トレードワークス(3997)のIPO初値予想!S級評価のプラチナチケット

tworks-ipo

トレードワークス(3997)のIPOに関する評価と初値予想をまとめました。

岡三証券主幹事のプラチナチケットであり、高騰はほぼ間違いないIPOとなりますね。

本記事では基本情報から、各種評価、当選確率やセカンダリーの考察まで掘り下げて情報を整理していきます。

1.トレードワークス(3997)のIPO日程と評価

名称:トレードワークス
市場:東証マザーズ
想定価格:2,000円
吸収金額:4.83億円
抽選期間:2017/11/09 (木) ~ 2017/11/15 (水)
上場日:2017/11/29 (水)
事業概要:証券システム開発事業とこれらに付帯するFX(外国為替証拠金取引)システム事業及びセキュリティ診断事業
業績:A
セカンダリー評価:B
IPO評価:S

2.トレードワークス(3997)の業績

tworks-ipo2

売上は緩やかではありますが、右肩上がりとなっています。
ただ、最も着目すべきなのが利益面で、右肩上がりの高水準が維持されています。

想定価格ベースでは極めて割安な水準になる見込みです。
ここは目立ちませんが、初値を押し上げる要因となるでしょう。

3.トレードワークス(3997)のIPO考察

事業内容と将来性

事業内容は一言でいうと「証券」「FX」といった投資関連の企業向けに、高品質なシステムを提供するIT関連となっています。

提供されるシステムは「トレード関連」から「セキュリティ」「不正監視」など、全6種以上と多岐に渡ります。実績としても、カブドットコム証券やエイチ・エス証券などの優良企業への導入事例があります。

トレードワークスのシステムは非常に評価が高く、今後もさらなる顧客の獲得が目指せることから、将来性が期待できます。

需給の考察

IPO上場日は11/29日で「単独上場」となっています。

さらに、トレードワークス(3997)の吸収金額は4.83億円と超軽量級の位置づけです。
それだけでなく、ベンチャーキャピタル(VC)の保有もゼロ。

上場日の需給に関してはほぼ不安要素がなく、最高評価をすることができます。

幹事団と当選確率の考察

  1. 岡三証券(主幹事)
  2. SBI証券
  3. 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
  4. みずほ証券
  5. 岩井コスモ証券
  6. 東洋証券
  7. エイチ・エス証券
  8. カブドットコム証券
  9. 岡三オンライン証券

公募枚数200,000と少なめとなっておりプレミアチケット化が予想されます。

ただ、岡三証券は口座開設数は多い方ではありませんので、通常よりも当選が期待できます。主幹事での当選確率は確率的には1~5%前後とみています。

枚数は少ないですが、いちよし証券主幹事のサインポストと同じ位と予測します。

裏幹事ではカブドットコム証券と岡三証券が並びますが、副幹事からの当選は厳しめ。
SBI証券では落選してもポイントが貰えるのが嬉しいですね。

セカンダリー考察

トレードワークス(3997)のセカンダリーは、残念ながら初値で高騰しやすく投資妙味は少ないでしょう。

上場日の売り圧力が少ないことから、初値形成後も上昇する可能性がありますが、逆に暴落する可能性もあります。リスクもあるので充分な注意が必要です。

基本的には初値で取りに行くきたいIPOということになりますね。

4.トレードワークス(3997)のIPO初値予想

想定価格:2,000円
初値予想:5,000円~5,500円
IPO評価:S

※仮条件の変更によって初値を変更します。

トレードワークス(3997)はA級か、S級評価か別れるかもしれません。

しかし、テーマ性、需給、割安性を考慮するとS級評価で間違いないでしょう。
初値としては2倍以上3倍未満としましたが、地合い次第では3倍も見えてきます。

典型的な初値特化型であり、初値高騰はほぼ確実です。
主幹事の岡三証券はもちろん、SBI証券、裏幹事なども駆使して、当選を狙っていきましょう。

Pocket