COMSA(コムサ)とは何か?仕組みを分かりやすく解説しました

comsa

仮想通貨の世界で現在話題になっているCOMSA(コムサ)ですが、コムサのことがよく分からないという人も多いと思います。

コムサとは日本最大級の仮想通貨取引所「zaif」を運営するテックビューロが発表した、ブロックチェーン技術を活用した日本発のICOプラットフォームです。

といっても、これだけではコムサが何かは分からないと思いますので、コムサとは何かを分かりやすく解説していきたいと思います。

COMSA(コムサ)とは?COMSAの意味とは?

COMSAとは「computer」のCOMと漢字の「鎖」(さ)を組み合わせた造語です。

このCOMSAとは、企業が独自の仮想通貨を発行して資金調達を行うためのICOを手助けするプラットフォームとして発表されました。

コムサの提供するICOとは何かを分かりやすく解説

comsa3

ICOとは株でいうIPOです。IPOとは未上場の企業が新規に株式を上場する際に、株式を上場することを投資家に向け発表します。

そして株主の保有している株が上場前に売りに出されますが、その企業に魅力を感じていた投資家などがその企業の株を上場前に安く購入することができるという仕組みです。

IPOは抽選方式で購入ハードルは高い

企業が上場した際に株の値が上がれば大きく利益を得ることができますので、未上場で優良な企業のIPOには大勢の投資家が参加を希望してきます。そのためIPOに参加するには抽選で当選しなければ買えない、といった条件もあります。

ICOはIPOよりもハードルが低い

一方、ICOの場合、この株の代わりに独自の仮想通貨(トークン)を発行します。

その企業に魅力を感じている投資家は株ではなく、このトークンを仮想通貨で購入することになります。その後、この企業が大きく業績を伸ばしていけば、この企業のトークンも大きく値上がりします。

その時ICOの段階でこの企業のトークンを購入していれば大きな利益が得られる、というものです。またICOの場合はIPOとは違い、希望者は誰でもICOに参加できるという仕組みになりますので、IPOよりも投資家の参加ハードルは下がります。

コムサとはこのICOを企業が簡単に行える仕組みを提供しているということです。

企業がコムサでICOを行うためには?

ICOの注意点

ICOによる資金調達は現在世界中で盛んに行われています。その理由はIPOでは厳しい審査基準を満たさなくては資金調達ができないのに対し、ICOは比較的簡単な手続きで資金調達が行えるからです。しかし逆を返せば全く価値のない企業が大風呂敷を広げてICOを行うこともできるわけです。

ICOの懸念点とリスク

そうなってくると、その広げられた風呂敷を真に受けた投資家達がこぞってその企業に投資はしたものの、蓋を開けてみればスカスカの事業計画で業績も上がるどころか下落する一方で、トークンも値下がりするだけ、という可能性も出てきますし実際に世界ではそのような事例も多々あります。

ICOは投資家の資質も問われる

しかしこれは企業だけの責任ではなく、その企業の本質を見抜けなかった投資家の責任でもあります。コムサではこのようなことがないよう、コムサを利用してICOを行おうとしている企業には厳しい基準を当てはめており、コムサでICOをするに足る企業か否かを判断しています。

現在、コムサにICO申請を行った企業のうち9割は審査落ちしているほどこの審査基準は厳しく、この厳しさが投資家にとっては安心して企業に投資が行える担保となりえます。

しかし、基準が緩いICOならばコムサを通じずとも企業が独自にICOを行えばいいとも考えられますが、企業が独自にICOを行うには基準以外の高いハードルが実はあるのです。

コムサを通じなければICOは難しい

企業が独自にICOを行うにはトークンの発行手続きから仮想通貨取引所の準備、ブロックチェーンの導入や法的問題のクリアといった、IPOのような審査基準とはまた違った別の問題をクリアしていく必要があります。

これを一つの企業が独自に行うのは非常に難しいといわざるをえません。コムサとはこのICOにかかるこれらのハードルを全てクリアした状態で企業がICOを行える環境を提供してくれるわけです。

