旅工房(6548)のIPO初値予想!大和証券主幹事のプラチナチケット

インべスターです。今回は旅工房(6548)のIPOの初値予想と分析を行います。

旅工房はS級のプラチナチケットに該当するIPOですが、主幹事はまたしても大和証券。
今年に入ってから取扱うIPOの質が際立っていますね。

枚数は少ないですが大和証券なので当選チャンスも充分にあり、当選報告も出るはずです。
そんな参加必須のIPO旅工房(6548)の抑えるべきポイントをまとめました。

旅工房(6548)の基本情報

会社名 :旅工房
市場  :東証マザーズ
想定価格:1,180円
吸収金額:7.59億円
主幹事 :大和証券
申込期間:2017/04/03 (月)~2017/04/07 (金)
上場日 : 2017/04/18 (火)
事業内容:オンラインでの国内・海外向けのパッケージ旅行の企画・販売、航空券の販売、宿泊手配、オプショナルツアーの手配
業績  :A~S
IPO評価:S

旅工房(6548)のIPOの特徴は?初値に与える影響

旅工房(6548)の事業は「旅行関連」に分類されますが、運営する旅行予約サイト「tabikobo」は2017年オリコン顧客満足度調査でNo.1の人気サービスとなっています。

最新の意識調査で評価が高く、成長著しいサービスと言うことができますね。

IPOの特徴としては、東証マザーズ・軽量級・業績好調と、3拍子揃っています。
そこに加えてさらに、ストロングポイントがいくつもあるのが特徴です。

まずは、来期予想PERが10%台と割安であること。
同業種と比較しても、圧倒的に割安感があります。

また、上場日もIPO疲れもなくなり、注目を集めやすい単独の4/18となっています。

もはや、IPOの初値高騰するために条件が全て揃っていると言っても過言ではありません。
文句なしのプラチナチケットです。

IPO初値予想をする上での最大のポイントは割安感

旅工房(6548)の初値予想のポイントを一つ挙げるとすれば割安感になります。
業績は右肩上がりで急成長していますが、来期予想PERは10台です。

tabi-ipo

IPO投資家にお馴染みのエボラブルアジア(6191)は70台となっていますから、その差は歴然。

旅工房(6548)の初値は2倍以上は既定路線であり、さらにそこからどれだけ伸ばすか?
という展開になるでしょう。

IPO初値が抑えられた場合はセカンダリーの絶好期

また、何らかの理由で初値上昇が抑えられた場合は、セカンダリーの絶好期にもなります。
株では不足の事態が良く起きるため、準備しておくと良いと思います。

安いか高いか?の判断は、同業種とのPERを比較すれば落とし所が見えてくるはずです。

エボラブルアジアの今期PER73.01は、オープンドアはPER57.93となっています。

旅工房(6548)のIPOのデメリットは?

デメリットをあえて挙げるならば想定価格が1,180円と低い点になります。

値ガサではないので、当選して高騰しても多くの利益を享受することはできません。
想定価格が低い分だけ、幅広く個人投資家に配られるので悪い話ではありません。

当選しやすく、高騰が約束されているという点でもとにかく注目ですね。

旅工房(6548)で注目の証券会社は?攻略法は?

旅工房(6548)の主幹事は大和証券となっています。
配分の多い大和証券であれば当選期待は持てますね^^

さらに証券会社を見ていくと、いちよし証券やエイチ・エス証券など、最近見なくなっていた証券会社も存在します。この辺りも狙い目になるでしょう。

SBI証券でのポイント狙いも考えられますが、単価が安くセット当選ではないため、無理をする必要はないでしょう。基本の攻略は大和証券での当選狙いがベストです。

旅工房(6548)のIPO初値予想!上げ幅が問題か?

旅工房(6548)のIPOについては、東証マザーズ・軽量級・業績好調と三拍子揃っているだけではなく、さらに付加価値がいくつもあることが特徴です。

同業種のPER比較である程度の目途はつきますが、精度の高い予想をするためには、旅工房の業績や成長性を考慮する必要があります。

旅工房は売上こそ緩やかですが、利益率は抜群。事業評価としてはA~Sが妥当です。
こうした全ての要素を考慮した、旅工房(6548)のIPO初値予想は、

想定価格:1,180円
仮条件価格:1,220-1,370円(4/1更新)
初値予想:4,000円 2,600円~3,000円(4/17更新)

※仮条件によって初値予想が変わる場合があります。

基本的には高成長の競合サービスと比較しても、3倍前後までは評価されるのではないかと考えられます。どこまで上げるか?その上げ幅についての予測は簡単ではありません。

精度の高い初値予想については、仮条件発表後に更新したいと思います。

追記:地政学的リスクが生じていることでその分を考慮した初値予想となりました。(4/17)

プラチナチケットの中では当選しやすい部類に入る理想的なIPOです。
2017年になり大和証券主幹事はユーザーローカル、旅工房とS級IPOが連続しています。

IPO参加者にとっては最高の流れなので、ぜひ当選を引き当てていきましょう。

Pocket