これから上がる有望仮想通貨はどれ?個人的な予想まとめ

仮想通貨は2017年初から盛り上がりを見せており、10倍・20倍になったという声も出てきたことで、今最も熱いジャンルであると言えます。

ただ、現時点で有望な仮想通貨を見ていくと、時価総額の観点で10倍以上を狙うのは簡単ではなくなりつつあります。

それだけ急速に値上がりしているとも言えますが、仮想通貨の数は非常に多く、新規でもまだチャンスがあると考えられます。

そこで、これから上がる有望な仮想通貨の予想をまとめました。

仮想通貨のことは知らない!という方もいると思いますが、慣れてしまえば簡単です。
最下部には、簡単な始め方も明記していますのでチェックしてみて下さい。

※地合いも不安定になりつつあり、警戒も必要です。(2017年10月更新)

1.Einsteinium(イーサリアム)

時価総額2位まで上り詰めているため、既に大きく値を伸ばしていると考えられます。

しかし、イーサリアムはビットコインに並ぶ可能性を秘めた仮想通貨だと感じています。

近年は、IBMを始めとした大手企業との提携が話題となっていますが、それ以上に個人的な体感として、イーサリアムの潜在能力を肌で感じることが多いです。

virtual-currency2

仮想通貨には「ICO」と呼ばれる投資家に最も人気のサービスがありますが、こちらに参加する時には、イーサリアムを用意しておくことが基本になります。

注目を集めたMobileGOやOmiseGOの「ICO」も、企業側からイーサリアムの利用が推奨されていました。ICOはイーサリアムベースの技術がベースになっているからです。

イーサは若き天才・ヴィタリック・ブテリンによって作られた全ての取引・決済が共有できるブロックチェーンプラットフォームと言っても過言ではありません。

それだけの可能性を秘め、仮想通貨のイーサリアムの普及率が更に高まり、時価総額もビットコインのそれに迫る可能性は充分考えられます。

懸念点としてはICOがバブルに近い状況にあり崩壊した場合、イーサリアムが一時的に影響を受けるリスクがある点です。

既に時価総額は大きく、知名度も高くなりましたが、それでも長期目線ではこれから上がる有望仮想通貨の代表格だと思います。

※日本の取引所(コインチェック、ビットフライヤー)で購入可能です。

インベスター
調整中ですが、2~3年スパンの長期的には主役に躍り出る可能性があると見ています。なお、ICOって何?という方は仮想通貨におけるICOとはをご確認下さい。

2.GameCredits(ゲームクレジット)

GameCreditsが有望で上がると思うのは、注目度に対して時価総額が低いからです。

既に日本でも絶大な人気を誇り、注目を集めるGameCreditsですが、時価総額はベスト10に入っていません。

スマートフォンゲームを初めとするゲーム産業は、世界的に爆発的なパワーを秘めます。
まさにその、ゲームに関する仮想通貨ということで、人気を集めやすく、将来性は高いと考えています。

関連するMobileGOの「ICO」も売出が終了しており、益々相乗効果が期待されます。
GameCreditsは、ICOを売り出さない方針のようなので、需給面を良好です。

既に目をつけている人も多く、時価総額も高くなりつつありますが、ゲームというポテンシャル的にはまだまだ注目できると予想しています。

※購入は海外の取引所(poloniex等)を利用する必要があります。

インベスター
仮想通貨として何よりもオリジナリティがあり、ゲームは世界共通の人気テーマ。日本の取引所で買えないのはデメリット。

3.BitShares(ビットシェアーズ)

BitShares(ビットシェアーズ)についてはあまりご存じでない方もいるかもしれません。

私がこれから上がると思う理由は、時価総額が低いからです。ビットコインにはいわゆる割安指標がないので、どのくらい上がるか?は時価総額で判断していきます。

BitSharesは時価総額ランキングを見ても、GameCreditsを大きく下回る順位です。
その意味では、伸びしろという点で目を見張るところがあります。

前述したGameの方が有望と考えますが、値幅が取れるのはビットシェアーズでしょう。

BitSharesは「分散型自動化企業」であり、その特徴としては株主に利益を分配できることが可能な点にあります。分散型自動化企業は通称「DAC」と呼ばれますが、この分野では最も有望だと考えられます。

※取引は海外の取引所(poloniex等)を利用する必要があります。

インベスター
時価総額の低さが魅力。DACの中では最も有望と考えられます。

4.NEM(ネム)

