ニーズウェル(3992)のIPO初値予想!みずほ証券主幹事

Pocket

needswell

ニーズウェル(3992)が新規上場承認されましたので、初値予想を行いたいと思います。

IT系で業績好調のIPOということで注目が集まります。
みずほ証券主幹事で当選すればしっかりとした利益が期待できるでしょう。

気になる点がいくつかあり、掘り下げて考察していきたいと思います。

ニーズウェル(3992)のIPO基本情報

市場:東証マザーズ
想定価格:1,590円
吸収金額:6.39億円
抽選期間:2017/08/30 (水)~ 2017/09/05 (火)
上場日:2017/09/20 (水)
事業概要:システム開発、ITシステム基盤となるサーバ等ハードウェアの環境設計を行う
業績:A
IPO評価:A

ニーズウェル(3992)のIPO考察!

1986年(昭和61年)10月に設立ということでオールド企業になります。

事業内容は大きく分けて3つ。

  1. 業務系システム開発
  2. 基盤構築
  3. 組込系開発

システム開発を主とし、ITシステムの基盤となるサーバ等ハードウェアの環境設計を行っていることが特徴です。

こうした技術寄りのオールド系の企業の上場は過去にも野村主幹事で良くありましたが、他と異なる点は業績が絶好調という点になります。

手放しに安心できる状況ではないものの、昨今の景気回復による家計・企業の支出の向上に準ずる形で、業績も資産も右肩上がりとなっています。

needswell

加えて、業績を掘り下げていきますと、クラウドサービスやビックデータ、フィンテックといった新しいITの流れが生まれる中で、ITへの投信案件が増えてきており、増収増益へと繋がっています。

つまり外的環境による所も大きいのですが、その波に乗ってしっかりとした経営をしている企業と言うことができると思います。

ニーズウェル(3992)のIPO初値予想のポイント

まず、非常に経営基盤がしっかりしており、業績も好調となっています。
加えて、PER(割安指標)を見ても、割安な部類に属します。

元々システム系企業のPERは、それほど高くありませんが、成長率を加味すればIPOとして高く評価できます。

売出株比率が高いのが難点ですが、ベンチャーキャピタルもいませんので、売り圧力も少なく、IPO初値は高騰が期待できるレベルになります。

ニーズウェル(3992)のIPOで特に注目したいのは30.9億円という時価総額の低さ。

オールド系で業績を伸ばしている企業としては、極めて低い数字と言えます。

前述しているとおり、ニーズウェルは経営手腕も評価できるIPOです。
時価総額の観点から考えても、初値かセカンダリーで高騰するのは確実でしょう。

ニーズウェル(3992)のIPO幹事団の考察

  1. みずほ証券(主幹事)
  2. SBI証券SMBC日興証券
  3. 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
  4. マネックス証券
  5. エース証券

主幹事はみずほ証券となっています。

みずほ証券は有望IPOであっても毎回、少ないながらも当選報告は見られます。
その意味では、運に恵まれれば当選も期待できるといった水準ですね。

副幹事に目をやると、参加しておいて損はない証券会社がずらりと並びます。

ポイントが貰えるSBI証券、当選報告が目立つモルガンスタンレー証券、抽選倍率が分かる日興証券からも、余裕があれば参加する感じでしょうか。

マネックス証券も完全平等抽選なので、参加するのも良いと思います。

ニーズウェル(3992)のIPO初値予想のまとめ

ニーズウェルは過去の野村主幹事に多いシステム系の企業といった趣がありますが、業績好調で需給も良好となっています。

一方でオールド系企業ということで地味な印象も否めず、一部では過小評価される可能性もあります。その意味でも上場後にも注目ですね。

現在の時価総額は低く見積もられていますので、正当な評価が得られない場合はセカンダリーにも注目です。

初値は2倍以上を目指す展開が妥当であり、後は市場環境との兼ね合いになります。

  • 想定価格:1,590円
  • 初値予想:3,200円

※仮条件の変更で初値予想は変更する場合があります。

IPO評価としてはA級で、初値予想は据え置きで2倍前後としました。

急成長企業というより、オールド系企業の印象が強く、手堅い上昇が予想されます。
売出株式比率が半数近くある点だけは注意が必要です。

ただ、現段階の時価総額が30.9億円であることを考慮すると、長期的には更に上も目指せる可能性もあります。

初値予想は据え置きで2倍としましたが、流れ次第ではもう少し上も目指せるはずです。

ニーズウェル(3992)の経営手腕は、どこかのタイミングで話題になるでしょう。
IPOとしては全力参加で間違いありません。

インベスター
ニーズウェルは業績の良さと経営手腕に注目です。
Pocket