株式型クラウドファンディングでベンチャー企業投資するリスクを考える

株式型クラウドファンディング

まだ、ほとんど知られていませんが現時点で最先端の投資と言えるのが、株式型クラウドファンディングです。

これについては、リスクを含めまだまだ情報が少ないのが現状です。
ただ、仮想通貨やIPOしかり、誰もが知らない時にこそチャンスが生まれるため、注目をしています。

一言で言ってしまうと、個人でも可能なベンチャー企業投資となりますが、仕組みが分かりにくいためポイントをまとめておきたいと思います。

大口しかできなかったベンチャー投資が個人でも可能に

株式型クラウドファンディングは、簡単にいってしまうと個人でもベンチャー企業投資が可能になる仕組みです。

きちんと国の認可も下りていて、正式に投資することが可能です。
(国内初のサービスは2017年に開始されました)

IPO(新規公開株)投資をしているとイメージできますが、未上場の時点で株式を購入しておき上場が決定すると、莫大な利益が転がりこむことがあります。

人脈がない限り個人には不可能

ただ、個人では手が出ず、これまではベンチャーキャピタルや大口しかベンチャー企業投資は難しいことが現状でした。

人脈があれば不可能ではないものの、有名人でもない限り、無理という感じですね。

それを解決したのが株式型クラウドファンディングとなります。

株式型クラウドファンディングのリスク

未上場の企業に投資できる株式型クラウドファンディングですが、当たればハイリターンであることは明白ですが、リスクについてはあまり語られていません。

というよりも、情報が少なすぎるためリスクについて言及がされていません。

そこであえて、株式型クラウドファンディングのリスクについて、考察していきたいと思います。

上場までこぎつけられないリスク

エメラダと呼ばれる株式型クラウドファンディングでは、投資の明確なゴールが設定されています。

  • 上場すること
  • 会社が買収されること

主に、投資先の企業が上場することができれば、投資家は多額の利益が得られます。
しかし、必ずしも上場できるとは限らない点はリスクです。

上場を目指すベンチャー企業は多くありますが、上場するためには様々なハードルをクリアしなければなりません。

基本的には上場がゴールとなるので、実現しなければ価値は生まれません。
(あくまでも個人的な認識です)

その意味では、それなりのリスクを背負うことになります。

ただ、これは全てのベンチャー企業投資に共通する部分でもあり、特別なリスクというわけではありません。

資金が拘束されるリスク

株式型クラウドファンディングのリスクに、資金の拘束リスクがあります。

株を購入する形になりますが、証券会社のように自由に売買ができません。
投資先のベンチャー企業の成長を見守る場合も、一定の年数は必要になります。

各サービスにもよりますが、一度投資すると長い間、資金が拘束されることは頭に入れておく必要があります。

あまり大量に株を買い過ぎてしまうと、余力を奪われてしまうため注意が必要です。

ハイリスク、ハイリターンという位置づけか?

株式型クラウドファンディングのリスクを見てきましたが、ハイリスクハイリターンというのが現状の見解です。

ただ、仮に株式上場するなど、投資先のベンチャー企業が成功を収めた場合、そのリターンは計り知れないものがあります。

故に、少額投資という枠組みで投資しておくメリットはあると考えられます。

現在は、ファンディーノと呼ばれる最も著名なサービスにおいて、有望なベンチャー企業が次々と出てきています。

投資しなくても一度だけでもチェックしておくことをおすすめします。

リスクは高いが、やる価値はある

個人的にも、株式型クラウドファンディングについては研究中ですが、成功時のリターンは人気の仮想通貨を上回ると考えています。

投資先には、元サッカー日本代表の鈴木啓太選手の会社や、これはかなり有望、と思えるような企業も増え始めています。

人気の企業はあっという間に募集枠が埋まっており、これから大きく伸びる可能性があると言えるでしょう。

株式型クラウドファンディングは、まだ知られていませんが、仮想通貨然り、誰も知らない時がもっとも投資妙味があります。

仮想通貨がそうだったように1年後に流行る可能性があり、半信半疑な今のうちから注目しておくと良さそうです。

株式型クラウドファンディングの関連記事

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で