コインチェックのアプリの使い方を解説!利用方法から注意点まで

coincheck-app1

コインチェック(coincheck)のアプリの使い方について余すことなくまとめました。

仮想通貨は非常にハードルの高い投資のように感じられますが、実はアプリひとつで簡単に取引することができます。

中でもコインチェックのアプリは、使いやすさと分かりやすさで高い支持を集めており、初心者でも安心して利用することができます。

そこで本ページでは基本的な利用方法から、注意事項まで解説しています。

※コインチェックのアプリにログインできないという声が増えています。
 対処法を最後に明記していますので併せてご確認下さい。

コインチェックはパソコンでもアプリでも利用できる

coincheck-app4

コインチェック最大の特徴は、数ある取引所の中でも最も操作が簡単で、いつでも好きな時に利用できるという点になります。

パソコンはもちろんアプリでの利用も可能で、簡単にダウンロードできます。

基本はどんなスマホの機種でも利用でき、「ビットコインウォレット coincheck」というアプリをアプリストアから選んでダウンロードをするだけです。

なお、アプリを利用するためには、まずコインチェックのアカウントを作成し、その後にダウンロードをする流れとなります。
アカウントの開設方法は、下記で解説していますのでご確認下さい。
コインチェックの始め方

コインチェックアプリでの売買方法を解説

コインチェックアプリは、初心者にも分かりやすい非常にシンプルで操作しやすいシステムになっています。

チャートなども見やすいので活用しやすく、投資アプリとしては信じられないほどのシンプルさを実現していながら機能面でも申し分ありません。

もし、スマホをお持ちの場合は、アプリを利用する方がより簡単にできます。

ビットコインの買い方の流れ

コインチェックアプリでの買い方は非常に簡単です。

利用するには、まずアカウントを作成して、それからアプリをダウンロードしましょう。
その後、入金を済ませれば準備完了です。

コインチェックアプリにログインすると下記の画像のようなホーム画面が出ます。

ホーム画面には「コイン購入」という項目があり、そこをタップします。

coincheck-app3

次に表示される画面で、自分が購入したい必要枚数数を入力しましょう。
それに応じた日本円が示されるので、必ず金額を確認したうえで購入ボタンを押せば購入手続きは完了します。

coincheck-app2

ビットコインに関しては上記の方法で驚くほど簡単に購入できます。

コインチェックアプリはアップデートで画面構成が変わることがありますので、その点は注意しましょう。

ビットコインの売買に限らず、全ての工程において直感的に分かるようになっているので安心して進められます。

ビットコインの売り方

ビットコインを売却して日本円にする売り方としては、購入時と同じようにホーム画面にある「コイン売却」という項目を選び、売却したい数量を入力して売却確定アイコンをタップしましょう。

これで売却手続きは完了し、日本円を得ることができます。

基本的にはホーム画面の項目から選べば良く、チャートの項目からでも売買の手続きをすることもできます。

指値はアプリではなく通常のサービスで可能

指値はアプリではなく通常サービス内の「coincheck tradeview」の項目で可能です。

指値のやり方は入力箇所に自分が希望する価格を入力するだけなので簡単です。
慣れるまでは混乱する恐れもあるので慎重に行いましょう。

「coincheck tradeview」は逆指値も利用でき、上級者におすすめです。
アプリでは利用できないため、通常のコインチェックで利用するようにしましょう。

インベスター
コインチェックのアプリでは、細かい注文はできないので注意しましょう。

コインチェックのアプリの2段階認証の使い方

コインチェックのアプリでログインする際、2段階認証を利用することができます。

セキュリティを強化するためには必ず設定しておいた方が良いのですが、設定方法も簡単なのでできるだけ設定しておきましょう。

なお、2段階認証の設定はアプリではできないので注意しましょう。

『Google Authenticator』をダウンロードすればOK

2段階認証を可能にするためには、まず専用アプリの「Google Authenticator」を別途ダウンロードをしておく必要があります。こちらを先に済ませておいて下さい。

2段階認証の設定方法

準備が出来たらコインチェックにログインし、ホーム画面内の「二段階認証」を選び、さらに「Setting」をクリックするとQRコードが表示されます。

スマホでQRコードを読み取ると六桁のパスコードが表示されるので、これを先ほどのコインチェックの2段階認証の画面で入力すれば設定は完了です。

2段階認証を利用したアプリへのログインの流れ

使い方の流れは以下の通りです。

1.コインチェックアプリにログインする。

2.二段階認証コードの入力が求められる。

3.専用アプリ「Google Authenticator」を立ち上げる。

4.そこで表示される認証コードをログイン画面で入力する。

設定も使い方も簡単なので、セキュリティが心配な場合は必ずしましょう。

2段階認証は必ずやっておきましょう

コインチェックは大切な資金を管理する重要なツールなので、万が一にもハッキングや乗っ取りの被害に合わないように対策しておくことが大切です。

コインチェックのアプリの使い方の補足事項

ログインできない理由と対処法

コインチェックではログインができないという声が良く聞かれます。

その原因を突き詰めていくと、システム的なエラーを除くと2段階認証を利用している方に起きていることが殆どのようです。

なぜ2段階認証を利用しているとアプリでログインできないのか?

これは、ログイン時に認証コードを入力する必要がありますが、僅かな時間で認証コードが変化していくためだと考えられます。

そのため、認証コードを入力したつもりがエラーが表示されるケースが増えています。
認証コードを確認したら、とにかくすぐに入力してみて下さい。

ダウンロードできない理由と対処法

コインチェックのアプリは基本的には全てのスマホで利用できるのですが、稀にダウンロードできない場合もあります。

この場合、その機種のOS(iOS・アンドロイド)に応じたアプリストアを利用しているか、電波状況は良好かなどを確認するようにしましょう。

どうしてもダウンロードできない場合は、メールで問い合わせしましょう。

コインチェックのアプリでできないこと

通常のコインチェックのサービスでは利用できても、アプリではできないことがいくつか存在します。改めてまとめておきますので、注意しておきましょう。

・指値や逆指値などの細かい注文
・2段階認証の設定
・出金はiOSアプリから可能だが、Androidアプリはできない。(2017年7月25日時点)

コインチェックのアプリは補佐的に使うのがおすすめ

コインチェックのアプリはシンプルで、非常に分かりやすいのが特徴です。

一方で今回ご紹介した通り、指値など細かい注文はできないこともあります。
基本的には通常のサービスを利用して、アプリは補佐的に利用するのがおすすめです。

アプリはとにかく簡単にできるので、外出先などで利用する際にも最適です。

コインチェックのアカウントを作れば、アプリも利用できるようになりますので、今すぐ始めてみましょう。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
インベスター
コインチェックのアプリはとにかく簡単で分かりやすいので、補佐的に利用されるのがおすすめです。