仮想通貨投資は儲かるのか?稼ぐ人のリアルな体験談まとめ

virtual-profitable

仮想通貨投資は儲かるという声を耳にする方も多いのではないでしょうか。

実際にNHKの仮想通貨特集でも『億り人』と呼ばれる言葉が紹介され話題になりました。

一方で、本当に儲かるのか?疑問に思う方も少なくないでしょう。
損をする人は口外しないため、実態がつかみにくい側面があるからです。

そこで、仮想通貨は本当に儲かるのか?というテーマを元に、クラウドサービスを利用してリアルな体験談を集めてみました。

さらに実際に稼ぐ人、儲からない人を細かく分析し、稼ぐ人の共通点をまとめました。
あくまで一つの参考としてご確認頂ければ幸いです。

仮想通貨取引の体験談について

2017年9月にクラウドサービスを中心に仮想通貨の体験談を募集しました。

投資家の性別や職業、取引所についてリサーチ。

その上で、どのくらい稼ぐことができているのか?調査しています。

仮想通貨は地合いに大きく左右される側面があり、現時点での情報となっています。
調査の追加や更新をした際は、改めて明記します。

利用取引所の割合

  • コインチェック 3割
  • ビットフライヤー 5割
  • GMOコイン 1割
  • Zaif  1割

最も多く利用されているのはビットフライヤーとなりました。

TVCMを行っており抜群の知名度を誇ることが要因となっているようです。
コインチェックも勢いがあり、伸びていることが分かります。

多くの人がビットフライヤーとコインチェックを利用していることが分かります。

仮想通貨で儲かる人と損している人の割合

  • 損をしている人 1割
  • 大きく損をしている人 1割
  • 稼げている人 3割
  • 大きく稼げている人 3割
  • 可も不可もない人 2割

アンケートを取ったところ少なからず稼げている人の割合は6割以上となりました。
大きく稼ぐ人の割合は3割程度となっています。

地合いの問題もあり一概に言えませんが、現段階では稼ぎやすいと考えられます。

仮想通貨で大きく儲かるには投資金額が必要

大きく稼ぐ人が3割に留まった理由としては、投資金が少ないという点が挙げられます。
興味本位で少額投資をするケースも目立ち、微利益という方が目立ちました。

大きく儲かるにはリスクを負う必要があり、簡単ではないことが分かります。
また、50万円以上の大きな損をしている方もおり、十分な注意が必要です。

儲かる人の共通点とは?

以下では、実際の体験談を掲載し、なぜ稼げたのか?ポイントを分析しました。
一方で、損した方の体験談も掲載しています。

また、最後には儲かる人の共通点を分析しています。

仮想通貨投資で儲からない人の体験談

インベスター
まずは損をした人の体験談から。仮想通貨は、通貨のチョイスや買うタイミングも重要であることが分かります。また、様々なニュースや出来事に左右されてしまうリスクがあります。

30代男性 自営業 コインチェックを利用

仮想通貨取引は周囲が盛り上がっているのを見て、自分もやらなければ取り残されると思って始めました。

更に、2017年5月にリップルが大暴騰したのを見て、買えなかったっことを後悔。
周囲を見てもリップルを評価する声が多く、安くなったところを買おうと狙っていました。

案の定、安くなってきたのでリップルを購入したのですが、それ以降、一向に上がることがなく含み損を抱えている状況です。

周りを見渡すと他の通貨はしっかりと上がっているものもあるのに、リップルだけは一向に上がりません。素直に分散すべきだったと反省しています。

20代前半男性 学生 GMOコイン

就活に行き詰まり、いろんな企業様からお祈りメールを頂くたびに「こんな苦しい思いをするくらいなら俺は働かない道を選ぶ!」と自棄になって不労所得を色々調べ、現在急成長しているビットコインの存在を知りました。

早速取引所に口座を開いてバイトで数年かけて稼いだ100万円を入金。
意気揚々と取引を始めました。

ビットコインは上昇トレンドだと判断し「買いから入って下がる前に決済」という簡素な取引ルールを採用。レバレッジを4倍にして取引を何回かこなすと1日でなんと5万円の利益が出ました。

