Pocket

クラウドクレジットメキシコ

ソーシャルレンディングの中で海外投資に特化しているのがクラウドクレジットです。

その中でも注目を集めるのがメキシコ女性起業支援ファンドになります。

期待利回りの高い人気のファンドとなりますが、本記事では分かりやすくメリットとデメリットをご紹介していきます。

海外投資する上でのポイントも分かるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

こちらを知っておくだけで、投資の世界が一気に広がるはずです。

スポンサーリンク

クラウドクレジットについて

仮想通貨と共に、次世代のフィンテック投資として人気を集めるソーシャルレンディング。

その中でも、海外向けファンドを扱っているのがクラウドクレジットです。

期待利回りは5~13%と他のサービスよりも高利回りな案件が多く、非常にバリエーション豊かなファンドを展開しています。

海外投資ということで、為替リスクやカントリーリスク(国のリスク)があり、一般的なソーシャルレンディングとは違った部分があります。

メキシコ女性起業支援ファンドとは

クラウドクレジットメキシコ女性起業支援ファンド

メキシコ女性起業支援ファンドはその名の通り、女性起業家を支援するファンドです。

メキシコでは起業を志す女性が多いと言われています。

そこに対して支援する形で投資を行い、貸付金の一部が利回りとして返ってくる仕組みがこのファンドの特徴です。

社会貢献に繋がることから「インパクト投資」とも呼ばれていて、日本でも密かに注目を集める投資となります。

期待利回り

7.2% ※最新の11号案件

期待利回りは高いと言えますが、クラウドクレジットでは中くらい。

利益だけ追求するのではなく、社会貢献とのバランスを考慮したファンドであることをふまえると期待利回りも一定の評価はできます。

スポンサーリンク

メキシコファンドに投資する際のポイント

メキシコファンドに限らず、クラウドクレジットで投資する場合は、海外投資になりますので、ちょっとしたポイントが必要になります。

主に下記の2つを押さえておきましょう。

クラウドクレジットで抑えるべきポイント

  • 投資する国のGDP
  • 投資する国の物価上昇率

GDPとは、その国の景気や生活水準を示す指標です。
この数値が高い方が、カントリーリスクを抑えることができます。

次に、投資したい国の物価上昇率を見ます。
物価上昇率が高い国というのは、通貨下落リスクが高いと言われています。

メキシコ女性起業支援ファンドの為替リスク

メキシコは物価上昇率が高いので注意

まず、メキシコという国は生活水準が高い部類に入り、GDPは良好となっています。

ただし、物価上昇率が高い国としても知られています。

先にも述べた通り、物価上昇率の高い国は、通貨下落リスクが高いと言われます。

このファンドは「メキシコペソ建て」となっていますので、メキシコペソは下落リスクがあると考えることができますね。

クラウドクレジットは、メキシコペソ建てで貸付を行っていますので、メキシコペソが下落してしまうと、期待利回りに悪影響が出る恐れがあります。

これは為替リスクと呼ばれ、特に注意しなければなりません。

為替の動きで期待利回りが変わる

クラウドクレジットは、メキシコペソ建てで貸付を行っているため、メキシコペソでファンドを運営することになります。

もし円にくらべてメキシコペソの価値が落ちると、利益が出ても、元本割れのリスクが出る恐れが出てきます。

メキシコペソの価値が上がれは利回りも上がる

逆に言えば、メキシコペソの価値が上がれば、その分だけ期待利回りが上乗せされると考えることもできます。為替の動きはデメリットだけではありません。

なお、現在のメキシコペソのチャートは以下の通りです。

メキシコペソ/円(5年チャート)

メキシコペソ

こうして見ると、メキシコペソは一時大底をつけてから、現在は上昇しています。
5年チャートで見ると、上値余地がある状況とも言えます。

チャートを見る限り、投資するタイミングとしては悪くないと考えられます。
ただ、さらに下落するというシナリオもありえます。

メキシコペソのように動きが激しいものは、リスクも高いので充分な注意が必要です。

いずれにしろ、海外投資において為替は、プラスにもマイナスにもなりうるということを押さえておきましょう。

メキシコ女性起業支援ファンドのメリットとデメリットは?

最後に、メキシコ女性起業支援ファンドのメリットですが、実績として不良債権率が低いことが挙げられます。

これはつまり「遅延」や「貸し倒れ」リスクも低いということになります。

ソーシャルレンディングでは貸したお金が返ってこない、返済が遅れるといったリスクが代表的ですが、メキシコ女性起業支援ファンドは不良債権率が低いのがメリット。

これはクラウドクレジットのセミナーでも明言されています。

また、貸し付けの際も厳格な審査体系、貸付後のフォローアップに力を入れているので比較的安心感があります。

デメリットは運用期間の長さ

メキシコ女性起業支援ファンドのデメリットは、運用期間が25カ月と長い点にあります。

資金が回転しにくいのはデメリットと言えるでしょう。

ただし、株式における日経平均やダウ平均株価の下落に左右されることは少なく、分散投資として資産運用するのには向いています。

全体のまとめ

今回は、メキシコ女性起業支援ファンドを通じて、ソーシャルレンディングの海外投資のポイントをご紹介してきました。

日本では最先端と言える投資で、一部で注目されているといった状況です。

海外投資は、為替や国の分析が必要になるので、今までにない投資体験ができます。

期待利回りが高い点だけではなく、資産を分散できるという点も魅力。

今回挙げたリスクをきちんと踏まえた上で、興味を持ったという方は、公式サイトでファンドをチェックしてみて下さい。

口座開設は無料で、カンタンに始めることができます。

midori-nomura

クラウドクレジットを始めると、これまでにない投資の幅が確実に広まりますよ。

※記事が参考になりましたら、ブログやSNSでシェアして頂けると幸いです。