Pocket

新しい資産運用の手段として注目を集めているのがロボアドバイザーです。

このページはそもそもロボアドバイザーとは何か?
どのような特徴があり、どんなメリット・デメリットがあるのか?

知っておくと役立つ情報を分かりやすく整理しました。

ロボアドバイザーとは何か?

robo-advisor1

ロボアドバイザーとは、コンピューターのプログラムを利用し資産運用を行うサービスです。

投資信託の一種ですが、コンピューターのメリットを最大限に活かして行われる点が最大の特徴になります。

投資信託はファンドなど投資する先の選択が最大のポイントです。できるだけ利回りがよく、高い収益を期待できる投資先を選ぶだけでなく、万一でも貸し倒れなどのリスクがないよう、安全性も考慮した判断が求められます。

それだけに初心者は手を出しづらい面もありますが、投資につきまとう悩みをコンピューターに一任することによって解決できるのがロボアドバイザーです。

ロボアドバイザーの利用が向いている人

ロボアドバイザーは資産運用にあまり詳しくない方、はじめて投資信託を行う方に向いているのはもちろん、仕事が忙しくて日ごろ経済や市場の動向を確認している時間がもてない、という方にも適しています。

資産運用には膨大な情報量と選択、運用が求められますが、ロボアドバイザーであれば全てを効率化できます。しかも、パソコンかスマートフォンさえあれば実現します。

ロボアドバイザーの特徴!どんなことができるのか?

robo-advisor2

ロボアドバイザーの最大のメリットは目標さえ設定すれば、その目標に併せて資産運用を最適化してくれる点です。

本来するべき情報収集や、情報の取捨選択、わざわざ銀行や証券会社に足を運ぶ必要もありません。スマホを利用すれば外出中でも情報をチェックし、手間をかけずに管理できます。

自分の目標さえ設定できれば、後は全て自動化されます。

ロボアドバイザーの人口知能とは?

ロボアドバイザーとは?という問いにはもう一つ、人工知能という単語がキーワードです。

ロボアドバイザーには人口知能が搭載されていますが、「リスクを最小限に抑えたい」「利回りを最優先したい」といった投資方針に合わせて運用モデルの提示し、常に利用者に寄り添って活躍してくれます。

「コンピューターに大事な資産運用を任せて大丈夫?」と不安を感じる方も多いと思いますが、非常に高度な性能と膨大なデータを搭載したプログラムなので、近年は大手証券会社も続々と参入しています。

ただし、ロボアドバイザーの人口知能には優劣があり、運用成績は異なります。
資産運用を充実させるためには、優れた人口知能を搭載するサービスを選ぶ必要があることは抑えておきましょう。

ロボアドバイザーのメリット

これまでの投資信託にはない特徴を備えているロボアドバイザーのメリットとして挙げられるのは、すでに触れているように圧倒的に楽である、という点です。

資産運用が面倒、煩わしいと感じている方に特に向いているサービスです。

時間とコストが抑えられる

これは単に自宅でチェックできる、わざわざ証券会社や銀行に足を運ばなくても知りたいことをチェックできるといった点だけでなく、コストとも深く関わってきます。

これまでの投資信託では証券会社や銀行のファイナンシャルプランナー等に相談し、アドバイスを受けながら方針や投資先の選択を行ってきました。

そのため時間とコストがかかりましたが、ロボアドバイザーはこうした部分を全面的にコンピュータープログラムに任せることでコストを引き下げることができます。

少額投資も可能

さらに小額から取引できる点も大きなメリットです。

通常の資産運用といえば数百万円単位からの投資が多く、場合によっては口座を開設するために多額の資金が必要なこともありますが、ロボアドバイザーでは数万円単位、1万円から取引が可能な商品も少なくありません。

投資信託に興味があるけれども資金は用意できない、あるいは不安があるので最初は少なめの金額から始めたい、という方には非常に魅力的な選択肢となります。

対話が苦手な人にもおすすめ

コンピューターが相手なら自分の希望や条件を遠慮なく表現できるというのも大きなメリットのひとつかもしりません。

専門家が相手だと「断るのが気まずい」「この程度の資金では笑われてしまうかも」といった心配が付きまといますが、コンピューターが相手ならそのようなことはありません。

ロボアドバイザーのデメリット

デメリットとしてはやはり「コンピューターで大丈夫なの?」という不安がつきまといます。
この点に関しては、ロボアドバイザーのサービス提供会社が用意しているコンピュータープログラムの質によっても左右されています。

市場の動向から過去の取引の内容、リスクや利回りといった膨大なデータを取り入れたうえでプログラムを組んでいく形になるため、各サービスによって質に差が出てきます。

どのロボアドバイザーも同じ内容ということはもちろんなく、優れた運用が期待できるプログラムと、不安が残るプログラムとで差が出てくるこは考えられます。

ロボアドバイザーの歴史は浅い

しかもロボアドバイザーというサービスそのものがまた誕生して間がなく、多くの企業ではまだ1~2年くらいの運用実績しかないというのが実情です。

2017年以降、多くの証券会社や銀行からサービスの提供が始まりましたが、その歴史は非常に浅いと言えます。よって実際にどれだけ収益が得られるか?サービスの質の違いは、まだ見極めがたい部分があります。

さらに人間からアドバイスを受けるときに比べてきめ細かなサポートが期待できない点も踏まえておきたいところです。

国内にはどのようなサービスが提供されているのか?

日本国内では、THEOやウェルスナビ、エイト証券といったロボアドバイザーを専門に取り扱うサービスが存在しています。

また、近年はほとんどの証券会社からロボアドバイザーサービスの提供が開始されています。

金融庁の新たな監督方針として、投資信託の回転売買やリスク性の高い変額年金での収益確保が難しくなっており、証券会社・銀行から多くのサービスが提供される見込みです。

手数料はいくらかかるの?人気サービスの手数料を比較

為替手数料、取引にかかる手数料に関しては多くのロボアドバイザーで無料となっています。
(一部有料もあり)。

気になるのは報酬の形で支払われるコストでしょう。この点はサービスによって具体的な設定が異なっており、0.7~1.0パーセント(年率)程度の水準となっています。

手数料のコストが低く済む点もロボアドバイザーの大きな魅力でしょう。

税金はかかるの?

税金に関しては一般の投資信託と同様です。たとえばサラリーマンなど給与所得がある方は投資信託による1年間の利益が20万円を超えると確定申告が必要で、雑所得の形で所得税と住民税がかかります。

なお、かつては投資信託の種類によって税率が異なっていましたが、2016年1月の税制変更によって一本化されました。

ロボアドバイザーとは何か?全体のまとめ

全体を踏まえたうえでロボアドバイザーとは?何かまとめると、資産運用を効率化し、どんな人でも手軽にできるサービスとしてのメリットを備えたサービスです。

一方、人口知能の質によって成果や使い勝手に差が出てくる傾向も見られ、どのサービスを選ぶかが投資の成否を決める大事なポイントとなってくるでしょう。

当サイトでも優れたロボアドバイザーについて考察していますので、参考にしてみて下さい。

歴史こそまだ浅いですが、大きな可能性を秘め、時間とコストを削減し、資産運用の質を高めてくれることは間違いありません。

Pocket