エメラダ・エクイティとは?評判と株式型クラウドファンディングに注目な理由

エメラダ・エクイティの評判

個人投資家としては将来性のある上場前の企業に投資を行いたいと考えるはずです。
しかし、IPOになると投資までのハードルが高く、思ったような投資が行えないというのが実情です。

そのような個人投資家にうってつけの「日本版エンジェルリスト」ともいうべき株式型クラウドファンディングのサービスが2017年に開始されました。それが「エメラダ・エクイティ」です。

ここでは大きな可能性を秘めたサービスについて、丁寧に解説していきます。

個人もベンチャー企業に投資できる時代に

企業の資金調達方法が変わりつつあります。今までは実績の乏しいスタートアップ企業が資金調達をする際は、エンジェル投資家やベンチャーキャピタルからの融資というのが一般的でした。

ICOの登場で流れが変わる

しかし、最近の仮想通貨の盛り上がりを受け、ホワイトペーパーという企画書を1枚作成してインターネット上に公開することにより資金調達を行うICOといった手法も世界中で行われ始めています。

事実、このICOを通じて巨額の資金調達に成功している企業ももはや珍しくはありません。そして個人投資家も、従来の投資からこのようなICO投資といったものに目を向ける人も増えつつあります。

ICOのさらに先を行くのが株式型クラウドファンディング

しかし問題もあります。IPOのように証券会社の厳しい基準をクリアする必要もなく、ICOプラットフォームの認可を得ただけのベンチャー企業が、事業を推進しないまま姿を消すという事例が現実に世界中で起こっているのです。

そこで登場したのが株式型クラウドファンディングです。

投資家はどのようにしてエメラダで利益を得るのか?

エメラダの評判1

株式型クラウドファンディングでは、IPOのような抽選ではなく、先着順で企業に投資を行います。企業は目標とする金額を提示し、目標額に達するまで投資家を受け付けます。

そして出資を受けた企業は、その資金を元にしてプロジェクトの促進や商品開発を行い、会社を成長させていくことになります。

投資家は投資の際「エメラダ新株予約権」を受け取り、企業の成長を待ちます。もちろん、その間、出資を行った企業の情報も入ってきます。

企業が上場、及び会社売却をすれば利益になる

エメラダ・エクイティは投資家に対し、企業の情報を常に提供することになっています。企業の重要なイベント、ニュースなどを受け取りながら、投資家は企業の成長を待つことになります。

そして投資した企業が上場、もしくはM&Aで企業に買収されるなどの動きがあった場合、投資家は保有する株を売却することで利益を得ることができます。

なお、投資できる案件は公式サイトで確認できます。

公式サイト

エメラダ・エクイティ

エメラダ・エクイティとは?

エメラダとはエメラダ株式会社が運営する株式型クラウドファンディングサービスのプラットフォームです。

このエメラダ・エクイティですが、他の株式型クラウドファンディングとは違い、既にプロの投資家が出資している企業のみがプラットフォームに登録されているという特徴があります。

ここからはこのエメラダ・エクイティの特徴や評判について掘り下げていきます。

エメラダ・エクイティのメリット① プロの投資家に相乗り

エメラダ・エクイティの大きな特徴は、先述したようにプラットフォームに登録してある企業が、既にプロの投資家によって出資されている企業であるということです。

つまり、エンジェル投資家やベンチャーキャピタルなどが将来性を見込み出資を行なっている企業に、個人投資家が「相乗り投資」できることになります。既にプロが出資している企業ですので、先ほどのICOのように「なんとなく良さそう」で投資を行い資金を失う可能性は低くなります。

エメラダ・エクイティのメリット② 面倒な手続きがない

通常、ベンチャー企業に投資を行う際、面倒な手続きが多々あります。しかし、エメラダ・エクイティを通じて投資を行うと、そのような手続き関係も全てエメラダの方で行ってくれますので、投資家としては投資を行うだけであとはプロジェクトの推移を見守るだけですみます。

エメラダ・エクイティのメリット③ 資金は分別管理される

エメラダ・エクイティで投資を行う際、まずはエメラダ・エクイティの口座に入金を行う必要があります。上限は250万円で、口座に入金された資金を通じて企業に投資を行います。

ここで懸念されるのが、万が一、エメラダが倒産した場合の時でしょう。しかしその部分は安心です。口座に預け入れられた資金はエメラダとは別の信託銀行に保管されているので、万が一の場合でも資金は保全され、返還される仕組みになっています。

エメラダ新株予約権とは?

