Pocket

2018年の仮想通貨市場

大暴落から始まった2018年の仮想通貨市場ですが、ここからどうなるのか?
今後が気になる方も多いと思います。

2017年の仮想通貨バブルに対しては懐疑的でしたが、ここ最近のビットコインが終わったという声に対しても、個人的には別の考えがあります。

ここではさまざまなモデルケースを元に、仮想通貨の今後を占っていきます。

スポンサーリンク

仮想通貨バブルのおさらい

仮想通貨が盛り上がりを見せ始めたのは2017年の春ごろであり、ちょうど1年が経ったと言うことができます。

注目を集めたきっかけはリップル(XRP)の4月頭の大暴騰。
ここから「億り人」というキーワードも目立つようになりました。

その後、ビットコインが夏頃から緩やかに右肩上がりを形成。秋口に入ってからは急激に価格を上げて100万円を突破。

その後、出川CMなどでも注目を集めるようになり、その注目度は沸点に到達。

ざっくりと振り返ると、バブルと言える動きを見せたのは2017年夏頃~2017年末ということになります。

仮想通過市場が右肩下がりになっている理由

バブル後は上がった期間と同じくらい下げる

バブルがはじけた後というのは、なかなか値が戻らないことが殆どです。

過去にITバブルがはじけた際にも、およそ2年にわたって下がり続けています。
マザーズ指数は2~3年高騰を見せていたので、その分だけ下げたという感じです。
(この値動きは株探をみれば確認できます。)

私自身、ITバブルを経験した教訓から、2018年に入り仮想通貨が下がってきて「安い」という価格まで落ちてきても購入はしませんでした。

一度暴落局面になると、ナンピンをしても下がっていくため、さらに含み損を抱えてしまうことになるのです。

仮想通貨バブルとITバブルの違い

ただ、個人的に仮想通貨市場は、ITバブルと同じ流れにならないと考えています。

その理由としては、

  1. 仮想通貨は上昇した期間が短い。
  2. 仮想通貨には空売りできない銘柄が多い。

ビットコインは瞬間風速的に大暴騰しましたが、その期間は短く、その分だけ早く落ちつきを見せる可能性があると考えます。

2018年初から暴落していますが、目安としては半年くらいと予想しています。

また、ITバブル後に値が戻らなかった最大要因として、徹底した機関投資家の空売りが挙げられます。この点も仮想通貨とは

スポンサーリンク

今後の仮想通貨市場の予測

前述した通り、一見すると仮想通貨は終わった、バブルは終了し、これからビットコインは無価値になると思われても不思議ではありません。

しかし、仮想通貨市場は一方的に下がる展開にならないと予測しています。

どちらかと言うと、ここからは為替に近い値動きになるでしょう。

  • ボラティリティ(流動性)がある
  • 空売りの買い戻しが入る

仮想通貨はFXに近い側面があり、仮にビットコインそのものに価値がなくても、流動性があるため上げ下げを繰り返していく可能性があります。

ビットコインの価格は一見すると暴落しているように見えますが、どちらかというと暴騰した後の反動です。

そのため値幅を取るべく、今後は上げる局面は必ず来ます。

個人投資家が諦めているところで上昇し、再度、個人投資家が参戦してきたら下げる。2018年に関しては、このようにうねりを見せながら、個人投資家が勝ちにくい動きになると予測します。

過熱感のなくなった今こそ注目

全体をまとめると仮想通貨市場に関しては、難しくなるものの、過熱感のなくなった今こそ注目と言える状況ということになります。

ビットコインが盛り上がっているときは「儲かった」「誰でも稼げる」という言葉が溢れ、反対に、現在の「仮想通貨市場は終わった」という声が溢れていますが、こちらも極端だと感じます。

ここからは誰でも稼げる相場ではないものの、きちんと投資対象を見定めていけば充分にチャンスが生まれるでしょう。