トランポノミクス(トランプ相場)で注目の銘柄まとめ

トランポノミクス(トランプ相場)で上がる注目の株・銘柄ついてまとめました。

ドナルドトランプ氏がアメリカ大統領になった直後から日経平均は大きく値を伸ばし、2万円にも手が届くのではないか?という声も挙がっています。

一部ではレーガノミクス(1981年)を想起させるという声も出ています。
直近ではポケモンGOの頃のポケモノミクスのような盛り上がりも見せていますね。

この先どうなるか分かりませんがトランプ相場と呼ばれる以上、注目しないわけにはいきません。今後の下落リスクは考慮した上で、注目すべき銘柄をまとめました。

トランポノミクス(トランプ相場)で注目の銘柄

トランプ相場で上がる株を考える場合に大切なのは、あくまで日経平均が上がっているのであり、新興市場は大きく値を伸ばしていない点です。

いわゆる従来の官製相場に近いものがあり、こうなってしまうと個人投資家は稼ぎにくいと言えるでしょう。

その中でもポイントになるのは、下記になります。

上昇が期待できる大型株を買う

指数が上がっても持ち株が上がらないとすれば、一部の大型株が上がっているからです。
いずれ新興市場の波も来るかもしれませんが、ZMPの上場延期の影響などにより、トーンダウンしている面は否めません。

よって、投資するのであれば素直に優良大型株という選択になります。
下記ではトランプ相場(トランポノミクス)の注目銘柄をまとめていきます。

トランポノミクスで注目の大型株とは?

トランポノミクスで注目の大型株・銘柄を明記しました。
王道と呼べるかもしれませんが、トランポノミクスを振り返る意味でも掲載します。

注目は大手銀行、証券会社株全般

トランプ大統領の中でも市場に最も大きな影響がでると考えられるのが、
『ドッド・フランク法』の廃止です。

これは今後、大きな分岐点になる可能性があり、頭の片隅に入れておきましょう。

主に金融規制を目的として作られた法律で、トランプ大統領は廃止すると言っていますが、実現されれば金融規制緩和となり銀行にとっては非常に追い風になります。

window

現在の日経平均が上昇しているのも、金融規制緩和に期待する思惑があるからと言っても過言ではありません。トランプ大統領の政策の中でも最も注目すべき施策です。

金融緩和で上がる株と言えば、銀行・証券などが代表的です。

短期では過熱感あり、長期では過熱感なし

懸念点としては既に大きな上昇をしている銘柄が多く「過熱感がある」という点。
長期チャートでは過熱感はないため、そこをどう見るか?がポイントになりそうです。

買いで入りにくい状況ですが、押し目も含めて注目する価値があるでしょう。

トランプ相場の象徴はコマツ(6301)

トランプ相場(トランポノミクス)のドストライクとも言える大型株。

既に知れ渡っていますが改めて注目すべき点として、世界の鉱山業界はトランプ氏勝利後、活気づいていることが挙げられます。

アメリカではトランプ氏に炭鉱業界の希望を託す声がありトランプ氏はその公約を宣言しています。今後、炭鉱業界が活性化されることはほぼ、間違いありません。

銅相場が上昇中

up

トランプ氏が勝利したことで、銅相場はここ5年で最高のパフォーマンスを見せています。

コマツ(小松製作所)は米鉱山機械で知られるジョイグローバルの子会社化を進めており、あらゆる意味でトランポノミクスとの関連性が高いです。

建設機械関連は全て注目ですが、中でも米国との関係がある銘柄は最注目です。

トランポノミクスは王道以外の銘柄を狙うことが大切

今回はトランポノミクス(トランプ相場)でも王道の銘柄・ジャンルを整理しました。
しかし、これだけでは物足りない状況になりつつあります。

仮に上昇相場が続く場合、王道銘柄と並行する形で穴場銘柄の高騰が期待できます。

株で稼ぐには注目されていない銘柄を探す

王道に素直に乗ることも大切ですが、こうした状況では穴場を探しておくことも大切です。

銘柄の情報についてはインターネット上ではポジショントークと呼ばれる情報に惑わされるリスクがあります。雑誌の場合も、情報速度が遅いデメリットがあります。

どの株を買えばよいか分からない、という場合は大手情報サイトが最適です。
また、信頼できる個人投資家のブログも有効になると思います。

インターネットの株式情報としては日本でも1,2を争うトレーダーズウェブのトレーダーズプレミアムは中でもおすすめです。「有望株」や「IPO」の情報も得られるのでチェックしてみて下さい。

株とIPOで役立つトレーダーズ・プレミアムの有料情報まとめ
株やIPOをしている方でトレーダーズウェブを知らない方は殆どいないと思います。そのサービスの中に有料情報「トレーダーズ・プレミアム」があるのはご存知でしょうか?...

株で勝つために大切なことは、情報に対して労力とお金をかけることです。
大化け株のようなレアな情報がインターネット上で拾えることは稀です。

トランポノミクスがチャンスになるとすれば、情報収集には手を抜かないようにし、くれぐれも無料の情報に踊らされないことが肝心です。

決して高値で買わないように気をつけて下さい。

トランポノミクスについても、いつ下落相場になるか分かりませんのでその点も注意が必要です。その上で現状のチャンスを生かしていきましょう。

好利回り!ソーシャルレンディングの比較

ソーシャルレンディングは仮想通貨と共に、2017年最注目の高利回り投資です。少額投資とリスクコントロールも可能であり、いち早く抑えておく価値があります。