【IPO】新規上場ラッシュ時の注意点とやっておくべき準備のまとめ!

ipo-rush

こんにちは!

例年、この時期はIPOの新規上場承認がありませんが、メルカリの6月上場が確定的になったり、これからIPOラッシュが始まることが予想されます。

いざIPOラッシュになってしまうと、仕事や家事を抱えているとまず対応できません。
そこで、5年以上やってきた経験を通じて、IPOラッシュ時の注意点とポイントをまとめておきたいと思います。

IPOのスケジュールを把握して整理しておく

IPOのラッシュ時は次々と申込をしなければいけません。

基本的には主幹事を押さえつつ、副幹事からも参加する人が多いと思いますが、長年IPOをやってきている私でも、どうしても抜けや漏れが生じます。

そのため、IPOの申込と当選した場合の購入期間に関しては、きちんとデータか印刷でまとめておくことが大切です。

ブロガーの方の場合、自分のサイトでスケジュールをまとめている方もいますが、そうでない場合は以下の方法で情報を管理しましょう。

  • エクセル
  • メモ帳
  • 手書き

書いておく内容としては、

  • IPOの名前
  • 自分が参加する証券会社
  • 抽選申込期間
  • 購入申込期間

を押さえておけばOK。上記については必ずデータでまとめておくのがおすすめです。

私は自分のサイトにスケジュールを書いているので、それを印刷して保有しています。
印刷して手元に置いておくと、より流れが鮮明に分かります。

もしもIPOに落選したら、その紙は捨てて情報を減らしていくのです。大量の情報がどんどん減っていくのが今では快感だったりします。

IPOの資金を証券会社に分散しておく

IPOラッシュ時は、資金不足になることがあります。

ただ、申込むたびに他の証券会社にお金を移動させるとものすごい手間がかかります。

そのため、あらかじめ証券会社に分散してお金を入れておくのです。
入れておく目安としては、

・35万~40万円くらい

IPOの公開価格は35万円以下であることが多く、35万円を入れておけば安心です。

たまに値ガサのIPOが登場しますが、その場合は資金が足りないので追加で投入します。

主幹事率が高い証券会社にお金を振っておく

お金を入れておく証券会社は、主幹事率が高い会社になります。
具体的には、

  • 日興証券
  • 大和証券
  • SBI証券

に入れておけば充分でしょう。余裕があればみずほ証券にも入れましょう。

野村證券はネットの場合、前金が不要なので、当選した場合に入金をします。また、いちよし証券も前金不要で申し込めるのでかなり楽になります。

IPOの申込と抽選結果の確認は早めに行う

最後に注意点として、以下の点を押さえれば完璧です。

  • IPOの申込はすぐ行う
  • IPOの抽選結果の確認はすぐ行う

IPOの申込期間及び、当選した場合の購入期間は3日~7日が相場です。少しでも気を抜いてしまうと期限切れになってしまうことがあります。

そのため、原則的には申込と抽選結果の確認は開始日に行うようにしましょう。これを意識すると、抜けや漏れがなくなります。

全体のまとめ

IPOのラッシュは慣れていないと混乱しますし、ミスを連発することがあります。

ただ、今回まとめたポイントを押さえれば問題なく対応できます。

  • IPOのスケジュールと必要情報をデータでまとめておく
  • 主要な証券会社にあらかじめ資金を分散させておく
  • IPOの申込と抽選結果の確認はすぐに行う

慣れてしまえばサクサク進められますので、下準備だけはしっかりとしておきましょう。

全てに言えることですが準備の段階で9割は勝負が決まっています。
ガンガン申し込んで当選を勝ち取りましょう。

インベスター
他のIPOブロガーの最新情報は下記のボタンをクリック!
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です