しかし、数日後に中国の仮想通貨取引所が閉鎖されるとの報道で1BTC50万円だったのが43万円まで下落。買いポジションしか持たない戦法だった僕は50万円の損失を出すことに・・・。

仮想通貨市場は今後も間違いなく成長し、今から始めても儲かる可能性は十分にあると思います。僕はあまりにも大きな失敗しましたが、それでも色々勉強していくことで勝率は上がってきました。

現在は慎ましく取引を重ねて合計損益が-45万円。僕のトレーダー生活はまだ始まったばかり。

仮想通貨で大きく儲けた人の体験談

インベスター
次に仮想通貨で大きく儲けたという方の体験談をご紹介します。全体では3割くらいでした。仮想通貨が話題になる前に、海外情勢を踏まえた上でいち早く始めているのことが特徴です。

30代男性 会社員 ビットフライヤー

私は株式投資やFX取引もやっており、儲かりそうならなんでも手を出す人間です。

私がビットコインに投資をしてみたいと思ったきっかけは、投資関係のラジオ番組で株式評論家が「ビットコインは中国の富裕層が、お金を海外に退避させるために買ってるんです」と言ったのを聞いたからでした。

中国では人民元を売って、外貨を買う行為に制限がかかっており、その代わりにビットコインが買われているとの解説でした。

私は、中国の富裕層がビットコインをこれからも大量に買うだろうと考え、ビットコイン投資を始めたのでした。

実際に取引を始めたのは今年の4月でした。日本円で11万円台のときに投資を始め、5月下旬に30万円台まで上昇したときに利益を確定することができました。約100万円分投資して、約200万円の利益を得ることができましたので、大変効率の良い投資でした。

現在のビットコイン相場は下落しています。
中国政府が、仮想通貨への投資について法律で制限をかけるのではないかとの憶測が流れているためです。

中国政府が仮想通貨への投資を許可する方針を明確にしてくれれば、これから仮想通貨に投資をしても利益を得ることができると思います。

30代男性 運送業 Zaif

自分がビットコインを利益目的で投資しようと思ったのは、ビットコインが日本で話題になる前でした。

海外では仮想通貨というのは主流になりかけていたので、日本で話題になる前に購入しておけば、少しでも利益を稼げるかなと思い、ビットコインを購入しました。

ビットコイン価値が上がると一緒に日本も話題になってきて、なおビットコインの価値が反発して、さっさと売り抜けました。

確かビットコインだけで50万円ほど儲けたと思います。

自分が思っていた以上に今はビットコインの価値がありますが、今からビットコインやアルトコインなどの仮想通貨を買おうとは思いません。

日本でもビットコインで支払いなどができるようになり、便利になりつつありますが、自分には仮想通貨は投資にしか見えず、いつか損をする人が出てくるのではないかと思っています。

30代男性 自営業 ビットフライヤー

私が仮想通貨投資を始めたのは2017年の5月頃で、仮想通貨が盛り上がりを見せてき始めていたときでした。

仮想通貨には懐疑的だったのですが米国などでの仮想通貨などの広がりを新聞やテレビなどで見聞きするうち、これからは仮想通貨の時代が来るかもと思いダメ元で投資してみることにしました。

私が投資したのは5月6日で、その時でもかなりの高騰を見せており1BTC=約177000円でした。
私は約50万円分つまり3BTC購入することにしました。株式投資では得てして投資した途端に値下がりすることはよくあるのですが、ビットコインは驚くほどの高騰を見せ、5月が終わるころには1BTC=30万円を突破しました。

この時点で40万円ほど利益は出ていたのですが、長期投資のつもりでしたので売る気は全くありませんでした。

その後も高騰を続け、9月には50万円になり私の含み益は100万円となっており、これから先1BTC=100万円も十分可能だと思うので今もまだ保有し続けています。

仮想通貨は先行者利益が大きいものであると思うので、仮想通貨で儲けたいという人は早めに投資をすることによって儲けることが可能となると思います。

仮想通貨投資で手堅く儲けた人の体験談

インベスター
大きな額ではないものの、仮想通貨で手堅く稼いだ方々の体験談もご紹介します。こちらも稼ぐヒントがあるかと思います。

20代男性 会社員 コインチェック+ビットフライヤー

私は株式・国債・金の投資は既に行っていたのですが、それらと全く違う仕組みの投資先を探していて、仮想通貨に辿り着きました。

株式・国債・金はそれぞれある程度ばらついた値動きをするのでリスクヘッジにはなるのですが、長期的な成長が限られるのとどうしても世界経済の影響を色濃く受けるために、最初は非中央政権的なブロックチェーンという分散技術を使った急成長中のビットコインから投資を始めました。