仮想通貨がこれから一般化する上で必要なことは何か。
シンプルに考えれば、セキュリティー面がより一層重要になると考えられます。

NEMは元々、ビットコインの問題点を改善することを目的に作られてた通貨です。
故に、安全面はもちろん、いくつかの機能でビットコインを上回っています。

bitcoin

NEMは優れた機能を持ちあわせますが、セキュリティー機能は最も優れるといっても過言ではありません。高度なスパム対策を実装するNEMの評価が高まるのは自明の理です。

高騰を続けていたため、いったん保留としていたNEMですが、2017年6月に入ってから過熱感がなくなり始めています。

通貨の将来性は非常に期待できますので、もしチャートが短期的にでも下落する局面があれば、迷わず狙い目ということができるでしょう。

※2017年4月より日本の取引所(コインチェック)で購入可能になりました。
また、国内取引所の「Zaif」でも購入可能です。

インベスター
国内で購入できるNEMは最注目と言っても良い存在。ビットコインにもない技術を誇り、長期的には本命になる可能性も。

その他・注目の仮想通貨

文字数の都合上、全てを詳細に書ききれませんが、これから上がる仮想通貨としては「リップル(XRP)」と「ライトコイン(LTC)」にも注目しています。

特徴としては仮想通貨の中でも材料が豊富で、銀行やECサイトに拡大しています。
時価総額は大きいですが、さらに可能性を秘めていると言えるでしょう。

リップルに関しては2017年上半期に、大暴騰したことでチャートにしこりが残っているのが懸念点です。しかし、長期目線では上昇局面がくると予測しています。

どちらも日本の取引所(コインチェック等)で購入できます。

これから仮想通貨を始める人は注意!上がるとは限らない

仮想通貨は近年、何十倍にもなったものが出てきたことで、過熱感が高まっています。
もはや、バブルと言っても過言ではありません。

現在、時価総額上位を占める仮想通貨は、高騰してきた結果と言えますが、ここから更にどれだけ上げるか?は未知数です。

何を買っても上がるという状況は続かない

仮想通貨はどれを買っても上がる、仮想通貨で一生遊んで暮らすといったフレーズも出てきましたが、そうした言葉が発信されても鵜呑みにしないようにしましょう。

先行者利益は確かに存在しますが、甘い言葉に乗せられないようにしましょう。

これから仮想通貨に参加する上では、周囲の熱気に流されないことが大切です。
皆が上がると言い始めた時ほど警戒が必要です。

今回挙げた仮想通貨についても、地合いによっては暴落することもあり得ます。
投機色が強いことを理解した上で、取引をするようにしましょう。

インベスター
誰もが儲かると言い始めたら要注意!静かになってきた時が狙い目です。

仮想通貨を買うには?簡単な始め方とは?

仮想通貨を買うには、仮想通貨の取引所のアカウントを開設する必要があります。
こちらは、今すぐ開設することが可能です。

日本の取引所でアカウントを開設すれば、簡単に仮想通貨の取引が可能になります。

最もポピュラーなのはビットフライヤーとコインチェックですが、コインチェックの方がNEMなど、有望な仮想通貨を抱えているため、こちらが確実です。

コインチェック(coincheck)の簡単な始め方

私もアカウントを開設していますが、難しいことは一切ありませんでした。

コインチェックのアカウントを開設する時に注意点は以下の2点だけです。

  • 免許書を持った状態で自撮り写真が必要。鮮明でないと取り直しの恐れあり。
  • WEB上で登録完了しても、最終的に本人確認のハガキが届いた時点で開始。

具体的な始め方は下記を見れば、簡単に分かります。
→「コインチェックの始め方!口座開設から買い方までを丁寧に解説

早く投資したい!という場合もありますが経験上、金曜日に申込み作業を済ませ、ハガキが届いたのは火曜日でした。ウズウズしますが、3営業日以上は見ておきましょう。

アカウントの開設は公式サイトからすぐに始められます。

公式サイト

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

クリックするとすぐ右側にユーザー登録画面が出ます。

アカウントを開設して、下記のハガキが届いたら開始できると覚えておきましょう。

coincheck

仮想通貨はまだまだ、始まったばかりなので大きな可能性を秘めています。

私自身も仮想通貨という選択肢ができたことで、攻めの投資のバリエーションが増えたと感じています。攻めの投資がしたい方には最適と言えます。

地政学的リスクを考慮しても、通貨を分散する意味でも役立ちます。

インベスター
何を買っても稼げる状況は長く続かないでしょう。一方で、そこからが本当の勝負と言えます。仮想通貨はこれからが本番です。
Pocket