価格:1,840円
  • IPO初値予想:3,000円(6/26更新)

知名度の高い大型マザーズIPOとなりますが、吸収金額は大きいものの成長性を加味して10万円前後の利益を想定しています。

しかし、繰り返しになりますが地合いが悪化すれば、公募割れも視野に入るIPOです。

本件はブックビルディング前にも初値予想を更新するので見に来て下さい。

株価は伸びないという声もありますが、類似企業の時価総額を考慮すればセカンダリーのポテンシャルは大きいといえます。

ただ、前述している通りリスクもあるのでマネーゲーム的な盛り上がりが予想されます。

インべスター

ブシロード(7803)はあらゆる意味で注目のIPO。現段階では積極的に当選を狙っていきたいと思います!


※記事更新の励みになりますのでクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

コインチェックがマネックスグループで完全復活!

コインチェック

コインチェック

コインチェックがマネックスグループ運営で復活!第二のビットコインバブルに乗るなら今すぐ要チェックです。