オプティマスグループ(9268)の上場と今年のIPOを振り返る

オプティマスグループ

オーラス(最後)を迎えたIPOの結果と、今年のIPOを振り返っていきたいと思います。

いよいよ今年のIPOも終わりとなりましたね。

IPOはしばらく休息期間に入りますが、投資で気づいたことをまとめておきます!

オプティマスグループ(9268)の初値結果

  • 公開価格:1,800円
  • 初値結果:2,001円

オプティマスグループはIPOで評価した場合、難しい案件となります。

一方で今年の「大トリ」を飾るIPOということでどうなるか? ということでしたが公開価格を上回りました。

2017年の最後にふさわしい好パフォーマンスとなりましたね。

12月のIPOは微妙案件が続きましたが、そのほとんどが良い結果となっています。
ここ最近のパフォーマンスは、過去を振り返ってもベストだと感じています。

個人的な体感

驚くほどIPOに資金が流れてきていますが、IPOに限ったことではありません。

日経平均上昇による余波は2018年に本格化することが予測され、現時点でその前兆が出ていることは明らかです。

景気に実態がないと言われる一方で、一部では確実に金余りが生まれています。

体感的には、2018年は年初からさまざまな出来事が起こると考えています。

これらに関しては、何かあればツイッターでも呟いていきます!

2017年のIPOを振り返る

2017年IPO

今年のIPOを振り返ると、例年と同じように落選が続きました。

全てに通じることだと思いますが、競争率が高くなってしまうとやはり厳しいです。

3~4年前はIPO一本で充分な収益があげられましたが、これからは他の投資にも目を向ける必要があると感じています。

今年のIPOで取り組んだこと

今年はは、到底当たらないと感じたIPOには参加しないことを実践しました。

例えば、みずほ証券主幹事で、ネットの当選配分枚数が200枚といった案件。

IPOの参加数を減らしたことで、作業負担が減り、ストレスをかけずにIPOに取り組むことができました。

やっている人はいないと思いますが、IPOが辛いと思ったら思い切って参加しないのも手だと思います。

2018年のIPOについて

2018年のIPOは引き続き盛り上がる可能性が高く、すでにに3月頃にメルカリの上場が噂されています。

メルカリのIPO上場は延期か?

時価総額も大きく、注目IPOでありながら当選も期待できると考えられ、確実に盛り上がるでしょう。

また、SBIチャレンジポイントを利用し、穴場のIPOに参加するのも面白いと思います。
チャレンジポイントは、1ポイントで数千円の価値はありますし、自分の場合はエボラブルアジア(6191)のIPOで高い収益を出しています。

S級IPOではなく、B~A級IPOで複数配分が出るIPOが確実に狙い目です。

全体のまとめ

IPOは当選が難しくなっていますが、ポイントを抑えて参加すれば旨みはあります。

ただ、IPO一本では苦しくなってきますので、力を抜きつつ幅広く展開していくのが正解だと思っています。

2018年は本当の意味での投資元年になる可能性が高いとみています。

今はさまざまな投資の選択肢があるので、準備だけしておくとよいと思います。

投資で稼ぐ上でおすすめなジャンルの全まとめ

このサイトではジャンルにとらわれず、気づきを発信していきたいと思います!