仮想通貨ウォレットのおすすめと選び方を徹底解説しました

仮想通貨のおすすめウォレット

仮想通貨取引所コインチェックから数百億円に及ぶNEM(ネム)がハッキングされ、大きなニュースとなりました。

一時は一体どうなるのか?など不安と憶測を呼びましたが、NEM保有者に対してコインチェックが補償することが発表されたことで状況は落ち着きつつあります。

本記事ではコインチェックの騒動を受け、仮想通貨におけるウォレットの選び方について整理しました。あくまで、初心者の方の目線で解説しています。

ズバリおすすめの仮想通貨ウォレットも明記しているので参考にしてみて下さい。

仮想通貨取引所にお金を預けるのは危険か?

仮想通貨取引所のリスク

仮想通貨に精通している人のブログを見ると必ず書かれているのが、取引所にお金を預けるのが危険という文言です。

仮想通貨取引所にお金を預けたり、購入した通貨を置くことは、不測の事態があった際に戻ってこなくなる恐れがあるというもので、今回のコインチェックの盗難事件を受けて、実感した方も多いと思います。

日本の大手取引所であっても、そこに通貨を置いておくことはリスクを伴います。

仮想通貨の保管は必ずウォレットを利用する

原則的に、仮想通貨取引をするのであれば、「ウォレット」と呼ばれる仮想通貨版の財布に通貨を移し替えることが必須となります。

しかし、これだけアナウンスされても、取引所に仮想通貨を置く人は少なくありません。
それどころか、海外取引所を利用する人の中にもウォレットを利用しない人が多く見受けられます。

初心者にはウォレットは敷居が高い

仮想通貨ウォレットの選び方

仮想通貨に慣れ親しんだ方であれば、ウォレットの扱いは難しいものではありません。

しかし、初心者の場合は送金や受け取り、保管、二段階認証といった工程を難しく感じてしまうことが少なくありません。
これは証券やFX取引にはない概念で、初めての場合に戸惑うことがあります。

加えてそもそも、どのウォレットを選べば良いのか分からないといった問題もあります。

仮想通貨のウォレットの正しい選び方とは?

仮想通貨のウォレットが大事ということが理解できても、どの仮想通貨ウォレットを利用すれば良いか分からない、という問題があります。

試しに「仮想通貨 おすすめ ウォレット」と検索すると、ほぼウォレットの種類に関する記述が出てきます。

調べると良く出てくるキーワード

  • WEBウォレット
  • ソフトウェアウォレット
  • ハードウェアウォレット

インターネット上の情報では、上記のようなウォレットの種類と、その中の代表的なウォレットが記載されていることが主です。

しかし、それだけだとどれを使えば良いか分からないと感じる人も少なくありません。
仮想通貨のウォレット選びには正解はなく、そのため迷いが生じてしまうのが現状です。

初心者におすすめの仮想通貨ウォレットとは?

初心者におすすめの仮想通貨ウォレット

WEBウォレットは最もおすすめではない

初心者にとって、最も手軽な仮想通貨ウォレットは「WEBウォレット」です。

これはウェブ上でログインし、仮想通貨の送金を行うことができるため、初心者の方にとっては最も敷居が低いと言えます。

代表的なサービスには「BlockChain.info」と呼ばれるものがあり、世界的に普及し日本語対応もしています。

なお、こちらの詳細は以下の記事で詳しくまとめています。

ただ、WEBウォレットの場合は、取引所と同じようなハッキングのリスクがあり、サービス運営会社に不測の事態があった場合に不安が残ります。

初心者の方でも操作しやすく、おすすめではありますが最もおすすめではありません。

仮想通貨ウォレットで最もおすすめはハードウェアウォレット

ハードウェアウォレット

結論からすると、仮想通貨ウォレットはハードウェアウォレットが最もおすすめです。

これはローカル(オフライン)上で仮想通貨の管理をすることができ、セキュリティーも強固であり、もっとも安全性が高いと言われています。

本体はUSBメモリーほどの大きさでパソコンとつなげることが可能。
故障しても、秘密鍵をメモしておけばデータも復旧できるので安心です。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)の利用がおすすめ

ハードウェアウォレットでは、「Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット」の利用がおすすめです。

Ledger Nanoはフランスで作られたウォレットで、非常にポピュラーかつ強固なセキュリティーの代表格。公式サイトも日本語対応しているので便利です。

また、Amazonでも購入(※)することができ、急ぎで必要な場合もすぐに届きます。

※正規店以外からの購入はウイルス混入リスクもゼロではないため注意が必要。
公式サイト、正規店からの購入をおすすめします。

Ledger Nano Sの注意点

初心者の方が「Ledger Nano S」を使う上での注意点としては、敷居の高さを感じる恐れがあるということでしょう。

「Ledger Nano S 使い方」などで検索すると、さまざまな情報が出てきます。
中には使い方は非常に簡単という声もありますが、初心者にとっては難しく感じる場合もあります。

私自身もLedger NanoSを利用していますが簡単とは言えず、この辺りは注意しておいた方が良いでしょう。

ただ、慣れてくれば決して難しいものではないので安心して下さい。

仮想通貨ウォレットのおすすめと選び方のまとめ

初心者目線で、仮想通貨ウォレットについてザックリとまとめてきました。

要約すると以下の通りになります。

  • 仮想通貨は取引所ではなくウォレットに保管する。
  • 初心者にとってウォレットは敷居が高い。
  • おすすめのウォレットは、ハードウェアウォレット。
  • Ledger Nano Sを購入すれば間違いない。

コインチェック盗難事件などが発生した以上、不測の事態に対応するためには仮想通貨ウォレットは必須になります。

選び方が分からないという場合は、ハードウェアウォレットの「Ledger Nano S」がおすすめ。私自身も利用しており、情報が出回っているので使いやすいです。

仮想通貨ウォレットは慣れも肝心

仮想通貨ウォレットは慣れないと難しいと感じるものですが、こうしたアイテムは使っていくうちに慣れて行く側面もあります。

そのため、最低限ウォレットは用意しておく方が良いでしょう。

安全性に力を入れる取引所を選ぶ

また、どうしてもウォレットがよく分からない。
最悪、失っても良い少額投資しかしないというのであれば、取引所に置くのもありだとは思います。その際は、安全面を重視して取引所を選びましょう。

個人的には安全性に力を入れるZaif(ザイフ)がおすすめです。
二段階認証や、画像認証システム「ReCaptch」によって資産を管理し、安全・安心を押し出している点は評価できます。

他にもQUOINE(コイン)のようにセキュリティーを一つの売りにしているところがおすすめです。

ただ、取引所に通貨を置くことはリスクがあり、無理のない範囲でウォレットで通貨は管理するように心掛けましょう。

ナーバスな問題ですが、慣れない方は無理のない範囲で参考にしてみて下さい。