シャノン(3976)のIPO初値予想と評価!東洋証券でどうなる?

shanon

シャノン(3976)のIPO初値予想と分析を行います。

2017年第一弾のIPOが早くも発表され、有望であることからも大注目と言えますね。

主幹事はかなり珍しい東洋証券。枚数的には当たりにくいですが、口座を持っている人は少ないと思うのでチャンスはありそうです。

そんなIPOシャノン(3976)について精密に初値予想をしていきます。

シャノン(3976)の必要情報

会社名 :シャノン(3976)
市場  :東証マザーズ
想定価格:1,400円
吸収金額:2.45億円
主幹事 :東洋証券
申込期間:2017/1/11 (水) ~ 2017/1/17(火)
上場日 :2017/1/27 (金)
事業内容:マーケティングクラウドサービスの企画・開発・販売・導入、マーケティングに関わるコンサルティング及びサービス
業績  :A
IPO評価:A

IPOシャノン(3976)はそもそも当選可能か?

IPOシャノン(3976)については、そもそも当たるの?という点が気になると思います。

吸収金額は2.45億円と超軽量級。IPOの配分枚数も極めて少ないのが特徴です。

一般的にはほぼ当たらないIPOになってしまいますが、IPOシャノン(3976)についてはあまり知られていない東洋証券が主幹事ということでチャンスはある、と見ています。

同じような流れで当時知られていなかった東海東京証券が主幹事が務めたIPOのKeePer技研(6036)についても当選報告が沢山ありました。

その辺りを考慮してもマイナー主幹事はチャンスありと考えられます。

IPOシャノン(3976)の評価は?

IPOシャノン(3976)で見るべきポイントは、クラウド上でマーケティングを行っている点になります。クラウド関連はIPOでも人気の分野。

shanon2

マーケティングにおける課題を、WEBを生かし、さまざまな手段で解決するのがコア(核)な事業部分になります。

業績面は右肩上がりというわけではありませんが、IPO的に見ると、クラウド×IT関連ということで高騰が狙えます。

IPOシャノン(3976)の一歩踏み込んだ評価は?

パッと見る限りでも人気化が予想できるシャノン(3976)ですが、一歩踏み込んで見るべきポイントがあります。

それはシャノンのサービスを導入する企業の「質と量」です。

シャノンのクラウドマーケティングを必要としている企業は多く、「電通」「時事通信社」「日立」「インテリジェンス」などそうそうたる面々が並びます。
これらを見ても、シャノンのサービスの質の高さが見て取れます。

マーケットプラットフォームとしては6年連続シェアNO.1であり、いち新興企業の域を超えた優良企業と言えますね。

IPOシャノン(3976)の初値予想する上でのポイント!セカンダリーは?

前述している通り、シャノン(3976)は優良企業で、質の高いサービスを提供しています。

ただ、売上は良いものの業績はマチマチ。
来季EPSから換算されるPER(割安指標)にも割安感は感じられません。

ipo-gyoseki

ただ、ここ2年は利益面での改善が著しく、ネガティブになるほどではありません。

その他、ネックとしては既に多くの企業がサービスを利用していることから成長性を読むのは難しい側面があります。
優良企業であることに疑いの余地はありませんが、成長戦略の提示が欲しいところです。

IPOシャノン(3976)は、新年第一弾のアノマリーやIPOで人気の業種ということもあり高騰が予想されますが、S級と言うことはできず、セカンダリーについても慎重になる必要があると考えられます。

大手に顧客を抱える優良IPOという点では、過去に上場したバリューデザイン(3960)の動きが参考になるのではないでしょうか。

東洋証券主幹事のIPOについて

東洋証券と言えば中国株を思い浮かべる方も多いかと思います。
IPOの取扱は少なく、ネット抽選への配分も10%と低めです。

過去に取り扱ったIPOは「JR九州」「日本郵政」「東武住販」が主になります。

今回のIPOシャノン(3976)がきっかけで口座を作ろうと考えている方はいるかもしれませんが、相対的には競争率は低い証券会社だと考えられます。

年に数回の東洋証券の口座を作るのはちょっと、という場合は今回2番目に配分枚数が多いと予想されるマネックス証券がおすすめです。

IPOシャノン(3976)の初値予想!

IPOシャノン(3976)についてはメリット・デメリットが両方ある感じですが、ストロングポイントが強烈であるため高騰が予想されます。

何より2017年の第一段ということでご祝儀上げも期待できますね。

また、基本的には質の高い優良企業なので、IPOについては安心して参加できるでしょう。

私自身が算出した初値予想は

公開価格:1,400円
初値予想:4,200円~4,500円

※初値予想は仮条件によって変更する場合があります。

似たような評価ができる2016年最後のティビィシィ・スキヤツト(3974)がアノマリー込みで3倍程度まで行ったところを見ても、シャノン(3976)も意外高はあると見ています。

いわゆるA級評価のIPOですが、新年第一弾というアノマリーは効いてくるでしょう。

個人的にも2017年のIPOを盛り上げる意味でも高騰して欲しいなと思い、この初値予想とさせていただきました。

IPOシャノン(3976)が高騰すればIPOはスタートダッシュになるはずです!

IPOシャノン(3976)の上場が成功し、皆さんにとって明るく良い一年になることをお祈りします。今年一年多くの幸せが訪れますように。

好利回り!ソーシャルレンディングの比較

ソーシャルレンディングは仮想通貨と共に、2017年最注目の高利回り投資です。少額投資とリスクコントロールも可能であり、いち早く抑えておく価値があります。

2 件のコメント

  • 矢田 様

    応援いただきありがとうございます。
    微力ながら応援させて頂きました。

    今年も難しい年になるかと思いますがトランプ次期大統領の影響で円安が進み、
    総じてチャンスが増えると予測しています。

    激しく動きそうですが楽しみでもあります^^