Pocket

ログリー

ログリー(6579)の初値結果(6/21更新)

  • 公開価格:1,860円
  • 初値結果:4,635円

初値結果と今後の株価について

初値結果の感想としては、おおむね予想通りのエリアに落ちつきました。
ただ、一般的に予想されていたよりも上がらなかった印象です。

初値形成後は急落して3,000円台になるシーンも見られました。

ログリ―が提供するネイティブ広告の需要は今後高まることが予想され、値ごろ感が出てきたら買いを入れてみるのもありだと思います。

ログリー(6579)のIPOと株価予想

ログリー(6579)のIPOが新規上場承認されましたので、初値と今後の株価予想をしていきたいと思います。ここからは、次々とIPOが登場してくるのでザックリとポイントだけ押さえていくきたいところ。

当選は厳しめとなっているので、上場後の動き(セカンダリー)も視野に入れて分析しておけば落選しても無駄になることはありません!

ログリー(6579)のIPO基本情報

  • カテゴリ:東証マザーズ
  • 想定価格:1,680円
  • 吸収金額:8.67億円
  • 主幹事:SMBC日興証券
  • 抽選申込み期間: 2018/06/05 (火) ~ 2018/06/11 (月)
  • 上場日:6/20 (水)
  • IPO評価:A
  • セカンダリー評価:A

吸収金額は8.67億円。IT関連で軽いので初値高騰が期待できます。

また、広告業の中でも時代にマッチした広告サービスを提供していて、PERも割安であるためセカンダリー評価もAとしました。当選確率はおそらく1%を切るでしょう。

ログリー(6579)の初値予想のポイント

ログリー

ユーザーに合わせた広告配信を行う

ログリーはインターネット広告企業ですが、その中でもネイティブ広告と呼ばれる注目度の高いサービスを展開。具体的には、ユーザー体験に合わせた広告配信を行っていますが、グーグルアドセンスに近いイメージです。

スマートフォンの普及でネットメディアが勢いを増す中、ログリーが提供するプラットフォームの需要は高く、売上は絶好調となっています。

ログリーの時価総額に注目

とりあえず絶対に押さえておきたいポイントが時価総額です。

ログリー(6579)はインターネット広告関連企業ですが、現時点の時価総額は31.9億円と格安です。ネット広告関連の時価総額の相場は、200億~1000億の間も多く、そこに食いこんでいければ化ける可能性もあります。

ネット広告企業の多くが時価総額100億円以上であることを踏まえると、初値は2倍以上は堅く、3倍を目指してもおかしくありません。

需給が良く初値高騰は必至

吸収金額は8.67億円となっていて、6/20 の単独上場となるので需給は良好。長らく赤字だった業績も黒字化していて、積極的な買いが入る展開が予想されます。

ログリー(6579)の今後の株価予想

上場後の株価に注目

ログリー(6579)については当選は厳しいのでIPOに全力で参加しつつ、上場後の動きに注力する方が賢明です。株価予想のポイントは以下の通りです。

・ネット広告の中でも需要の高いサービスを手掛ける
・関連銘柄の中では時価総額が低め(100億以下)
・IT関連としては割安感がある(利益が大きい)

2017年に上場したFringe81(6550)は目安になる

直近のIPOで非常に似通っているのがFringe81(6550)ですが、ログリーは売上では劣っているものの、利益は倍近く上回っています。

今期のPERは40ですが、来期はさらに割安になる見込み。基本的には、IPOの初値が高騰しなければセカンダリーも注目になりそうです。

ストックオプションも控えめであり、初値後の株価が盛り上がりやすい状況です。

ログリー(6579)の幹事団とIPO参加スタンス

IPOに参加できる証券会社

  • SMBC日興証券(主幹事)
  • SBI証券
  • みずほ証券
  • 岡三証券
  • 丸三証券(マルサントレード)
  • 極東証券

ログリー(6579)の参加スタンス

基本的には全力参加で問題のない案件です。ただ、当選は期待できないため、淡々と参加しておくと良いでしょう。

狙い目の証券会社や当選確率

久し振りに丸三証券が登場しているので、口座をお持ちの場合は参加がおすすめ。主幹事以外での当選は絶望的ですが、ポイント狙いでSBI証券から参加しておきましょう。

ログリー(6579)のIPO初値予想まとめ

まず、ログリー(6579)の初値予想は以下になります。

  • 想定価格:1,680円
  • 仮条件価格:1,680-1,860円(6/5更新)
  • 初値予想:4,000円前後  5,000円前後(6/5更新)

売上伸び率と、時価総額の低さを考慮すれば2倍以上は手堅い案件です。メルカリ上場で地場は暖まっているため、2倍強としました。

初値が伸びなかったらセカンダリーも注目ですが、3倍以上になってしまったら要注意。

ネイティブ広告の需要は個人・法人問わず急増しており、そこから展開されるログリー(6579)のサービスは将来有望です。

ぜひ時間のある時にはじっくりチェックしてみて下さい。

同時期に上場する注目IPO

SIG(4386)のIPO初値と株価予想!ポイントを分かりやすく解説