アルヒ(7198)と一家ダイニングプロジェクト(9266)のIPO初値予想

yosou2

11月に入り、12月上場のIPOが続々と登場するようになってきました。

例年より少ない状況ですが、慌ただし過ぎるよりも良いかなあと感じています。

本記事で、ご紹介するアルヒ(7198)と 一家ダイニングプロジェクト(9266)については、要となるポイントとIPO初値予想をまとめました。

アルヒ(7198)のIPO初値予想

アルヒ(7198)は、売出株式比率100%という時点で、警戒が必要なIPOになります。

吸収金額は256億円と大規模であり、需給面でも不安を残しますね。

ただPERに割高感はなく、同社が提供する「フラット35」は知名度の高く、アルヒの取扱実績は国内No.1である点は「ブル(強気)」要素です。

ipo-syokan4

11/7に最新の業績予測が発表されましたが、住宅ローンの金利が低下したことで、底堅い業績となっています。
おそらく東証1部に決まると思われますが、そうなると吸収金額としては適正な水準。

ブル(強気)とベア(弱気)が入り乱れていますが、最も注意したいのが売出株比率。
売出株比率95%以上の大型株を挙げると、

・マクロミル(3978) 公募割
・スシローグローバルホールディングス(3563) 公募割れ

と公募割れしたIPOが目立っています……。

基本は初値よりも、「初値形成後」に期待のIPOということになりますね。

内容的には良いため過去のLIXILビバ(3564)のような形で、ブル寄りの声が増えることが予想されますが、LIXILビバも公募割れしているため注意も必要。

私自身の現時点での参加スタンスは、「保留」とし、仮条件次第で参加も検討したいと考えています。

  • 抽選開始 11/28(火)~
  • 想定価格 1,340円
  • 初値予想 1.340円付近
  • 幹事団 野村證券(主幹事)、SBI証券他

※仮条件の変更で初値予想も変更されます

一家ダイニングプロジェクト(9266)のIPO初値予想

日興証券主幹事で吸収金額6.52億円の案件となっています。

売上は右肩上がりで成長し、ベンチャーキャピタルの保有はゼロと需給も良好。
需給周りは良好であり、「ブル(強気)」要素です。

一方、首都圏に出店している居酒屋「屋台屋博多劇場」「こだわりもん一家」は、過去に上場した鳥貴族などと比べるとネームバリューが乏しい印象があります。

飲食業としては割高感もあり、串カツ田中のように高PERが許容されるかどうかは微妙。株主優待の発表もなく、人気化は難しい案件となりそうです……。

全体としては強気が上回り、初値は1.5倍以内に落ちつくと予想します。

現時点での参加スタンスは「参加」としています。

  • 抽選開始 11/27 (月)~
  • 想定価格 2,250円
  • 初値予想 3,000円前後
  • 幹事団 日興証券(主幹事)、SBI証券他

※仮条件の変更で初値予想も変更されます

現状は佐川急便一択か?

12月のIPOが登場し始めましたが、目玉が少ない状況で、このままいくと佐川急便に注目が一極集中する可能性もありますね。

現時点では、佐川急便を大量取得するかどうか?だけ考えておけば問題なさそうです。

佐川急便の初値予想は下記の記事でまとめましたが、気づきがあるたびに更新していますのでチェックしてみて下さい。
SGホールディングス(9143)のIPO初値予想!

引き続き、IPOに注目していきましょう!

他のIPOブロガーの予想は? →にほんブログ村 IPO・新規公開株

Pocket