PKSHA Technology(3993)のIPO初値予想!日興証券主幹事

pksha-ipo

PKSHA Technology(3993)のIPOが新規上場承認がされました。
枚数が多く、テーマ性の高い新興株ということで、投資妙味のある案件となっています。

日興証券で当選期待が充分にできますが、公募割れするかどうか微妙なラインでもあり、IPO初値予想が極めて重要となります。

このページでは参加を検討する方に向けてIPO初値予想の徹底検証を行っていきます。

PKSHA Technology(3993)のIPO基本情報

名称:PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)
市場:東証マザーズ
コード:3993
想定価格:1,690円
吸収金額:49.9億円
抽選期間:2017/09/06 (水)~ 2017/09/12 (火)
上場日:2017/09/22 (金)
事業概要:機械学習技術などを利用したアルゴリズムの開発およびライセンス提供
業績:A
IPO評価:A

PKSHA Technology(3993)のIPO初値の評価ポイント

PKSHA Technology(3993)の特徴を一言で言えば人口知能と言うことになります。
テーマ性としては申し分がないレベルです。

加えてマザーズに上場する新興株ということで、通常であれば高騰が期待されます。

一方で吸収金額49.9億円は、通常であれば公募割れする可能性が高い規模感です。

過去の例で考えても、この規模間で高騰したIPOというのは、あまりありません。
ただ、例外はありますのでご紹介します。

吸収金額が大きくてIPO初値が上がった前例

インベスター
吸収金額が大きくても高騰したIPOは過去にいくつか存在します。これらを分析していきましょう。

1.みんなのウェディング(吸収金額43.9億円)

公開価格2,800円→初値3,560円

2.サイバーダイン(吸収金額65.3億円)

公開価格3,700円→初値8,510円

3.シリコンスタジオ(吸収金額30.9億円)

公開価格4,900円→初値9,900円

上記を見ても分かる通り、吸収金額が大きくても初値が高騰する前例はあります。

みんなのウェディングは吸収金額が大きいものの、それなり上昇しています。
故に、よりテーマ性の高いPKSHA Technologyが上がる可能性はありますね。

サイバーダインのように吸収金額が60億円超えでも、テーマ性と人気があれば2倍以上になった前例もあります。

PKSHA Technology(3993)のIPO初値を考える上で、「人口知能」というテーマは人気化が予想されますので、一定の上昇が期待できることが予測できます。

PKSHA Technology(3993)のIPO初値予想を左右する需給について

PKSHA Technology(3993)は人気とテーマ性があることは分かりましたが、初値予想を左右する需給はどうでしょうか。

先ほど分析した吸収金額を除くと、資金調達は公募のみとなっており、ストックオプションも少なく、ベンチャーキャピタルも存在していません。

日程もよく、夏枯れ相場を終えた買いが集まりやすい時期の上場となります。

つまり、吸収金額さえ除けば需給も良好と言うことができるでしょう。

PKSHA Technology(3993)のIPO初値予想する上での業績

PKSHA Technology(3993)の業績については、売上も利益も成長性を感じさせる右肩上がりとなっています。

pksha-ipo2

非常に伸び率が高い半面、まだ実績としては乏しいので、この先どうなるのか読めない部分はあります。PERも非常に高いため、成長性に陰りが見られれば売られる可能性は高いでしょう。

ただ、IPOの初値予想の観点では特にこれらについては問題ありません。

IPO上場の段階では、成長性が期待される状況なので、やはり「買い」が集まりやすい状況と言えるでしょう。

主幹事の日興証券からの参加は必須

PKSHA Technology(3993)のIPOに関しては、日興証券が主幹事となっています。

当選確率的には期待できるIPOであり、日興証券からの参加は必須と言えるでしょう。

日興証券以外で目を向けるべき証券会社としては、以下の通りです。

  • SBI證券
  • マネックス証券
  • 大和証券
  • 三菱UFJモルガンスタンレー証券
  • いちよし証券
  • 岡三証券

PKSHA Technology(3993)は枚数の多いIPOとなりますので、上記の副幹事から参加をしても充分に当選の期待が持てます。

その意味では今のうちから、戦略を立てておく必要があるでしょう。

いずれにせよ、参加するのではれば日興証券からの参加は必須となります。

PKSHA Technology(3993)のIPO初値予想まとめ

PKSHA Technology(3993)のIPOについては、吸収金額が非常に大きいことから敬遠される方もいるかもしれません。

この規模間では流れ次第では公募割れの可能性もゼロではありません。しかし、一つ一つを見ていけば、上昇が期待しやすいIPOであることが分かるかと思います。

全体を考慮した上での、PKSHA Technology(3993)のIPO初値は以下の通りです。

    • 想定価格:1,690円
    • 仮条件価格:1,700~2,400円(9/8更新)
    • IPO初値予想:2,700円 4,000円~4,500円(9/8更新) 5,000円(9/21更新)

※仮条件の変更によって初値予想が変わることがあります。

過去の前例などを考慮した結果、一定の上昇が見込めると予想します。
仮条件が上方修正されれば、直前で人気化してさらなる高騰も有り得ます。

仮条件は大幅に上方修正されましたので初値も期待できる展開になりました。(9/8)

仮条件の上限に決定した場合、吸収金額は更に大きくなります。
しかし、地合いさえ落ちついてくれば、更なる意外高も期待できるでしょう。

インベスター
パークシャテクノロジーの正確な初値予想をするためには、仮条件の確認が必要になります。発表され次第すぐにIPO初値予想も変更するので、ご確認下さい。
Pocket