太陽光発電投資のリスクとデメリット!失敗を避けるポイントは?

solar power-risk1

太陽光発電投資のリスクとデメリットについてまとめました。

今では不動産投資と並び、人気の投資となっていますが、失敗しないためには、あらかじめあらゆるリスクとデメリットを想定しておくことが大切になります。

今回はあえて、代表的なリスクやデメリットを洗い出し、対策をまとめましたので太陽光発電投資をお考えの方は、ぜひ最後まで目を通してみて下さい。

インベスター
最後の方ではより具体的なリスク対策もご紹介しています。

太陽光発電投資で考えられるリスクや失敗例のまとめ!

太陽光発電投資は上手く行えばメリットがある投資ですが、大きく3種類のリスクが伴うことを忘れないようにしましょう。

天候リスク

まず挙げられるのが天候によるものです。曇りや雨の日が多いと想定通りの発電量を得られず、利回りが低下します。

天気は人の力で左右できません。例えば台風が多く発生した年は利益が下がるのです。
こうした外的環境に左右されてしまうのは太陽光発電投資のデメリットです。

破損とメンテナンス

また、太陽光パネルが破損する可能性もあります。精密機器であるため経年劣化に加えて性能が落ちたり、地震や火事などの災害によって利益を回収する前に壊れてしまうこともあることを忘れてはいけません。

制度の変更

電力買い取りについての制度が変更されることも考えておく必要があります。
固定価格買い取り単価が現在よりも下がることが無いとは言い切れず、投資をする前に考慮しておくべきだと言えます。

インベスター
代表的なリスクはこの3つ。後で詳しく解説しますが、これらについては対策することができます。

太陽光発電で起こりがちな失敗例

太陽光発電投資の失敗例は、先に挙げたリスク以外にも存在します。

例えば、太陽光パネルそのものではなくパネルを支える架台が破損してしまい、出費を強いられるというものがあります。さらに、太陽光パネルを設置してから周囲に建物ができてしまったという事例もあります。

予期せぬトラブルも起こりやすく、事前に注意をしておきましょう。

太陽光発電投資のメリットとデメリットを比較

solar power-risk4

太陽光発電投資のメリットとして真っ先に挙げられるのは、利回りが高いことです。

常に売買を行うのではなく最初に投資をしたあとは不労所得が得られるという投資には投資信託や不動産投資がありますが、それらの利回りは3パーセントから5パーセント程度であることが一般的です。

しかし、太陽光発電投資の利回りは7パーセントから10パーセント程度という高い数字になっていて、投資効率が非常に良いという特徴があります。

土地を選んでリスクを減らすことができる

また、事業者によっては太陽光発電を行う土地を選べることもあります。

頻繁に様子を見るなら自宅から近い土地の発電設備に投資し、極力リスクを抑えたいのであれば天候の変化が少ない土地の発電設備に投資するなど、選択の幅があるのです。

太陽光発電投資のデメリットは何?

デメリットは将来の不透明性に集約されます。

太陽光発電投資はまだ運用が始まったばかりで、電力の固定価格買い取り制度が終了した後の売電価格や、太陽光パネルの維持コストなどによっては予想利回りを下回ることがあるという点は考慮しなければなりません。

メリットとしては利回りが高く、デメリットとしては不確定要素が多いと言えます。

インベスター
投資家の裁量次第で、メリットが大きく上回ることも充分可能でしょう。

リスクとデメリットの具体的な対処方法

solar power-risk2

リスクやデメリットはあらゆる投資に伴います。

しかし、太陽光発電においても、様々な方法で対処することが可能です。

気象リスクの対処法

リスクとして目立つのは天候による発電量の不足ですが、過去の気象データから台風が多く上陸する地域や雪が降り積もる豪雪地域は判断できます。

天候不順が少ない地域の土地に投資することで天候によるダメージを抑えられます。

さらに、「自然災害保険」や「売電補償」といった制度を利用することができれば天候不順によって発電量が減っても金銭的なダメージを減らせます。

破損リスクの対処法

太陽光パネルの破損については、メンテナンスを頻繁に行うことで発電が行えなくなるほどの破損を防ぐことができます。放置せずにキチンとメンテナンスすることで、大きな破損リスクは低下します。

制度の変更リスク

デメリットとして挙げられる将来の不透明性については、資本を一つの太陽光発電投資に一極集中せずに、投資期間を変えて投資すれば柔軟に対応することが可能です。

集中投資ではなく分散投資の1つとして捉えれば、制度変更などにも柔軟に対応できます。
また、長期投資だけではなく中期投資も意識することで、確実に利益を回収しながら太陽光発電投資を続けられるのです。

失敗ためのポイントは事前の準備

太陽光発電投資におけるリスクやデメリットの多くは、事前の準備で回避できます。

様々なリスクはありますが予め想定して準備さえできれば、デメリットよりメリットの方が上回ります。きちんと運営できるのであれば狙い目と言えるでしょう。

太陽光発電投資は土地付き投資物件を選ぶのがおすすめ

solar power-risk

太陽光発電投資は様々な案件がありますが、土地付きの投資物件がおすすめです。

土地付き物件は土地を所有していなくても太陽光発電への投資を行うことが可能なため、株式投資や為替投資と同じように手軽に始めることが可能です。

投資を行うまでのプロセスが短縮され、余裕資金を持てあます期間が短くなります。

また、発電設備に加えて土地という観点で投資物件を選べるので、天候リスクを考慮したり日照時間が長い場所を探すといった投資家の知識と意欲によってさらなる高利回りを追求することができるのです。

土地付き投資物件はタイナビ発電所の利用がベスト

太陽光発電投資で土地付き投資物件を選ぶのであれば、タイナビ発電所がおすすめです。
掲載されている案件の数が多く、所在地や販売価格、想定利回りが一覧表示されているため自分に合う物件を探しやすいのです。

また、太陽光発電に関するセミナーを頻繁に開催していて、必要な知識を得たり、陥り易い失敗を回避することができます。

タイナビ発電所については、タイナビ発電所の評価・評判の記事を保存しておくと非常に便利ですよ。

インベスター
太陽光発電投資の未経験者の方は、タイナビ発電所で色々と勉強しておくと良いでしょう。無料でご利用できます。

ブームは過ぎたは本当?太陽光発電投資が狙い目な理由

売電制度が始まってから数年が経ち、当初は新築物件には太陽光パネルを設置することが当たり前という風潮もあるほど活発だった太陽光発電投資も近年はメディアで話題になることも少なくなってきました。

そのため既にブームは過ぎたと言われることもありますが、確かに現在はブームと呼ばれるほど太陽光発電に投資する人が多いわけではありません。

一過性の流行は終わった

しかし、それは流行に乗せられて投資をしていた人がいなくなっただけであり、太陽光発電投資のメリットが失われたり、デメリットが増えたわけではないのです。

一過性の流行が終わったことでネガティブな声も増えましたが、投資を行う人数が少なくなれば投資物件の価格は下がります。

そのため、真剣に太陽光発電投資で利益を上げたいと考えている人にとっては今の時期が逆に狙い目ということもできます。

ブームが過ぎたことでデメリットが指摘される半面、投資物件の価格が下がったことで必要な投資資金が少なくなるなど、メリットも出ているのです。

インベスター
投資全般に言えることですがブームが去ることは悪いことではありません。真剣に取り組みたい人にとっては良い環境と言えます。

好利回り!ソーシャルレンディングの比較

ソーシャルレンディングは仮想通貨と共に、2017年最注目の高利回り投資です。少額投資とリスクコントロールも可能であり、いち早く抑えておく価値があります。