トレードワークス・ポエック・クックビズの日程と予想を総ざらい!

information

トレードワークス・ポエック・クックビズの仮条件が発表され、IPOの抽選申込が次々と開始されます。

新規上場も含め、とにかく情報が入り乱れる状況となりつつあります。
人によっては何が何だか分からないという方もいるかもしれません。

本記事では改めて、直近IPOのスケジュールと初値予想を整理しておきたいと思います。

ブックビルディング(抽選申込)の予定

  • トレードワークス 11/09 (木)~11/15 (水) 岡三証券主幹事
  • ポエック     11/16 (木)~11/15 (水) 野村證券主幹事
  • クックビズ    11/10 (金)~11/16 (木) 大和証券主幹事

IPOのスケジュールの注意点としては、野村證券のネットでのお申込みの場合、表記よりも1日早い締切となります。

基本的には1日前までの申し込みを心掛け、野村證券に関しては2日前までには済ませておくことが確実です。

IPOの仮条件

  • トレードワークス 2,000~2,200円 上方修正
  • ポエック     670~750円 上方修正
  • クックビズ    2,070~2,250円 上方修正

直近の上記IPOは全て仮条件が「上方修正」となっており、上昇が予測されます。

迷わず参加できる水準と考えられ、S級IPOも含まれるため、ダメ元でも参加しておいた方が良いでしょう。

IPOの初値予想

  • トレードワークス 5,500円 23万円の利益(予想)
  • ポエック  1,200円 4万5千円の利益(予想)
  • クックビズ 5,000円 29万3千円の利益(予想)

※初値予想は今後更新される場合があります。

仮条件決定前の初値予想となっています。
いずれにせよ、当選すれば大幅な利益が期待できると言えるでしょう。

ポエックとクックビズに関してはセカンダリーでも注目しており、当記事でも考察していますのでご参考にしてみて下さい。

IPOに関しては取捨選択も大切になる?

11月から12月にかけては、IPOがもっとも多く登場する時期になります。

全てのIPOに申し込もうとすると、慣れない限りは混乱する恐れがあります。

そのため、IPOに関しては情報を取捨選択することをおすすめします。
具体的には、

1.初値も当選も期待できないIPOには申込まない
2.初値が微妙なIPOにはあえて申込まない

初値もさほど期待できず、当選が難しいIPOはスルーするのも一つの手です。

公募割れしそうなIPOに関しても、深く考えずに参加しない選択肢もあります。

上記を意識するだけでも、作業の負担は大幅に軽減されます。
IPO以外の投資に目を向けることができ、チャンスを逃すこともありません。

私自身も実践していることであり、IPO投資家の方にはおすすめです。
あまり無理をし過ぎないことも大切ですね。

他のIPOブロガーの最新情報は? →にほんブログ村 IPO・新規公開株

Pocket