SGホールディングス(9143)のIPO初値結果と考察【4社同時上場】

sg-result4

注目を集めていたSGホールディングス(9143)のIPO初値が決定しました。

本記事では12/13に同時上場予定されていた銘柄も含めて、初値結果と考察をまとめておきたいと思います。

佐川急便はもちろん、 マツオカコーポレーションやヴィスコ・テクノロジーズなど、注目IPOが目白押しとなっています。

今年、最注目の4社同時上場の行方はどうなったのか?

一部では今年最大に衝撃と言える出来事もありました。

全てのIPOの結果について一緒に振り返っていきましょう。

1.SGホールディングス(9143)のIPO初値結果

今年、最も話題を呼んだ佐川急便のIPOですが、結果は以下の通りになりました。

公開価格:1,620円
IPO予想:1,820円~2,020円
初値結果:1,900円

SGホールディングスは、寄りつけ前に買いが集まる展開となり、特買いスタートに!

さらに買いを呼び込んで、注目の結果は直前予想の中間値に見事に収まりました。

初値は上出来と言える結果に!

事前予想のエリアに収まれば成功と考えていたため、上出来と言えるでしょう。

これだけ枚数が多く、吸収金額が大きい中で順当な初値をつけてくれたことは一安心と言えるのではないでしょうか。

枚数が多いIPOは初値売りが集まりがちですが健闘したと感じます。

なお、寄りつき直後の動きは上げ基調でしたが、その後は上下しています。

短期的な株価の動きは予測できませんが、長期的な予測はSGホールディングスの予想で考察していますのでチェックしてみて下さい!

2.マツオカコーポレーション(3611)のIPO初値結果

東証1部銘柄として密かに注目されていたマツオカコーポレーション。

IPOの結果は以下の通りとなっています。

公開価格:2,600円
初値結果:3,800円

注目度はそれほどでもありませんでしたが、東証1部銘柄で枚数が少ないIPOでしたので個人的に注目していました。

東証1部としては吸収金額が低く、軽量級というのはIPOとしてはレアなケース。

業績の伸びしろもよく、一般的な初値予想を大きく上回る結果となりました。

割安でユニクロを顧客に抱えていながら、SGホールディングスの陰に隠れる形となっており、中長期的にも注目の銘柄と言えるでしょう。

3.ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)のIPO初値結果

値ガサIPOで注目されていたヴィスコ・テクノロジーズですが、IPO初値は以下の通りとなっています。

公開価格:4,920円
初値結果:15,000円

IPO登場時は、公募割れを始めとするネガティブな声も多いIPOでしたが、直前になって評価を高めました。

なぜかアルヒ(7198)の評価が高く、ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)の評価が今一つだったことは今でも疑問であり、水準訂正されて良かったと言えます。

とはいえ、ヴィスコ・テクノロジーズの翌日持ち越しはサプライズでしょう。

結果的には一般予想を超える展開に。当ブログでは登場時から一定の評価していましたので、一役買うことができたと感じています。

しかも、初値結果は今年一番の衝撃とも言えるほどの暴騰となっています。

1撃で100万円以上の利益となっており、IPOのすごさを改めて実感させられました。

4.グローバル・リンク・マネジメント(3486)のIPO初値結果

公開価格:2,620円
初値結果:6,130円

今回の中で最も期待されていたグローバル・リスク・マネジメント(3486)ですが、予想を大きく上回る結果となりました。

大手予想の平均水準が4,000円前後だったことを考慮すると、いかに力強い結果か分かると思います。6,000円超えはサプライズと言っても良いでしょう。

事前プレビューで、同時上場の影響はなく、IPOの地合いは最好調と書いてきましたが、まさにそれを象徴する結果となりました。

ただ、過熱感があるためセカンダリーは様子見としたいと思います。

全体のまとめ!強い流れが続く

事前レビューにも書いていた通り、4社同時上場による影響はなく、全体を通じて良好な結果に収まりました。

SGホールディングスに関しても概ね、想定ラインまで初値を上げており、喜ばしい結果になったと感じています。

当選された方はおめでとうございました。

同時上場のIPOは寄りつき後も注目

4社同時上場では、1つ1つの銘柄に注目が集まりにくい側面があります。

その意味で、今回上場したIPOは初値形成後も注目する価値があると言えるでしょう。

特に、新しい成長戦略を打ち出したSGホールディングス、東証1部で値ごろ感のあるマツオカコーポレーションは個人的に追い掛けていきたいと思っています。

IPOの山場は過ぎましたが、年末にかけても楽しんでいきましょう!