エメラダの評判2

先ほどから名称が出ている「エメラダ新株予約券」ですが、これは通常の株式ではなく、エメラダ・エクイティを通じで投資を行った投資家に与えられる新株予約券です。

このエメラダ新株予約権ですが、基本的に取得後は売却や換金は不可能です。先述のとおり、企業が上場、もしくはM&Aされる、つまりイグジットするまで保有し続けることが基本です。

しかし、いつまでもこのエメラダ新株予約権を保有し続けられるわけでもありません。

エメラダ新株予約権の注意点

このエメラダ新株予約権には消滅条件というものがあります。エメラダ・エクイティとはプロの投資家との相乗り投資ができるというメリットもありますが、投資である以上、リスクも混在していることを忘れてはいけません。

新株予約権の保有期限に要注意

エメラダ・エクイティでの成功条件はイグジッドです。この条件をクリアすることにより、投資家は利益を得られます。しかし、これには10年の期限があります。

つまりこのエメラダ・エクイティとは、ベンチャー企業やスタートアップ企業の成長を10年間見守り続け、その間に企業がイグジッドすることが成功条件となる株式型クラウドファンディングです。

そしてこの10年が経過してしまうと、投資家が保有しているエメラダ新株予約権は効力を無くし、投資家の損失となります。

エメラダ新株予約権の使い方

エメラダ新株予約権の効力が無くなり、完全に効力をなくすのを回避する方法は2つです。

1つ目は投資企業のイグジッドによりエメラダ新株予約権を株式に転換、売却。

そしてもう一つは、10年間の最後の1ヶ月の間にエメラダ新株予約権を投資企業の株式に転換、保持し続ける、という選択です。

エメラダ新株予約権は自由に株式に変換はできません。株式に変換できるのは上記の条件をクリアした時のみです。

エメラダ・エクイティの評判は?

エメラダの評判3

エメラダ・エクイティについて解説していますが、株式型クラウドファンディング自体がまだまだこれからの投資方法です。そしてエメラダ・エクイティ自体もまだ歴史が浅いため、どこまで評判がいいのかが気になる人も多いはずです。

優良な株式型クラウドファンディングと評判

総括していくと、エメラダ・エクイティとはとても優良な株式型クラウドファンディングのプラットフォームであるといっても過言ではないでしょう。

未公開株式投資は個人投資家にはハードルが高く、ICOのような詐欺案件も多いです。エメラダ・エクイティとはそのリスクを排除するために、有名投資家が既に出資している企業のみをプラットフォームに掲載しています。

基本手数料は無料

また、投資家に対する負担をできるだけ減らすためにも、基本的な手数料は無料です。エメラダ・エクイティは資金を投資家からではなく、プラットフォーム掲載企業から徴収する仕組みをとっています。

このため、投資家は入金を行い、あとはエメラダ・エクイティから提供される情報を受け取るだけでいいのです。

株式型クラウドファンディングは大きな可能性を秘める

ここまで、エメラダとはなにか?株式型クラウドファンディングとはなにか?について解説していきました。

プロの投資家が出資している企業に相乗り投資ができるというエメラダ・エクイティは、とても魅力のある株式型クラウドファンディングです。

しかし、ここで注意しなければならないのは、いくらプロの投資家が投資を行なっているとはいえ、未上場企業が上場できる可能性は限られています。

成功すれば爆発的な利益が得られる可能性も

むしろ上場できる可能性は低い、という認識でいることが正解です。ただ、ベンチャー企業やスタートアップ企業には夢があり、仮に上場できなくても大手企業にM&Aされる可能性はあります。

そしてもし、上場ができれば爆発的な利益を得る可能性があります。

株式型クラウドファンディングにはリスクも混在しますが、そのような大きな夢も混ざっています。そして、株式型クラウドファンディングは今後の企業の資金調達手段としてはスタンダードになる可能性も秘めています。

いつでも投資できる準備だけはしておく

エメラダ・エクイティとはその先駆けをいく企業であり、今後、どのような企業がラインナップされるのか、そして今後、どれだけの企業がエメラダ・エクイティを通じてイグジットされるのか注目です。

公式サイト

エメラダ・エクイティ