【IPO】ティビィシィ・スキヤツトの初値結果!年末アノマリーは?

ipo-sokuhou2

初値が翌日持ち越しとなったティビィシィ・スキヤツト(3974)の初値結果が出ました!
2016年最後となりますがアノマリーはあったのでしょうか?

IPOの初値結果は、

・ティビィシィ・スキヤツト(3974)

公開価格:1,400円
初値結果:4,500円

結果的には翌日持ち越しとなり、公開価格を大きく上回る結果となりました。
初値は3倍以上の力強い結果に!

当選された方はおめでとうございます。

IPOのアノマリーは健在!そもそもアノマリーって何?

IPOにはさまざまなアノマリーが存在します。
アノマリーとはいわゆる市場の「クセ」のようなものですね。

一例を挙げると、

  • これまでにない分野のIPOは上がる
  • 新年一発目のIPOは上がる
  • その年の最後のIPOは上がる

確かな根拠があるわけではありませんが、かなりの精度で当てはまります。
市場のクセというのはやはりあるんですよね。

ティビィシィ・スキヤツト(3974)のIPO初値予想については、売上は伸び悩んでおりそこそこ上がるというのが一般的だったと思いますが、やはりアノマリーのおかげで力強い動きとなりました。

IPOに限らず、株やFXにもアノマリーはありますが、こういうのを知っておくと小銭が稼げます。というよりも株で大きく稼いでいる人の多くは、こうしたクセを見つけるのが上手いのだと思います。

2017年のIPOはスタートダッシュか?

終わりよければすべてよしではありませんが、2016年のIPOが堅調だったことで、2017年のIPOも期待できると思います。

2017年のIPOの第一発目はシャノン(3976)になりますが、高騰が期待できるIPOであり、アノマリーも効いてくるので、IPOはスタートダッシュする展開になりそうです。

2017年は大型株ではUSJ、新興株ではスパイバーなど有力IPOが控えています。
ZMPの再上場の可能性もあり、2017年も話題的にも期待できそうですね。

ただ、全体的に当選確率は低下しているので、そこは考えないといけないかもです。

IPOの休息期間は何をする?

ティビィシィ・スキヤツト(3974)のIPOが上場したことで、IPOはしばらくの間、休息期間に入ります。できれば時間を有効活用したいですね。

IPOを最優先している場合、何をすればいいか分からない!という方も多いと思います。
そういう時は下記の記事もご参考にして下さい。

IPO空白期間の過ごし方のまとめ
IPOは年間100社以上新規上場することもあり、抽選参加する場合かなり忙しいです。一方で空白期間、閑散期がありますがこの期間をどう過ごすかが投資家としては重要です...

資産運用は必須の時代?

先行きが見えない状況で、資産運用は必須になりつつあります。

私自身はIPO初期の頃のように、他者より早く情報をつかむことに価値があると思っているのでソーシャルレンディングやロボアドバイザーに注目しています。

近年、評価の高いインデックス積立投資でも良いですが、何かもう一つ資産運用の手段を用意しておくことはおすすめです。

2016年もお疲れ様でした!

2016年のIPOも色々ありましたが、ラインやJR九州など当選期待の持てる大型IPOがあると盛り上がるという印象を受けました。

そういう意味でUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)は注目であり、そうしたを情報は継続して発信していきます。

投資は注意していれば人生が一変するような情報が落ちていることがあります。
2017年はそういう情報もしつこく探していくのが個人的なテーマです。

それでは皆さんも、良いお年をお過ごし下さい。

好利回り!ソーシャルレンディングの比較

ソーシャルレンディングは仮想通貨と共に、2017年最注目の高利回り投資です。少額投資とリスクコントロールも可能であり、いち早く抑えておく価値があります。