【IPO】壽屋とロードスターキャピタルとテックポイントの当落結果

touraku

こんにちは!

壽屋(7809)とロードスターキャピタル(3482)とテックポイントインク(6697)のIPO当落結果が出揃いましたので、ご報告すると共に考察してみたいと思います。

なお、PKSHA Technology(3993)は既に落選しており、背水の陣となっています。

これだけ申込んで結果はどうなったでしょうか?

壽屋(7809)の当落結果

落選

補欠にさえかすることなく落選しました。

壽屋(7809)は売上は緩やかな右肩上がりで、仮条件も上方修正された優良IPO。
単独上場でベンチャーキャピタルもいないため、需給も良好。

初値は安定した上昇が見込まれるでしょう。

一方、直近の業績は頭打ちで、今後は海外需要をどれだけ高められるか?が課題。

業績は予測が立てにくく、初値売りが手堅いIPOになりますね。

ロードスターキャピタル(3482)の当落結果

落選

ロードスターキャピタルも落選。
相性が悪いのか、みずほ証券で当選の文字を見たことは殆どありません。

ロードスターキャピタルですが、単独上場でベンチャーキャピタルなしと需給良好。
業績も右肩上がりで、PERも10%台と適性な水準。

注目したいのはロードスターキャピタルは単なる不動産業ではないという点です。

フィンテック関連としては割安感ありか?

具体的には「投資型クラウドファンディング」を手掛けており、そちらの業績寄与度はまだ少なく、これからの成長余地があると考えられます。

投資型クラウドファンディングは、「フィンテック関連」です。フィンテック関連として考えた場合、ロードスターキャピタルは割安と言えるかもしれません。

今後、フィンテック分野の売上の伸びが伸長してきた場合、化ける可能性を秘めたIPOになる可能性があります。

テックポイントインク(6697)の当落結果

落選(補欠)

当選報告が見られるテックポイントですが、とにかくみずほ証券は当たりません。
そんな自分でも補欠でしたので、当選者は一定数出たと思われます。

テックポイントインクは外国株上場ということで、初値は賛否両論あります。
加えてテーマは不人気の半導体です。

テックポイントインクはプラスの要素も多い

初値は非常に予測が難しいですが、売出はゼロ、小~中規模、業績好調という点は追い風になります。公募価格も仮条件の上限で決定している点も注目です。

全体を通してみればメリットの方が上回っているという印象を受けます。

ただ三社同時上場となり、外国株の上場と、不確定要素もありますので初値はディテールに左右されるでしょう。

現状は好地合いがt続いてくれれば、初値も期待できるでしょう。

壽屋とロードスターキャピタルとテックポイントの当落結果のまとめ

最低限、一つは当選が欲しいところでしたが、全滅でした。

当たりやすいIPOにおいて全滅だったダメ―ジは深いものがあります。
ただ、当選報告は見られますので、IPO自体はまだまだ可能性がありますね。

決して当選している人ばかりではない

落選された方も多いと思いますので、全滅報告をすることで少しでも癒される方がいれば幸いです。

IPOブログやSNSなどを見ていると当選している人ばかり、と思われるかもしれません。
しかし、当方のようにまったく当たっていない人が殆どです。

IPOの落選は重く受け止めずに、コツコツ続けていきましょう。

にほんブログ村 IPO・新規公開株 →応援頂けると励みになります。

インベスター
当選の期待できるIPOで連続落選となると気分が沈みましたが、しっかり受けて止めて次に進みたいと思います。
Pocket