国内におけるICOはコムサで解決可能

トークンの発行も取引所の準備もブロックチェーン技術の提供も法的整備の手伝いも、全てコムサを通じてICOを行えば解決できます。つまり企業が新たにICOを行おうと思った場合には コムサを通じた方が企業も投資家も安全、安心、分かりやすく資金調達や投資活動が行えるというわけです。

コムサトークン(CMS)にも注目が集まる

comsa5

そして日本でこのICOが盛んになればなるほどこのコムサの存在感が大きくなっていくことは容易に想像ができます。

コムサの存在感が増すほど、コムサの価値は上昇します。そしてこのコムサが話題になっているのは、コムサ自体がコムサトークン(CMSトークン)として購入可能であり、且つこの事前のセールに参加した人ボーナスとして数パーセントのCMSトークンが付与されることになっているからです。

今後コムサがさらにその価値を上げていけば、現在のトークンセール時にCMSトークンを取得していた人はより利益を上げられる可能性があることから、コムサトークンセールは大きく注目を浴びています。

コムサトークンセールに参加するには?

CMSトークンはZaif取引所で購入できるようになると言われていますが、できれば安く購入しておきたいところです。

一般投資家がこのCMSトークンをセールで手にいれるためには、現在行われているコムサトークンセールに参加してCMSトークンを入手する必要があります。では、どのようにしてこのコムサトークンセールに参加するのかを分かりやすく解説していきます。

コムサトークンセールの注意点

コムサトークン販売と同時に、本来参加予定だった企業「キャンプファイヤー」の脱退が発表され、販売サイトがサーバーダウンで固まるといった事象が発生しています。

不確定な事象も発生しており、参加をする際には充分な注意が必要な状況と言えます。
周囲の熱気に流されるのではなく、参加の是非は自分自身で決めましょう。

コムサトークンセールの流れを分かりやすく解説

まず、コムサトークンセールとはコムサ自体がICOを行なうということです。つまりコムサプロジェクトの第一弾ICOがコムサなのです。

コムサのICOであるコムサトークンセールは2017年10月2日(14:00)に開始され2017年11月6日(14:00)で終了します。この期間にコムサトークンセールに参加しCMSトークンを取得した人には、前述したように条件を満たせばさらに数パーセントのCMSトークンがボーナスとして付与されます。

コムサトークンは仮想通貨で購入可能

このCMSトークンを入手するのにUSDや円は使用できません。ICOの場合、決済通貨は仮想通貨になります。そして今回このコムサトークンセールにて使用できる仮想通貨は以下です。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XEM(ネム)
  • ZAIF(ザイフ)

この四種類が今回のコムサトークンセールで使用できる仮想通貨となりますので、参加を検討している人はこの中のどれかを事前に入手しておく必要があります。

COMSA Token Sale Dashboard にアクセスして購入する

コムサトークンセールに参加するには、コムサのページにアクセス後「ダッシュボードへの登録とログイン」という箇所があります。

そこに「新規登録」というタブがあるので、クリックしてメールアドレスとパスワードを入力すれば、ユーザー登録は完了です。こちらは一瞬で終わります。

comsa4

公式サイト

コムサ

新規登録後の流れ

その後、コムサにログインし、ICO一覧のページでコムサトークンセールを選択します。
支払いに利用する支払通貨を選択し、購入したい金額を入力して決済を行います。

その後、トークン購入履歴から購入の記録が反映されていることを確認します。

実際にCMSトークンが配布されるのはCMSトークンセール終了後の11月6日です。それまでにCMSトークンを受け取るための受取用アドレスを登録しておくことが必須です。

受取アドレス登録開始は10月中旬ですので、登録を忘れないようにしましょう。

コムサは新しいビジネスと投資をもたらす

ここまでコムサとは何か、ということについて解説していきました。コムサは企業に新しい形でのビジネスと資金取得のためのプラットフォームを提供していきます。

これにより多くの優良企業、特にこれから成長の見込まれるベンチャー企業などの参加が期待されます。実際に、「メタップスの「タイムバンク」のICO参加が新たに予定されています。

このコムサがもっと認知度を上げていき、ICOがさらに活発になっていくことにより、仮想通貨の投資の幅も広がります。それはすなわち仮想通貨の可能性を大きく広げることになります。今後、日本の経済を変えていくかもしれないICO、そしてコムサ、今後の流れに注目です。

Pocket