Pocket

MTGのIPO初値予想

MTG(7806)の初値結果(7/10更新)

  • 公開価格:5,800円
  • 初値結果:7,050円

初値結果と今後の株価について

初値結果の感想としては、ほぼ事前の予想通りで的中させることができました。

地合いは安定しない状況ですが、注目度は高くまずまずの結果だと言えるでしょう。
当選された方はおめでとうございました!

セカンダリーについては初値形成直後は、7,580円をつけて上に行く展開となっています。

さて、今後の株価予想ですが、既に時価総額が大きいので様子見が無難と考えます。

「ReFa」と「SIXPAD」に続くヒット商品が出れば、もう一段高もあると思いますし、公式サイトを細かくチェックしておく価値はあると思います。

IPOのセカンダリーに関しては7月~8月にかけて有望なものが多い状況であり、MTG(7806)に固執する必要はないと言えるでしょう。

MTG(7806)のIPOと株価予想

こんにちは!

いよいよMTG(7806)のIPO抽選申込が6/22より始まりましたね。

MTG(7806)はラクスル、メルカリに続く大型株になりますが、当選しやすいという意味では注目すべきIPOになります。

唯一の懸念点は大型のため初値は上がるか?という点。値ガサ株なので、大きな損失を受けかねない案件でもあります。

今回は初値予想~将来的な株価を踏み込んで考察していきます。

MTG(7806)のIPO基本情報

  • カテゴリ:東証マザーズ
  • 想定価格:5,290円
  • 仮条件価格:5,290-5,800円
  • 吸収金額:419億円
  • 吸収金額:2044億円
  • 主幹事:野村證券
  • 抽選申込み期間:2018/06/22 (金) ~2018/06/28 (木)
  • 上場日:7/10 (火)
  • IPO評価:B
  • セカンダリー評価:C

東証マザーズで時価総額2,044億円を超えていますが、売上規模に対して大きい印象が否めません。ただ、MTG(7806)より売上が少なく、時価総額の大きいメルカリがIPOで成功したことは好材料。

成長率が高く、PERの割安指標的には問題ありませんので、IPOの地合いを考慮すればB評価で良いと思います。

MTG(7806)の初値予想のポイント

MTG(7806)で見るべきポイントとしては、売上・利益共に右肩上がりで好調な点。

東証マザーズのIPOでは成長性が評価ポイントになるので、その点がクリアされていると公募割れリスクは軽減されます。

テーマ性あり

加えてMTG(7806)は、美容機器の販売のみならず、AIとビッグデータを利用して商品開発やマーケティングに力を入れています。

著名人を利用した広告戦略が注目を集めますが、「AI・IoT」をベースにして展開しているためIPOとしてのテーマ性も高いと考えられます。

時価総額の大きさはネックになるか?

MTG(7806)は大型案件であり、既に時価総額は2,000億円を超えています。

吸収金額は400億円を超えますが、需給的には初値を押し下げる要因になります。

同じ通信販売大手の北の達人コーポレーション(2930)の時価総額が、約1200億円であることを考慮しても、初値2倍~3倍は難しいことが分かります。

また、東証1部で美容機器大手のヤーマンでも時価総額は1,500億円程度。

時価総額の比較 6/3時点

  • MTG(7806):2,000億円
  • 北の達人コーポレーション(2930):1,200億円
  • ヤーマン:1,500億円

MTG(7806)のIPOは好地合いやテーマ性、注目度の観点で公募割れはしないものの、初値は2倍以内に収まるのが妥当と言えると思います。

MTG(7806)の今後の株価予想

MTG(7806)に長期投資する上では、グローバル展開がポイントになってきます。

既に、クリスチャーノ・ロナウドやマドンナなどの広告塔を抱え、積極的な海外展開を進めていますが、中国・韓国などの伸び率が高く、売上は前年比154%。

中国大手のの「アリババグループ」の好調に支えられ、海外展開は現状は順調です。

新しい軸となる商品が必要

足元では、ウォーターサーバー事業、中古車自動車販売事業なども行っていますが、前者は売上が前年比割れするなど好調とは言えません。

MTG(7806)の売上構成の殆どは「ReFa」と「SIXPAD」が占めますが、主力商品のブランド認知向上させつつ、新規サービスを軌道に乗せられるかが注目点となります。

MTG(7806)の幹事団とIPO参加スタンス

IPOに参加できる証券会社

  • 野村證券(主幹事)
  • SBI証券
  • いちよし証券
  • 東海東京証券
  • 岡三証券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
  • みずほ証券
  • SMBC日興証券
  • 大和証券
  • マネックス証券
  • 楽天証券
  • 松井証券
  • エース証券

MTG(7806)の参加スタンス

メルカリが成功した以上、全力で参加したいIPOです。

MTG(7806)に参加するには資金を用意しなければならず、非常に大変でもあるため当選チャンスはかなり出てくると踏んでいます。

主幹事の野村證券以外も大きな狙い目になってきます。松井証券も狙い目ですね。

MTG(7806)のIPO初値予想まとめ

まず、MTG(7806)の初値予想は以下になります!

  • 想定価格:5,290円~5,800円
  • 初値予想:7,000円(6/23更新)

業績が好調なマザーズ案件ですが、既に時価総額は大きい状況。

しかし、メルカリも似た状況で1.5倍以上上げてきているのでMTGも上げるでしょう。注目度を差し引くと1.2倍程度が妥当水準と考えます。

海外展開も好調で、成長性があることから国内外問わず買いは入りやすい状況。

既に時価総額は適性水準であることを考慮すると、セカンダリーは様子を見ながら行うのが無難と言えるでしょう。

ぜひ応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