ファンディーノの口コミを徹底調査!メリット・デメリットは何か?

fundinno-reviews

日本初の株式クラウドファンディング『ファンディーノ』ですが、新しい試みということで良く分からないという声も多いようです。

ファンディーノについては実際の口コミを見る方がイメージしやすく、今回は評判を通じてメリット・デメリットを整理してみました。

可能性を秘めたサービスでありますので、イメージをつかんでおいて損はないでしょう。基本情報は「ファンディ―ノとは」をご確認下さい。

元日本代表の鈴木啓太さんが社長の会社が話題に!

まだ一度も投資申し込みは行なっていませんが、今回は浦和レッズを引退した鈴木啓太さんが社長の会社とのこと。浦和のサポーターは投資をするのかなぁってちょっと思いましたがどうでしょう。
(出典:じゅん@投資家志望の投資日記

鈴木啓太さんは元サッカー日本代表のキャプテンを務めたことがある方です。

こちらは大きなニュースとなり、口コミでも話題を集めました。
当然ですが、こちらは即効で売り切れています。

ネームバリューがある方の参加は、自分のようなスポーツ好きにとってものすごく惹きつけられました。企業としての伸びしろもありそうですね!

購入した株の企業の人気が出たという口コミも!

購入した株の会社がクラウドファンディング大手の「キャンプファイヤー」で人気を集めるなどの事例も出ています。

上記はファッション関連の『株式会社オールユアーズ』という会社になります。

株式を購入してすぐに人気が出るのは興奮しますね。

ファンディーノのメリット

この投資のメリットは投資した企業がIPOを果たしたら、
リターンは大きくなる事も十分に有り得ます。

また、エンジェル投資対象案件なら税制優遇が有ります。
(出典:IPO新規公開株で復活の軌跡

ファンディーノはこれから大きく成長しそうな未上場の株を購入できるのがメリット。
もしも、IPO上場した場合のメリットは図り知れません。

また、エンジェル税制適用企業に投資でき、その場合は節税も可能です。
詳しくは、経済産業省の該当ページに記載されています。

株主優待を実施している企業では、優待を受けることも可能です!

株主になれば定期的なIRの確認が可能

株主になれば、細かい企業の進捗を確認することができます。

もしも本当に有望だと思えば、株を追加購入できると便利ですが、今のところはできないようです。今後取り入れて欲しいポイントです。

ファンディーのデメリット

『ファンディーノ』では基本的に株式を長期保有することを前提としており、企業が上場するまでの間は売買できる相手が一部の企業関係者から構成されるグループに限られるというリスクもあります。
(出典:フィンテ

デメリットは上場を果たさなければ投資金の価値は0円に
なる可能性も十分有り得ます。

ハイリスクハイリターン投資ですので応援したい企業に
夢を買う金額で投資するのが良いと思います。
(出典:IPO新規公開株で復活の軌跡

購入した株の価値が上がるとは限らず、口コミにあるように夢に投資するという表現が合っているかもしれません。

株式は長期投資が前提であり、あくまで余裕資金で投資するのが望ましいでしょう。
即日売り切れることがある点も注意が必要です。

ファンディ―ノの案件をパスする人の口コミ

全ての案件が魅力的であるわけではなく、パスする声も見られます。

企業の株を購入することはリスクもあり、よほど良いと思ったところでなければ買わないというスタンスの方もいます。(私もそうです)

開始したばかりのサービスで未知な部分もあり、当然の判断と言えるかもしれません。

最後にファンディーノで気になった口コミ

事前告知が便利

一時期のようにいきなり募集が開始されていて、ログインしたときには既に募集終了とはならないので、事前告知はいいですね。
(出典:じゅん@投資家志望の投資日記

審査が厳しいので注意

投資仲間で管理人の友人でもあるT氏より、メッセージ(LINE)が届きました。管理人と同じく“日本初の株式型クラウドファンディング”ということで注目していたようですが、口座開設の審査を通過することができなかったそうです。
(出典:クラウドファンディング総合比較

ファンディーノの口コミまとめ!

ファンディーノの口コミを見る限り、未知な部分があるのは事実です。

ただ、1株を非常に格安で購入できるため、企業が成長した場合のリターンは大きいことが予想されます。

2500株割当されました。1株40円が何処まで大きくなるか楽しみ。IPO前の
(出典:IPO新規公開株で復活の軌跡

まだ全貌が見えていない状況ですが、有望だと感じる企業があれば、一枚かんでおくと後々の楽しみに繋がるかもしれませんね。

Pocket