アトリエはるか(6559)のIPO初値予想!注目の名証IPOを徹底分析

haruka-ipo3

こんにちは。いよいよIPOも「12月分」の情報が入ってきました。

アトリエはるか(6559)のIPOですが、IPOとしては目新しい業種となっており、上場先も名証セントレックスとなっています。

初値は一定の期待ができそうですが、細かい分析やセカンダリー、当選確率考察など、それぞれの項目について深く踏み込んで行きたいと思います。

1.アトリエはるか(6559)のIPO日程と評価

名称:アトリエはるか
市場:名証セントレックス
想定価格:1,400円
吸収金額:0.81億円
抽選期間:2017/11/17 (金) ~ 2017/11/24 (金)
上場日:2017/12/07 (木)
事業概要:ヘアメイク・ネイル等のサロン運営及びシステム開発
業績:B
IPO評価:B~A
セカンダリー評価:B~A

2.アトリエはるか(6559)の業績

haruka-ipo4

名前からは個規模なサロンを連想される方もいるかもしれませんが、全国的に展開されたサロンであり、売上規模もかなりしっかりとしています。

2015年にで名証に上場したアートグリーン(3419)と比較しても、売上は1.5倍以上。

RERは適正ですが、全国に美容室を展開する田谷(4579)と比べると割安感があります。

3.アトリエはるか(6559)の考察

事業内容と将来性

haruka-ipo

事業内容は、メイクアップ・ヘアセット・ネイル・マツエクにまで、トータル的な美を提供するビューティーサロンを展開しています。

全国13都道府県に展開していて、サービスメニューもかなり豊富で驚かされます。
女性はもちろん、メンズ向けにもサービスを展開中。

美容室に関しては競合が激しいジャンルで知られますが、トータルビューティーサロンとなると競合性は変わってきます。

業績も右肩上がりで、上手に店舗を増やすことができれば成長が期待できますね。

ヘアセット一つとって見ても比較的リーズナブルであり、高品質で低価格なことも時流にマッチしています。

需給の考察

最も着目すべきは、0.81億円という吸収金額で名証という点を考慮しても軽量級です。

前述したアートグリーンは吸収金額3億円前後で、初値は1.5倍前後。

アトリエはるか(6559)に関しては更に軽量級なため、需給だけでも初値が上昇することが予測できますね。売出株式比率は高めですが、VCもなく需給面は問題ありません。

幹事団と当選確率の考察

  1. 岡三証券(主幹事)
  2. SBI証券
  3. SMBC日興証券
  4. マネックス証券
  5. 岡三オンライン証券

公募枚数は16,000株 と希少な数字であり、ネット抽選では穴場の岡三証券が主幹事。
当選確率は1%以下になるかと予測しています。

ただ、登場回数が少ない岡三証券主幹事ということで、チャンスがゼロではありません。

SBI証券では落選しても確実にポイントを貰えます。
少なくともSBI証券だけでも参加しておくと良いでしょう。

セカンダリー考察

セカンダリー面に注目すると一定の評価ができるIPOです。

業績も安定しており、競合としては美容院を全国展開する田谷(4579)があり、繰り返しになりますが比べてみても割安感は感じられます。

トータルビューティーサロン系はIPOとしては目新しさもありますね。

ただ、人気化するかどうかは微妙なライン。また、地方上場ということで不確定要素もある点も注意が必要です。

セカンダリー評価は、中の上であるB~A評価としました。

4.アトリエはるか(6559)のIPO初値予想

IPO評価:B~A
想定価格:1,400円
初値予想:2,500円前後

※仮条件の変更によって初値は変わります。

全国展開するだけの規模感があり、業績は比較的好調。

需給面も良好となっているため、名証セントレックスでも初値は上げてくるでしょう。

ただ、人気化するかは微妙なジャンルであるため、1.5倍以上~2倍が落とし所になる可能性があります。12月IPOの第一弾になる可能性があり、注目度も◎です。

今のところ積極参加で問題はないIPOとなります。

他のIPOブロガーの予想は? →にほんブログ村 IPO・新規公開株

Pocket