取引は極めて単純でバイ&ホールドしているだけです。これでバブルと騒がれていた6月に参入しましたが現在資産が1.4倍程度になっています。

私はビットコインおよび仮想通貨はまだまだ黎明期で圧倒的に伸びていくと信じているので、ひたすら余力ができたら買い増し、寝かしておくと含み益が増えていくという投資法です。

様々な噂や規制もありますが、本質的にビットコインは誰にも管理されず独立して存在し価値を保存し続けるものだと考えられるために、これからも投資対象として極めて魅力的であると思います。

30代男性  会社員  ビットフライヤー

投資をはじめたきっかけというのは投資を行っている仲が良い友人がいて、この友人に投資をやらないかと誘われたのが投資をやりはじめるきっかけとなりました。

また、少ない金額で投資を始められたり、上手くいけばすごく儲けることもできるよと聞いてやってみてみたいという気持ちになったんですね。

CMでも流れているビットフライヤーを実際に使ってみると最初は何がなんだか分からなくてすごく苦戦しましたが、友達が一つ一つ説明してくれたお陰でビットコインの買い売りが一人でもできるようになれました。

後から取引も出来たりしたわけですが、これらのことが一通り分かってから投資の楽しさというのが分かったので非常に面白かったですね。

儲けは少ないですが、それでも5万円ほど儲けられしました。
簡単スムーズにいかないですが儲けることは可能で、投資をやると面白さが分かるので興味がある人はやってみるといいと思いましたね。

仮想通貨投資でトントンレベルの人

インベスター
最後はトントンレベルの人をご紹介。少額投資なので損をするリスクは低いですが、リスクを負わないと稼ぐことができない点は難しさも感じます。

40代 自営業 コインチェック

仮想通貨が今後の経済を動かすのだと思い、興味をもっていました。周りでもビットコインを投資する人がいたので、仮想通貨関連の本などを買って勉強していました。

結局FXのようにチャートで投資することも出来るし、変動が大きいので大きく儲ける可能性もあるということが、きっかけではじめました。

具体的にはcoincheckというところで、ビットコインの取引口座を作ってみました。
最近の口座開設までのスムーズさというのはあっけないほどです。

すぐに口座開設が出来たのでスマートフォンを使ってまず取引してみました。少額の資金だったので月に5千円ほどしか稼げませんでした。

株式と違ってボラが高いのですぐにエントリーチャンスがあるのが魅力です。FXで稼いでいる人ならば稼げると思いますし、変動が大きいのでチャンスが大きいです。

仮想通貨で大きく儲かる人の共通点

仮想通貨で大きく儲かる人の共通点を分析していくと、以下の点が挙げられました。

  • 海外まで情報のアンテナを張っている。
  • 人よりも行動するのが早い。
  • 比較的、大きい資金を投入できる。
  • 懐疑的な目も持ち、見切りが早い。

基本的に、他の人よりも気づくことが早いと言えますが、その背景としては海外の情報についてもアンテナを張っていることが特徴的です。

アメリカや中国の動きを見て取引を行う。日本で話題になる前に購入するなど、視野の広さと早さが印象的でした。

また、慎重な姿勢を見せていたり、油断していない点も共通項です。

安定して儲かる人の共通点

対して、大きくはないものの安定して仮想通貨で稼いでいる人達は、以下の共通点が見られました。

  • 投資に対する意欲が高い。
  • 好奇心が旺盛。
  • 知人や知り合いで仮想通貨をやっている人がいる

仮想通貨で安定して稼いでいる人は、投資意欲が高く、周囲にもそうした人々がいるという環境的な要因が大きいことが挙げられます。

仮想通貨で儲からない人の特徴

  • 一つの通貨に惚れ込んで固執している。
  • 分散投資をしない。
  • レバレッジ取引をするため大損してしまうことがある。

仮想通貨を始める場合は、上記の点だけ注意しておくと良いでしょう。