GameWith(6552)のIPO初値予想!事前評価は低いがどうなる!?

gamewith-1

GameWith(6552)のIPOですがほぼ売出で、3社同時上場といった条件が重なり、事前評価は低い状況となっています。

確かに翌日持ち越しにならずに初値をつけるイメージはあります。ただ、IPOのテーマ的にはドストライクで、業績が好調な点は見逃せません。

なかなか読みにくいですが、IPO初値はどのくらいになるでしょうか??
深く潜って予想してみたいと思います!

GameWith(6552)のIPOと情報と初値評価

市場:東証マザーズ
想定価格:1,720円
吸収金額:14.5億円
抽選期間:2017/06/15 (木) ~2017/06/21 (水)
上場日:2017/06/30 (金)
事業概要:ゲームに関する総合メディア・コミュニティの開発・運営
業績:A
IPO評価:B~A

事前の大手予想の評価などを見ると平均でB評価といった感じです。

吸収金額も大きく、ほぼ全てが「売出」なので評価は妥当と言えそうです。ただ、当ブログではB~Aと含みを持たせています。その辺りの理由については下記をご確認下さい。

GameWith(6552)のIPOとしての需給面は厳しい

初値予想で最も大事になる「需給」は非常に厳しいものとなっています。

吸収金額は14.5億円と許容の範囲ですが、ほぼ売出で3社同時上場というのが痛いです。これで2倍、3倍というのは正直期待できない部分はあります。

ただ、企業本来の価値とは異なる部分で初値が押し下げられる可能性があり「GameWith(6552)のIPOに注目する理由」で書いた通り、ある意味では最も注目する価値があると考えています。

IPOでは人気の高いゲーム関連!業績も好調

GameWith(6552)のIPO初値評価をB~Aと含みを持たせたのは、強烈なストロングポイントがあるからです。

事業的にはソーシャルゲーム情報一本に特化とリスク面に不安は残りますが、業績は絶好調となっています。

何よりも注目して欲しいのが「利益の伸び率」です。

gamewith-rieki

成長企業で多いのが「売上絶好調」「利益はマチマチ」というパターン。

しかし、GameWith(6552)は経常利益の伸び率も素晴らしいです。

これは、いかに経費をかけずに効率良く経営できているかがよく分かります。

ゲーム関連IPOは前評判が悪く、公募割れ濃厚とされたgumiも公募割れしていません。それくらい市場ではゲーム関連株は人気があります。

GameWit(6552)については赤字でもなく、業績は絶好調。テーマ性、話題性、成長性に優れています。これは絶対に見逃せないポイントになります。

GameWith(6552)のIPO初値予想はどうなる?

GameWith(6552)に関しては、デメリットとメリットがぶつかり合って初値を形成することになります。

ただ、初値という観点ではほぼ売出案件なので不利になるでしょう。ただし、強力なストロングポイントがあるので、現時点での市場評価よりは上がるとみています。

GameWith(6552)のIPO初値予想は

  • 想定価格:1,720円
  • 初値予想:3,000円

※仮条件の変更に併せて初値予想が変更する場合があります。

需給を考えるとどうしても2倍は難しい印象を受けます。

ただし、繰り返しになりますがテーマ性、話題性、成長性は目を見張るものがあります。
事前評価は低いIPOですが、地合いも含め奮闘する可能性は充分にあります。

何よりも当選しやすく、セカンダリーに関しても注目と言えることになると思います。
IPO初値的には評価されていませんが、個人的には監視していきます。

GameWith(6552)のIPO幹事団

・大和証券(主幹事)
SBI証券
・SMBC日興証券
・みずほ証券
・岡三証券
・東海東京証券
・いちよし証券

主幹事の大和証券をベースに、SBI証券でもチャンスはあると思います。

余裕があれば攻めたいところですが、大和証券とポイントが貰えるSBI証券からの申込みで充分と言えるでしょう。何としても当てたいところです。

●IPOブロガーの最新情報はこちら→ブログ村 IPO・新規公開株