みらいワークス(6563)のIPO初値予想!注目のSBI証券主幹事

mirai-works

先日のイオレ(2334)に引き続き、SBI証券主幹事のIPOが新規上場承認されました。

みらいワークス(6563)はIPOに当選できれば大幅な利益が期待できる案件です。
幹事団には珍しく松井証券の名前もあり、注目を集めるでしょう。

本記事では、IPOのポイントや当選確率の考察、セカンダリーまでまとめました!

マネーゲームに発展しそうな案件でもあり、注目です。

1.みらいワークス(6563)のIPO日程と評価

名称:みらいワークス
市場:東証マザーズ
想定価格:1,590円
吸収金額:3.8億円
抽選期間:12/01 (金)~ 12/07 (木)
上場日:12/19 (火)
事業概要:コンサルタントのビジネスマッチングサービスの運営、キャリアプランニングのサポート事業など。
業績:A
IPO評価:A
セカンダリー評価:A

2.みらいワークス(6563)のIPO業績

mirai-works2

みらいワークス(6563)の売上は、短期間で大きく伸びていることが分かります。
最近は緩やかになってきていますが、それでも右肩上がり。

利益に関しても一部を除けば、基本的には右肩上がりです。
直近の利益率の伸び率も目を見張るレベル。

好景気の今、求人関係の伸びしろが大きいですが、マッチングサービスを手がける同社にも追い風となっています。

3.みらいワークス(6563)の初値予想のポイント

事業内容と将来性とは?

主力事業はフリーコンサルタントに案件を紹介するマッチングサイトの運営。

コンサルは専門的な内容が求められており、その分報酬金額が多いことが特徴です。
月100万~150万という報酬額も見られ、依頼する側には大手企業も含まれています。

競合サービスも増えていますが、非常に伸びしろのある分野と言えます。

需給の考察

吸収金額は3.80億円の超軽量級となっています。

売出株比率や、ベンチャーキャピタルの保有も少なく、需給面も問題ありません。
需給だけ見ても初値上昇はほぼ間違いない状況かと思います。

幹事団と当選確率の考察

  1. SBI証券(主幹事)
  2. 松井証券
  3. マネックス証券
  4. みずほ証券
  5. SMBCフレンド証券
  6. 岩井コスモ証券

主幹事はSBI証券となっています。

SBI証券はネット配分が多いので、主幹事だと期待が持てますね。

当選確率としては数%程度ということになるでしょう。
毎回少ないながらも当選報告はあるので、期待したいところです。

松井証券の名前もありますがIPO向けに口座開設している人は少ないので注目です。

資金投下&ポイント戦略

数年前は300万円近く投下して当選したことがありましたが、近年は厳しいです。

当選は2枚セット、チャレンジポイントのボーダーラインは200以上は濃厚。
人気が過熱すれば250以上必要になるかもしれません。

セカンダリーにも注目

みらいワークス(6563)はセカンダリーでも注目の案件です。

初値は高騰すると思われますが、売上・利益面の成長が著しく、将来性が評価されて更に買われる可能性もあります。時価総額が18.6億円と小さい点がポイントです。

「フィンテック」向けのコンサルタントプラットフォームも展開しており、旬なテーマを抱えているのもポイント。マネーゲームになりやすい案件と言えます。

4.みらいワークス(6563)のIPO初値予想

  • IPO評価:A~S
  • 想定価格:1,590円
  • 初値予想:4,000円前後(24万前後の利益)

※仮条件の変更によって初値は変わります。

業績好調なマザーズ銘柄、更に超軽量級ということで初値高騰が期待されます。

テーマ的には最上級の人気というわけではないため、3倍の一歩手前が妥当です。
ただ、2倍は超えてくるでしょう。

ネット配分比率が高いSBI証券主幹事であり、全力参加で間違いないでしょう。

他のIPOブロガーの最新情報は? →にほんブログ村 IPO・新規公開株

Pocket