マネックス銘柄スカウターが便利すぎる!決算分析で必須のツール

monex-scouter1

マネックス証券から2017年10月にリリースされた「マネックス銘柄スカウター」をご存じでしょうか?

発表会が行わるほど注目のツールであり、有料ではなく無料で使えるということで個人的にも気になっていました。

実際に触ってみると、かなりの優れ物であり、決算分析においては必須と言える内容になっているため、簡単にご紹介しておきたいと思います。

決算分析において、核心に迫る内容となっていますので注目してみて下さい。

好決算なのに株価が下がることはありませんか??

monex-scouter3

株投資をしていて最も難しいことの一つが、決算後の動きが予測不能な点にあります。

具体的に言うと、

  • 好決算なのに下がる
  • 普通の決算でも暴落する

など。

株で稼ぐのは難しいというのは、業績と株価が連動しない側面があるから、というのは誰しも感じるところだと思います。

決算発表に関しては、1年に4回あります。

  • 第1四半期
  • 第2四半期
  • 第3四半期
  • 本決算

これだけの回数があるため、事実上は決算を正確に分析し、その上で株価を予想できる人が有利となります。

決算対策で有名な「織り込み済み」だけでは不十分

最もポピュラーな決算対策としては、「織り込み済み」が有名です。

例え決算が良かったとしても、それまでの株価が上昇していれば「織り込み済み」となるため、上がらないというもの。

また、事前予想の範囲内であれば、好決算でも「織り込み済み」となります。

これらは多くの人が注意していると思いますが、実は決算対策としてこれだけでは不十分なのです。

マネックス銘柄スカウターの最大の利点!累計値ではなく四半期ごとの業績が分かる

monex-scouter2

マネックス銘柄スカウターは、過去10年まで遡り業績を「グラフ」で確認できます。

売上や利益率、PERや時価総額、配当の推移など、圧倒的な情報がイメージ化され、一目で分かることができます。

その中でも、絶対に利用したいのが四半期ごとの決算情報です。

日本の決算は累計値であるため注意が必要

日本の決算は、例えば第2四半期の決算の場合、

  • 第1四半期+第2四半期

という形で、これまでの累計値で表示されます。

累計値で表示されるため、直近の業績が分からないというデメリットがあるのです。

好決算でも株価が上がらないのは累計値だから

仮に第2四半期の決算が良かったとしても、第1四半期分が良くて、第2四半期分は悪かったという可能性があります。

いくら累計値で良くても、目先の業績が悪ければ「成長性がない」と判断されて売られてしまうことはシバシバあります。

マネックス銘柄スカウターは四半期ごとの業績が過去と比較できる

monex-scouter4

マネックス銘柄スカウターの肝となりますが、四半期ごとの業績が、過去のデータと比較できます。

こちらは累計値ではありません。

そのため、より正確に企業の成長性や、決算内容を丸裸にできます。

マネックス銘柄スカウターを使えば決算で優位に立てる

決算で起こりがちな「織り込み済み」に注意しつつ、マネックス銘柄スカウターを利用すれば、ほぼ正確に決算を評価することが可能。

多くの投資家が決算で踊らされるのに対し、銘柄スカウターを利用すれば落ちついた対応ができます。

決算が過小評価されていることに気づけば、絶好の「買い場」となります。

不安要素だった決算が武器になる!

銘柄スカウターを利用すれば、情報で明らかに優位に立てるため、これまで不安要素だった決算が武器になります。

おすすめの利用方法としては、注目されている株が決算で急落した場合。

この時に、銘柄スカウターで細かい過去の業績と比較してみて、「売られ過ぎ」と感じたら購入する方法がおすすめです。

基本的にはギャップを見つけて投資していくスタンスが有効です。

マネックス銘柄スカウターはどんな人が使える?

マネックス銘柄スカウターは無料で利用することができます。

マネックス証券の口座を用意している人であれば、誰でも利用が可能。

発表会では無料では安過ぎるという声も出ましたが、マネックス証券はツールや信用取引手数料の値下げなど、ユーザーファーストの一環で無償提供となっています。

2017年10月にリリースされたばかりですが、非常に反響があり、要望も含めて多くの声が寄せられています。

マネックス銘柄スカウターの特徴

銘柄スカウターは、企業の決算情報を最大限生かすために開発されたツールです。

最後に、これまで挙げた使い方以外で、いくつかのメリットがを挙げておきます。

過去10年間の企業業績がグラフで確認できる

一般的なデータベースでは過去5年が多い中で、長期10年に渡って業績が確認できます。

事実上、その企業の推移を丸裸にできます。

  • 売上
  • 利益
  • 配当利回り
  • PER
  • PBR
  • 時価総額
  • 株主優待の有無

他社との比較が可能

銘柄スカウターには、銘柄入力欄があり、自分の好きな企業を入力すると、全ての項目において過去に遡って比較することも可能。

比較することでギャップに気づき、投資妙味に繋げられます。

初心者でも使いやすいようにイメージを多用

株式投資では、ファンダメンタルズ分析は必須となります。

ただ、数字を見るだけでは理解できないという人も多いと思います。

しかし、マネックス銘柄スカウターでは情報をグラフ化して見ることができます。
初心者の人でも分かりやすい作りになっています。

スクリーニングから銘柄スカウターのコンボがおすすめ

初心者の方の場合は、気になった銘柄があった場合に、銘柄スカウターに入力すると、ほぼその株を丸裸にできます。

一次情報から、さらに深い理解が得られるため、より株価予測の精度が高まります。

全体のまとめ

マネックス銘柄スカウターは、他者よりも情報で有利に立てるツールだと感じます。

これで米国版もあれば、めちゃくちゃ便利だなと思います。

有料の中でも上位に入るツールと言えますが、現時点では無料で利用できますので、既に口座をお持ちの方はチェックしてみて下さい。

また、ツール目的でマネックス証券を利用してみるのも良いでしょう。