Pocket

仮想通貨の仕組み

現在、爆発的な流行りを見せている仮想通貨やビットコイン。

ただ、その仕組みは良く分かっていない人も多いのではないでしょうか?

「そもそも仮想通貨とは何か?」を押さえておくと、より視野が広がってきます。

そこで仮想通貨の仕組み、メリット、デメリットを分かりやすく解説しました。

仮想通貨とはどのようなものか?

まず多くの人が意外と疑問に思っているのが、「そもそも仮想通貨とは何か?」という部分だと思います。

テレビCMやテレビ番組などで特集が組まれるようになったことから知名度そのものは上がっているのですが、実際は詳細を知らないという人も少なくありません。

仮想通貨とは世界共通の電子通貨

仮想通貨とは、分かりやすく言ってしまうと「インターネット上で取引される世界共通の電子通貨」です。

通常取り扱っている現金のように紙幣として存在しているわけではありませんが、インターネット上でデータとして存在しているところが特徴となっています。

主にインターネット上での決済に利用されますが、インターネット上だけではなく提携している店舗の商品購入やサービス利用の際の支払いにも利用できます。

一般的な通貨と違って日本以外の国で利用する際に両替をする必要がないことが特徴で、世界中で利用できる通貨となっているのです。

管理はすべて自己責任

このような特徴から、世界共通の電子マネーと言われている部分もあります。

ただ電子マネーのようにICカードがあったり発行元が特定されていないので、仮想通貨の管理はすべて自己責任で行わなければいけない部分も特徴です。

近年は仮想通貨のハッキングが問題視される一方、初心者の人にとっては管理が難しく、参入障壁となっている側面があります。

仮想通貨の仕組みについて

仮想通貨で疑問となるのが、その仕組みです。

どのように仮想通貨を購入するのか、どのように運営したり利用すればいいのかという部分は意外と知られていない情報だと言われています。

ブロックチェーンと呼ばれる技術でデータを記録する

仮想通貨の仕組みを知る上でまず重要なポイントとなるのが、「ブロックチェーン」と呼ばれる技術です。

ブロックチェーンは要するに台帳のことを指していて、仮想通貨の購入履歴や使用履歴などをすべて記録するノートの役割を担っています。

これによって目に見えないデータである仮想通貨を誰でも管理できるようになり、自分の持つ仮想通貨の存在を証明するための証拠として利用できるのです。

仮想通貨には発行元が存在しない

そうしてデータを管理されている仮想通貨ですが、そもそも管理をしてくれるはずの発行元が明確ではありません。

このため仮想通貨を管理している人たちで情報を分散したり共有しながら管理していく必要があり、このような状態のことを分散型と言います。

分散して仮想通貨のデータを管理すればどこかでシステム障害が起きても残った部分でデータ管理ができるようになっているので、効率的な運営が可能です。

一方で、リップル(ripple)のように発行元が存在する仮想通貨も一部存在します。

このような仕組みによって仮想通貨は運営されており、利用する人たちはインターネットを通じて仮想通貨を購入したり様々な形で消費していくことができます。

仮想通貨の種類

仮想通貨の種類は2千以上!

仮想通貨の種類は常に新しいものが登場しているほか、実は誰でも簡単にオリジナルの仮想通貨を作り出すことができます。

このため正確に仮想通貨の種類を把握することは難しいと言われていますが、おそらく2千種類以上は存在しているだろうと言われています。

それだけ数多くの仮想通貨が流通しているため、実際に運用する場合にはどの種類の仮想通貨を購入するのか慎重に検討する必要があります。

ホワイトリスト入りした仮想通貨に注目

仮想通貨には「ホワイトリスト」と呼ばれる金融庁の登録を受けた仮想通貨取引所が取り扱う仮想通貨が存在します。

警戒を必要としない対象の一覧表と言えますが、売買や決済をする場合は、この中から選ぶことでリスクを押さえられます。

反対に、リスト入りしていない仮想通貨に投資するのは大きなリスクを伴います。

ホワイトリストの仮想通貨は19種類

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • カウンターパーティー(XCP)
  • フィスココイン(FSCC)
  • カイカコイン(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • ザイフ(ZAIF)
  • ビットクリスタル(BCY)
  • ストレージコインエックス(SJCX)
  • ぺぺキャッシュ(PEPECASH)
  • ゼン(Zen)
  • コムサ(CMS)
  • キャッシュ(QASH)

国内の主要取引所と取扱通貨

日本では取引所によって、取り扱う仮想通貨も大きく変わります。

下記では主要取引所と、取扱通貨を表にしてまとめました。

取引所名 通貨の種類 通貨一覧
ビットフライヤー 7
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • イーサリアムクラシック
  • リスク
  • モナコイン
Zaif(ザイフ) 5
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • ネム
  • モナコイン
  • 企業発行のトークン(数十種)
DMMコイン 7
  • ビットコイン
  • リップル
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • ネム
  • ライトコイン
  • イーサリアムクラシック
GMOコイン 5
  • ビットコイン
  • リップル
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ライトコイン
QUOINEX 3
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • QUOINEX
 ビットバンク 6
  • ビットコイン
  • リップル
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • モナコイン

初心者の方は、安全で取扱の多いビットフライヤーがおすすめです。

仮想通貨におけるビットコインの存在とは?

