安江工務店(1439)のIPO初値予想と分析!東海東京証券主幹事

Pocket

yasue-ipo2

安江工務店(1439)のIPOが新規上場承認されましたので初値予想・分析を行います。

主幹事は東海東京証券。ジャスダック銘柄ですが、オールド企業・リフォーム関連ということで口コミを見る限り、それほど評価は高くありませんね。

IPO初値予想についても公開価格前後という声が目立っています。

一方で、安江工務店(1439)のIPOについては個人的に気になるポイントもありましたので、初値予想と共に言及していきたいと思います。

IPO安江工務店(1439)の基本情報

会社名 :安江工務店(1439)
市場  :ジャスダック
想定価格:1,130円
吸収金額:4.42億円
主幹事 :東海東京証券
申込期間:2017/01/25 (水)~ 2017/01/31 (火)
上場日 :2017/02/10 (金)
事業内容:住宅リフォーム事業、住宅事業、不動産流通事業
業績  :B
IPO評価:C

IPO安江工務店(1439)の特色・事業内容とは?

安江工務店(1439)のメイン事業はリフォーム・リノベーション関連になります。
また、そこに付随する形で住宅事業も行っているのが特徴です。

創業は昭和45年4月になるオールド企業。これだけ長い期間、会社を持続させているというのは特出に値します。IPOとしての評価はどうでしょうか?

安江工務店(1439)のIPOとしての評価

安江工務店は実績のある企業ですが、IPOの評価となると厳しい側面があります。

IPOでは新規性の高いベンチャー系が高騰する傾向にあります。その意味で、オールド系でリフォーム関連の安江工務店(1439)が高騰するのは難しいかもしれません。

リフォーム事業は、ネットで見ると分かりますが競争過多にあります。それだけリフォームの需要が多いと考えられますが、事業として簡単ではないのも事実です。

この辺りを加味すれば、IPOとしてそれほど評価が高くないのも頷けます。

安江工務店(1439)のIPOのポイント

安江工務店(1439)については、印象としてはあまり上がらないIPOと言うことができます。
一方で、いくつか見るべきポイントがあります。

特に気になるのが業績です。

yasue-ipo

赤字の年もありますが、基本的には成長曲線を描き、売上はまずまず良好です。

前期と比較すると今期は伸びませんが、利益面に着目してもオールド企業でこうしたグラフは健闘しているとも言えます。

競争の激しい業界で、一定の業績を出せるのには理由があります。

安江工務店の業績の背景

リフォーム産業新聞によると、中堅リフォーム会社MIMAの決算においてリフォーム部門が44%増になったことがニュースになっています。

MIMA決算、リフォーム44%増に

リフォーム事業が好調は背景として、「不動産仲介をきっかけとしたリフォーム受注」が挙げられています。単にリフォームを受注するのではなく、不動産仲介と連動しているのがポイントです。

実は、安江工務店でも同じ形でリノベーションを行っています。
例えば安江工務店でマンションを購入した場合、定額制リノベーションが利用できます。

このように、単にリフォームするのではなく住宅事業と連動させている点が、安江工務店の強みであり、こうした点は見逃せないポイントになります。

IPO安江工務店(1439)のIPOはセカンダリーにも注目!

安江工務店については過小評価される可能性があります。
そのため初値について、著しく低い価格がつく可能性もありセカンダリーに注目です。

業績もまずまず、吸収金額は軽量級と、売られ過ぎるほどの要素はありません。

PERで比較するとマンションデベロッパーと比べると割高ですが、リフォーム関連でJQ市場のル―デン(1400)などと比べると割安です。

IPO安江工務店(1439)のIPO初値予想

オールド企業・競争率の高いリフォーム事業ということで、IPOとして人気化しない可能性があります。同じ不動産関連で、直前に森トラスト・ホテルリート投資法人(3478)が控えていますが、良くも悪くも影響を受ける可能性があるでしょう。

悪い流れになれば、公募割れもあり得るかもしれません。

ただ、吸収金額は低く、大株主についてはロックアップがしっかりとかかり、東海東京証券の実績を考慮しても、多少の上げが落とし所と考えます。

業績面については特出すべき点がありましたが、初値予想を後押しするほどではありません。こうした全てのバランスを加味した上での初値予想は、

想定価格:1,130円
仮条件価格:1,130~1250円(1/26更新)

初値予想:1,200円~1,300円 1350~1,400円(1/26更新)

※仮条件価格によって初値予想が変更する場合があります。

地合い次第では公募割れもありえますが、ダメージとしては軽微でしょう。

基本的には微上げを想定していますが、個人的にはもう少し上がって良いIPOだと感じています。ただし、株は美人投票になるため、その点を踏まえる必要があります。

一見地味ですが、見所のあるIPOだと思いますのでチェックしてみて下さい。

Pocket