Pocket

メルカリのIPO初値予想

こんにちは!

今年最大の注目を集めるメルカリのIPOですが、予想されている以上に上がるのではないかと感じるようになってきました。

今回はその理由について簡単にまとめて行きたいと思います。

またメルカリの初値を考える上で、一点だけ注意事項があるので最後に触れています。

スポンサーリンク

メルカリのIPO初値予想

まず、メルカリの初値予想ですが大手予想では、

  • 3,500円~4,000円(仮条件発表前)
  • 4,000円~4,500円(仮条件発表後)

のレンジが平均値となっています。

評価はほぼB評価で確定。既に高い評価を受けていると考えられます。

メルカリは大型株としてかつてないほど競争率が高いと言われますが、それでもIPOの中では当たりやすい部類に入ります。

初値は4,000円でも利益は10万円となり、そこまで上がれば御の字。常識で考えても、4,000円に到達すれば上出来といえる案件です。

メルカリは予想以上に上がるかもしれない

メルカリのような大型IPOが暴騰することはほぼありません。時価総額が大きく、その数値が大きく動くことは考えにくいためです。

しかし、以下の理由で一般予想以上にメルカリが上がる可能性があると考えます。

理由としては、

  • ラクスル(4384)の影響。
  • ラッシュ前の単独上場。
  • IPOの地合いが強い(マザーズ市場)

メルカリが上場するのは、公募割れが危惧されていたラクスル(4384)の直後

さらに、IPO上場ラッシュが始まる直前の6/19になります。

ラクスル(4384)の結果はトリガーになる

ラクスルの初値が想定を上回る強さを見せたことは、極めて大きな意味を持ちます。
これで全ての投資家は、一切の迷いなくメルカリに全力参加したはず。

結果的に、メルカリのIPOでは落選報告が目立ち、「極めて人気が高かった」という展開になる可能性があります。

そしてIPOラッシュが始まる直前の上場になるため、最高の注目を集めるはずです。

IPOの地合いはピークにある

こうした熱気に加えて、IPOの地合いは最高潮。特にマザーズ市場の強さが顕著。

日経平均が上昇してもマザーズ指数が上がらないことで、近年はマザーズの資金がIPOに流れているのは明らかです。

マザーズ上場かつ単独上場ということで、メルカリの初値が通常より上乗せされる可能性があります。

スポンサーリンク

メルカリが上がるのは心理的な意味合いが強い

メルカリは業績、時価総額の観点では初値は4,000円に届けば上出来です。

ちなみに私自身の初値予想は、

  • 4,500円前後

としています。

理論的にはやや高い数字ですが、もしかすると更に上に行くかもしれません。
株価というのは大衆心理で思わぬ価格をつけることがあるためです。

過去に上場したラインの初値は1.5倍。ラインの方がメルカリより知名度は上ですが、あの頃よりも状況は今の方が上です。

全体のまとめ

今回はメルカリの初値は心理的な側面によって、予想以上の高値をつける可能性があるのではないか、というお話でした。

投資家にとっては非常に良い流れがきていると感じています。

流れとしては、

  • ラクスルがトリガーになる。
  • メルカリの人気が爆発。
  • IPOの落選報告で、メルカリの人気が判明。
  • 単独上場で大きな注目を集まる。
  • マザーズの資金がメルカリに集中する。

となります。

ただ、一点だけ。注意事項として6/12に予定される米朝首脳会談の行方次第で、このプランが崩れる可能性はあります。

ツイッターにも書きましたが6月は良くも悪くも大きな出来事がよく起こります。

追い風になる可能性もありますが、この行方次第では初値予想を修正することもあるので、何かあれば再度ご確認ください。

いずれにせよ一枚でも当選すれば、夏のボーナスになることは間違いありません。

皆さんが当選されることを心よりお祈りします。

ぜひ応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