仮想通貨の中でも日本で特に知られているのが、「ビットコイン」です。

ビットコインは日本で仮想通貨の知名度を高めた存在であり、国内だけではなく海外でも最も流通していると言われている仮想通貨となっています。

実は一番初めに世に出た仮想通貨だと言われていて、仮想通貨市場の中でもダントツの知名度と取引が行われています。

仮想通貨を始める人はビットコインがおすすめ

このため初めて仮想通貨を始めるという人におすすめですし、日本でも利用しやすい仮想通貨として注目されています。

ほかにも「イーアリサム」や「リップル」など市場が安定していたり知名度が高い仮想通貨はいくつかあり、日本でも利用できるものが少しずつ増えてきています。

ただ日本ではまだ利用できる仮想通貨が限定されているので、国内で利用するのか世界規模で利用するのかで判断する必要があります。

仮想通貨のメリット

仮想通貨のメリットは、何といってもインターネットを通じて世界共通の通貨として利用できるところにあります。

このためわざわざ所有しているお金を両替して利用する必要はありませんし、インターネット上での決済が可能なのでいつでも手軽に利用が可能です。

また値動きそのものが激しいので、うまく運用していけば大きな利益を生み出すことができると考えられています。

しかも24時間365日取引ができるようになっているので、いつでも必要な取引ができるところもメリットの一つです。

数千円からでも始められる

ほかにも初期投資そのものも数千円の少額でいいので始めやすくなっていますし、少額で保有することもできるので無理に大きな利益を求めなくても安定した運営ができます。

仮想通貨投資と聞くとリスクが高いイメージがありますが、実はリスクを抑えることもも可能なのです。

専門的な知識もさほど必要ありませんし、徐々に市場が拡大してきているので株や金に代わる新たな取引商品として注目を集めているのです。

これから広まっていく可能性が高い

取引をする際にも敷居やリスクを抑えられるが仮想通貨のメリットとも言われていて、今後需要や価値が高まっていくと考えられています。

日本でも利用できるお店が増えてきていますし、新しい投資や資産の形として認められつつあるところをメリットだとする声もあるようです。

仮想通貨のデメリット

仮想通貨を利用する場合はメリットだけでなく、デメリットにも注目する必要があります。

一気に価値がなくなる恐れがある

仮想通貨のデメリットは、まず通常の紙幣や貨幣のようにお金としての価値の裏付けが存在しないところです。

これは発行元が特定されていない点や法律でその価値が認められていない点が理由で、値動きの変動も大きいので場合によっては価値がなくなってしまうというリスクがあります。

特に今は市場が拡大しているので値動きの変動が激しくなっている傾向があり、投資の経験がない人がいきなり始めると損失を被る恐れも指摘されているようです。

ハッキングには要注意

またテレビのニュースでも取り上げられて問題となったのが、データのハッキングによって通貨が流出してしまったり盗まれてしまう恐れがある点があります。

ハッキングされなかったとしても管理を怠ってしまうとデータそのものが消失してしまったり、データを引き出せなくなってしまうというデメリットも挙げられています。

そのため、ウォレットと呼ばれる財布でしっかり管理しなければなりません。

このように実在しない通貨だからこそのデメリットが指摘されており、今後の仮想通貨の運営体制や利用している人たちの管理責任が問われる部分もあるようです。

そのため現時点では仮想通貨の運用や取引は自己責任とされる部分が大きく、注意が必要だとされています。

全体のまとめ

現時点では、どうしてもビットコインの動きに全体が影響を受けてしまっている状況です。

そのため、投機的な側面が強く、決済手段としても不安が残ると言えるでしょう。

ただ、仮想通貨が成熟し、法整備が追いついてくれば、デジタルマネーとして大きく普及する可能性は充分にあります。

その意味でも、たとえ少額でも、仮想通貨と関わりを持っておくと良いでしょう。

併せて読みたい関連記事

仮想通貨(ビットコイン)取引所のおすすめを比較!強みが一目で分かる