SKIYAKI(3995)のIPO初値予想!いちよし証券で当選期待

skiyaki3

10月で最も上がると評判のSKIYAKI(3995)のIPOについて考察してみたいと思います。

いちよし証券主幹事ですが、枚数も多い方なので、当選も充分期待できます。

そんなSKIYAKIについての分析や初値予想などのポイントをまとめました。
「当選確率」や「セカンダリー」についても一目で分かるように整理しています。

IPOの基本情報

名称:SKIYAKI
市場:東証マザーズ(3995)
想定価格:3,400円
吸収金額:16,9億円
抽選期間:2017/10/10 (火)~ 2017/10/16 (月)
上場日:2017/10/26 (木)
事業概要:ファンクラブ・ファンサイトサービスの提供
業績:A
IPO評価:A

SKIYAKI(3995)は新しいビジネスモデルに注目

SKIYAKIの事業は、ファンに関するワンストップサービスとなっています。

ここで言うファンとは、「人気アーティストのファン」という意味のfunです。

  • オフィシャルサイト
  • ファンサイト
  • ECサイト
  • チケット先行発売

全ての工程を、SKIYAKIが提供する「SKIYAKI EXTRA」というプラットフォームを利用することで、一括管理することが可能。

下記のSKIYAKIのエンジニアリーダーの密着動画を見ると、新しいテクノロジーをどう取り入れるか?について追及しており、IT関連として注目を集めそうです。

ファンビジネスの成長性は?

近年は、さまざまなニュースやSNSの台頭が起きる中で「ファンの重要性」が高まってきています。

そんな「ファン」に着目して価値を生み出しているという点で、時流にマッチした成長も期待できそうですね。

SKIYAKIのIPO初値予想のポイント!業績は右肩上がり

skiyaki2

SKIYAKI(3995)は最近になって黒字化しており、売上は業絶好調。

株主には「アミューズ」や「ビーイング」など音楽関連会社がおり、横展開のビジネスによる伸びも期待できます。

更にSKIYAKI(3995)は先端のテクノロジーを駆使する「IT関連」であり、まだ広く認知されていないことから、更に人気化するでしょう!

SKIYAKI(3995)のセカンダリー考察

SKIYAKI(3995)の現在の時価総額が67.8億円。
仮に初値が2倍になった場合は135億円になります。

前期売上は17億円と決して高い数値ではないため、時価総額は妥当な水準です。

セカンダリー投資は最近盛り上がっていますが、SKIYAKIは初値高騰した場合、初値で売るのが無難と言えそうです。

抽選申込可能な証券会社と当選確率

  • いちよし証券(主幹事)
  • SBI証券
  • 岡三証券
  • マネックス証券
  • エイチ・エス証券
  • 岡三オンライン証券(裏幹事)
  • むさし証券(裏幹事)

主幹事は「いちよし証券」ですが、枚数的には運が良ければ当選できる水準。

推定当選確率は5%前後となっています。

いちよし、岡三オンライン、むさし証券は、前金不要で申し込むことが可能です。

SKIYAKI(3995)のIPO初値予想!

SKIYAKI(3995)のIPO初値は、必要な条件が揃っていて高騰が見込まれます。

10月は他のIPOに見所がない分、パワーが集中することになるでしょう。
いちよし証券主幹事ということで、安定した初値も期待できます。

現時点での初値予想は、

  • 想定価格:3,400円
  • 仮条件価格:3,200円~3,400円
  • 初値予想:6,800円

※初値予想は変更する場合があります。

吸収金額が大きいため、2倍前後が落とし所と見ています。

ただ、最近のIPOの傾向として、直前に人気が高まる流れが主流なので、更に上を目指す可能性もあり得ます。

にほんブログ村 IPO・新規公開株 →応援頂けると更新の励みになります!

Pocket