Pocket

HEROZ

今年最大級の注目を集めたHEROZ(4382)のIPO初値結果が出ましたので、情報をまとめておきたいと思います。

記録的な初値が期待されていましたが、どのような結果になったのでしょうか?

HEROZ(4382)のIPO初値結果

公開価格:4,500円

初値結果:49,000円

45,000円を超えたことで、一撃の利益は400万円超えを果たし、2005年のガンホー・オンライン・エンターテイメント(3765)以来の記録的な初値となりました。

上昇率に関してはITバブルの時でさえなかった数値となっています。

過去の数値を見ても歴史的な記録を達成したと言えるでしょう。

当選者の方はおめでとうございました。

初値予想ではAI関連の大本命と書きましたが、今年上場したRPAホールディングス(6572)をも遥かに上回る高騰率です。

ITバブルの頃ではなく、2018年の地合いでこの記録を達成したことは素直にすごいとしか言いようがありません。

IPO初値形成後の動きは?

IPO初値形成後の動き(セカンダリー)ですが、13:26に寄りつき直後は一気に急落し42,000円前後に。

もはやPERは関係ありませんが、ここからの投資はリスクも伴うので注意が必要。

まさにハイリスクハイリターンと言えるでしょう。

初値形成後の動きはこちらの項目に追記していきます。

新興市場復活の予兆か?

HEROZ(4382)が象徴的でしたが、2017年末からIPOの勢いが止まりません。

中でも東証マザーズに上場する新興株が記録的な暴騰を続けています。

この現象は、新興市場復活を予兆している可能性があります。

新興市場の買い意欲は高い

現在、東証マザーズ指数は直近で下落基調にあります。

新興株は外資の空売りによって値を押さえられている部分がありますが、IPOを見る限り買い意欲が高いことが分かります。

ゆえに2018年は外資の売り圧力に屈せず、力強い動きを見せる場面も出るでしょう。

ここから先はIPOと共に、新興市場の動きにも注目です。

併せて読みたい関連記事

ベストワンドットコム(6577)の株価予想!注目ポイントのまとめ