ビーブレイクシステムズ(3986)のIPO初値結果!下半期は好発進

IPO下半期の第一弾として大きな注目を集めていたビーブレイクシステムズ(3986)の初値結果が出ました。

気になるIPO初値結果は、

公開価格:1,670円

初値結果:7,700円

と4倍を超える大幅な上昇となりました。当選された方はおめでとうございます!

夏のサラリーマンのボーナスもビックリな、1銘柄だけで大幅な利益となっています。
2017年のIPOの好地合いはまだまだ続きそうです。

ビーブレイクシステムズのIPO初値結果の考察

hatune-kekka

テーマ的にも日程的にも注目が集まりやすく、大方の予想通り2日目に初値形成。

しかし、当初から4倍を超える値上がりを予想していた方は少ないでしょう。
もはや異常と言えるくらい、IPOにお金が流れてきています。

もちろん、こうした流れについては2017年のIPO予想で既に指摘していますが、それにしても恐ろしいほど「強い」状況です

ただ、注意したいのは、IPOが好調なのはあくまで「新興銘柄」であって、東証1部や2部ではありません。この点は抑えておきましょう。

ビーブレイクシステムズのIPOセカンダリー考察

second

時価総額の観点で、セカンダリーの好機であったビーブレイクシステムズ(3986)でしたが、4倍以上に暴騰してしまったため、入り込む余地がありませんでした。

3倍以下ならチャンスと書いてきましたが、流石にそこで買えるほど甘くない状況。

今後もこの流れは続くので、セカンダリーを狙う場合は「人気IPO」以外から攻める戦略を立てざる得ない状況です。

こちらは、初値形成直後のビーブレイクシステムズの値動き。

tyokugo-ipo
(出典:ヤフーファイナンス

初値で爆上げしてしまうと、下がることもあるので要注意です。

ただ、投資家の「買い」のエネルギーは相当溜まっているので、今後もセカンダリー投資はかなり狙い目になってくることは間違いありません。

全体のまとめ

2017年からIPOの強い流れが続きていますが、もはや異常とも言えるような動きを見せ始めており、ただただ驚くばかりです。

新興市場にお金が流れてきているので、過小評価されているようなIPOでも充分に期待できるでしょう。今年の夏は間違いなく熱くなりますよ!

これから注目のIPOは?

基本的に全てが注目と言えるほど、下半期のIPOは粒揃いで熱い!です。

その中でも初値が期待できる新興株は、

  1. ディーエムソリューションズ(6549)
  2. エコモット(3987)
  3. Fringe81(6550)

当選が期待できる新興株は、

  1. GameWith(6552)
  2. ソウルドアウト(6553)

となります。私のようなIPO落選マンは、GameWith(6552)に期待しています。

いざなみ景気を超える状況の到来か?

株にしろIPOにしろ仮想通貨にしろ、どんどん投資にお金が流れ、日本の景気も明らかに上向いています。

こういう時は、とにかく様々な角度からチャンスがやってくるものです。

私自身もツイッターで「気づき」を発信しているので、チェックしてみて下さい。
IPOは現実的に当選できそうなものも出ており、全力で戦略を立てましょう。

人気のないIPOほど狙い目なことも多く、ネット上の所感に惑わされずに、地味なものもしっかり拾って利益に繋げる意識も大切ですよ。

地合いが暗転しても、新興IPOは影響軽微であり、投資に関してはIPOを引き続き追いかけていくスタンスで間違いないでしょう。