Pocket

userlocal-ipo

ユーザーローカル(3984)のIPOが新規上場承認されましたので初値予想を行います。

2017年に入り怒涛のIPOラッシュとなった一方、これといったIPOがない中で、ついにS級クラスのIPOが登場になりました。

主幹事は大和証券なので、当選チャンスも充分にあります。
枚数も多く、S級IPOだけれど当選報告が出るような最高のパターンになりそうです。

当ページではあらゆる意味で期待大なIPOユーザーローカル(3984)の魅力に迫ります。

ユーザーローカル(3984)のIPO基本情報

会社名 :ユーザーローカル(3984)
市場  :東証マザーズ
想定価格:2,860円
吸収金額:13.3億円
主幹事 :大和証券
申込期間:2017/03/14 (火) ~ 2017/03/21 (火)
上場日 :2017/03/30 (木)
事業内容:ビッグデータの解析・人工知能による情報提供サービス
業績  :S
IPO評価:A~S

ユーザーローカル(3984)のIPOの特徴は?初値予想に与える影響は?

ユーザーローカルのIPOの特徴は、「人工知能」「ビッグデータ」という人気化が間違いなし!の分野であることが特徴ですね。

特に、人工知能については世界的なテーマであり、IPOとしての目新しさもあります。
注目度は最高クラスで、初値形成後もマネーゲーム化する可能性が高いです。

業績も伴う有望IPO

テーマ性の高いIPOの場合、業績が伴わないことが往々にしてありますが、ユーザーローカル(3984)は業績も絶好調。

テーマ性・業績の両者が優れたIPOは少なく、過去を振り返っても希少性があります。

吸収金額は13億円と軽量級ではないため、見落とされる可能性もありますが、総合的に見てもS級クラスのIPOと言えるでしょう。

ユーザーローカル(3984)の事業内容!ここに注目

ユーザーローカル(3984)の気になる事業内容ですが、基本的にはビッグデータを用いたデータ処理、WEB解析が主となります。

ただし、ポイントになるのはこうした工程を、人工知能に機会学習をさせながら進めている点になります。単にビッグデータを活かすのではなく、人工知能を用いることで、日々進化し、高度な付加価値を提供することを実現しています。

こうした試みは、今後どんどん普及すると考えられますが、その先駆けとなりそうですね。

ユーザーローカル(3984)の注目のサービス

ユーザーローカルの中でも高い注目を集めているのが人工知能を活かした「カスタマーサポート」サービスになります。

これはどういうことかと言うと、カスタマーサービスを自動化してしまうという試みです。

userlocal-ipo2

しかも、単にカスタマーサービスをするのではなく、膨大な情報を人口知能に学習させることで、サービスの質が進化していくのが特徴。

このサービスが本格的に機能すれば、世の中が変わる可能性もありますね。

これはユーザーローカル(3984)の中でも目玉のサービスとして注目されることが予想され、セカンダリーを検討される方は抑えておきましょう。

ユーザーローカル(3984)の初値予想のポイント

吸収金額が13億円という点を除けば、高騰するためのあらゆる要素が揃っています。

中でも、ユーザーローカルの初値の最大のポイントはPER(割安指標)にあります。
来期PERは40前後ですが、100以上も多いこの分野では割安感があります。

ゆえに、指標的には初値は3倍手前が妥当と考えられます。

需給の面においては、ベンチャーキャピタルにも180日のロックアップがかかっています。
売り圧力を心配する必要もありません。

現時点で最も注目度の高いIPOになる公算があり、人気も初値を下支えするでしょう。
人工知能という観点ではPERも割安で、期待できますね。

ユーザーローカル(3984)の注目点!幹事団に注目

ユーザーローカル(3984)の幹事団は僅か4社程度となっています。

つまり、1つの証券会社が取り扱うIPOの枚数が多くなるため、主幹事の大和証券以外からのIPO申込みも効果的になります。

あらゆる工夫をすれば、当選も決して不可能ではありません。
狙い目の証券会社としては、主幹事の大和証券とSBI証券ということになりそうです。

ベンチャーキャピタルの数も、この分野にしては少ないです。

幹事団はこちら

  • 大和証券(主幹事)
  • SBI証券
  • SMBC日興証券
  • みずほ証券

ベンチャーキャピタルはこちら

  • YJ2号投資事業組合(180日のロックアップ)
  • イーストベンチャーズ2号投資事業有限責任組合(180日のロックアップ)

ユーザーローカル(3984)の初値予想!

IPOユーザーローカル (3984)についてまとめてきました。
現段階では2017年で最注目のIPOとなります。

しかも大和証券主幹事という点、枚数的にも、当選も不可能ではありませんね。

私自身の評価は強気のS級であり、これさえ取れれば2017年のIPOはもう充分、と思えるかもしれません^^

そんなユーザーローカル (3984)の初値予想は、

想定価格:2,860円
仮条件価格:2,780-2,940円

初値予想:8,000円 8,500円~9000円(3/12更新)

※仮条件次第で初値予想が変更する場合があります。

軽量級ではないが3倍も狙えるIPO

ユーザーローカルは3倍も狙えるIPOだと考えています。

仮条件が一部下方修正している点が気がかりですが、人気は継続。
IPOの地合いが良いのも追い風になりそうです。

ただし、軽量級ではないということ、同業種PERの比較を考慮して、3倍手前を落とし所としました。後は地合い次第ということになりそうです。

業績が伴った有望株なので、サプライズはあるかもしれませんね。
上場日の3/30が今から楽しみでなりません。

Pocket