パデコ(7032)のIPO初値と株価予想!SBI証券主幹事

パデコのIPO

今回は新たに新規上場承認されているパデコ(7032)のIPOについて、初値と今後の株価予想をしていきたいと思います。

大人気のSBI証券主幹事の案件となりますが、個人投資家への配分が多証券会社なので当選を狙っていきたいところ。

また、6月上場のIPOでは特にセカンダリーにも注目すべき銘柄だと考えています。

今回はパデコ(7032)の初値や、セカンダリーはもちろん、SBIチャレンジポイントの当選戦略いたるまで考察していきます!

パデコ(7032)のIPO基本情報

  • カテゴリ:ジャスダック
  • 想定価格:1,660円
  • 吸収金額:5.82億円
  • 主幹事:SBI証券
  • 抽選申込み期間:2018/06/12 (火) ~2018/06/18 (月)
  • 上場日:6/28 (木)
  • IPO初値評価:A
  • セカンダリー評価:A

評価のポイント

吸収金額が5億円と軽量級で、売上も好調。コンサル業はIPOでは人気がありませんが初値は期待できます。評価が大きく分かれている銘柄ですが単独上場を考慮すると、IPO初値はA評価としました。

後述しますが、どちらかというセカンダリー向けであり、こちらの評価もAとなります。

パデコ(7032)の初値予想のポイント

売上規模に注目

国際開発コンサルティング事業が主力となりますが、注目したいのは売り上げの規模感。

直近のIPOの中ではトップクラスの売り上げを誇っており、横ばい~緩やかな右肩上がりを形成しています。

padeco

IPOの初値は「テーマ性」と「成長率」で評価されるため、その意味では人気化しない可能性がありますが、国際的に幅広い実績を残している点は評価できます。

吸収金額は5億円と軽量級、単独上場と需給は良好。

売上に対して時価総額が低い

売上規模に対する時価総額が17.6億円とあまりに低く、現在の3倍以上は買われても何ら不思議ではありません。

IPOとしては過小評価されがちですが、どこかのタイミングで人気化して思わぬ高騰を見せる可能性は充分にあります。

パデコ(7032)の今後の株価予想

パデコ(7032)は内容的に高い評価できる一方で、IPOとしてはテーマ性にかけ、目を見張る成長率があるわけではありません。

ただ、事業的にはしっかりした売上と、抜群の実績を誇っています。

コンサル実績は、開発関連がメインですが、「海外ビジネス」「人材」「情報通信」まで多岐にわたります。

同業者と比較しても割安感あり

新興市場のコンサルティング会社としては、以下があります。

  • ハイアス・アンド・カンパニー(PER 55.14倍)
  • ベイカレント・コンサルティング(PER 19.06倍)
  • パデコ(PER 25.2倍)

コンサル系は、東証一部だとPERは低めですが、マザーズであれば上限は高め。

パデコのPERは平成29年分であり、来期はさらにグッと低くなるので割安です。

IPOとしては過小評価を受けやすい

パデコ(7032)は売上の規模的には少なくとも時価総額50億円以上はあっても不思議ではありません。IPOとしては評価されにくい一方、内容はしっかりしているので将来の株価は上がる可能性が高いとみています。

IPOとしては人気化せずとも、ラクスル(4384)のように上場後に上がるパターンが考えられるので注目です。

パデコ(7032)の幹事団とIPO参加スタンス

IPOに参加できる証券会社

  • SBI証券(主幹事)
  • SMBC日興証券
  • みずほ証券
  • 岡三証券
  • エイチ・エス証券
  • 岩井コスモ証券
  • むさし証券トレジャーネット
  • アイザワ証券
  • 極東証券
  • 東洋証券

パデコ(7032)の参加スタンス

SBI証券から全力参加で問題のない案件です。

SBI証券主幹事の場合、個人配分が多いですが、それでも争奪戦は避けられず、チャレンジポイントを利用して当選を狙うのが現実的です。

SBIチャレンジポイントの考察

パデコ(7032)は過去のSBIのパターンを見ると、200枚のセット当選が濃厚。

IPO評価としてはB~Sまで意見が分かれている状況のため、チャレンジポイントのボーダーラインは若干低くなると予想しています。

B~A評価として考えると、フィルカンパニーやエヌリンクスあたりをイメージし、210~260が目安になりそうです。

初値高騰が必ずしも確約されているわけではなく、無理して使う必要はなさそうですが、200ポイント前半で当選できるのであれば妙味があります。

パデコ(7032)のIPO初値予想と結論

まず、パデコ(7032)の初値予想は以下になります。

  • 想定価格:1,660円
  • 初値予想:3,500~4,000円

※仮条件の変更によって初値と評価が変わる場合があります。

B評価~S評価までバラバラですが、現状ではその間をとってA評価としました。

コンサル分野はIPOとしては人気が低く、業績も利益が上下しているため、初値は3倍以上の高騰とまでは行きにくいと考えられます。

しかし、今回分析した通り、実際は売上規模・時価総額的には3倍以上になっても何らおかしくありません。

全体の結論としては、IPOとしては過小評価を受けやすく、その分だけセカンダリー投資に注目の銘柄と言えるでしょう。

評価の分かれるIPOは大手予想を利用しよう

IPO投資で利益を引き出す方法をご存じでしょうか?

IPOは企業分析ができれば、当選してもセカンダリー投資でも利益が出せます。
それには大手予想と呼ばれるトレーダーズプレミアムの利用が必須です。

大手予想は過小評価されていたラクスル(4384)も正当な評価をしていました。

トレーダーズプレミアムはプロのIPO初値予想、分析が安価で入手できます。その精度の高さはかなり信頼できます。

有望株の情報も充実していて、かんたんに始められるのも魅力。

詳細は記事でもまとめているのでチェックしてみて下さい。
株とIPOで役立つトレーダーズ・プレミアムのまとめ

インベスター
他のIPOブロガーの最新情報は下記のボタンをクリック!
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です