クラウドクレジットの評判・メリット・デメリットまとめ

クラウドクレジットの評判・メリット・デメリットについて整理しました!

クラウドクレジットはソーシャルレンディングサービスの中でも国内1,2を争う最高級の高い期待利回りを誇ります。

利回りは最大で14.8%ということで多くの投資家の注目・評判を集めています。
私自身もそうでしたがソーシャルレンディングを始める場合、真っ先に見るサービスの1つではないでしょうか。

今回はそんなクラウドクレジットのメリット、デメリット、評判について整理しました。
実際に始めたい方は多いと思いますので、参考にしてみて下さい。

しっかりとまとめているので、このページだけでも全てを抑えることが可能です。

とりあえず公式サイトを確認したい方はこちらからどうぞ。
LINK【クラウドクレジット】

クラウドクレジットの6つのメリット!

1.海外特化による好利回りの実現

クラウドクレジットが他のサービスにいものとして、海外特化型という点が挙げられます。

海外の中でもラテンアメリカ、アフリカなど、伸びしろのある新興国も含まれており、
これまで実現できなかった地域への投資も可能になっています。

ソーシャルレンディングは様々投資がありますが、伸びしろの高い海外特化型については競合が少なく、好利回りを実現するための「選択」と「集中」が優れています。

2.5万円から始められる間口の広さ

通常、高い期待利回りが目指せる商品があったとしてもまとまった資金を必要とし、個人投資家が簡単にに手を出せるものではありませんでした。

一方で、クラウドクレジットは間口が広いことでも知られています。

投資金額は5万円からで可能。お試し感覚で投資することもできます。
年齢層も幅広く【男性・女性】 20代・30代・40代・50代の幅広い人に人気があります。

株や為替ほどハードルが高くないため投資経験者の方はもちろん、金利でお金を稼ぎたいという方々にも向いています。間口が広いことで、誰でも気軽にはじめられる点は大きなメリットです。

3.資産運用の分散投資に最適!

toushi3

クラウドクレジットは国内最高級の高い期待利回りと言われますが、その一方で海外特化型ということでリスクを懸念される方もいるかもしれません。

ただ企業としての信頼性は厚く、国内で唯一東証1部の伊藤忠商事が株主を務めています。

また英国EU離脱問題で世界経済が揺れていた際にも、いち早く影響がない旨を公式サイトでアナウンスするなど、危機管理能力にも優れているのが特徴です。

海外投資の中でも特に期待利回りの高い新興国投資についてはそれなりのリスクが伴う可能性はあります。

こうした場合、クラウドクレジットの特性である少額投資を活かして、リスクを抑えながらハイリターンを狙うことも可能です。その意味では少額で効果的な分散投資先として、力が発揮されるということが一番の特徴かもしれません。

4.場の価格変動に左右されにくい

昨今は、日銀のマイナス金利が導入されたため国内での債権、預金にも金利低下が観測されました。
また、各国の金融緩和による株価の乱高下にて個人投資家が振り回される局面が増えました。

公式でもアナウンスされていますが、クラウドクレジットはこうした市場の価格変動に左右されない点も魅力です。

もちろん、ボラティリティの高い市場の参加もメリットはありますが、それ以外の選択肢を用意することでよりバランスのよいポートフォリオを組むことが可能です。

5.セミナーや直接話せる機会が充実している

ソーシャルレンディングのように新しい投資サービスにおいて、会社の顔が見えるかどうかは重要です。
会社の顔が見えれば、安心感と信頼感がもたらされます。

その意味で、クラウドクレジットは積極的にセミナーや直接話ができる機会を設けていて、どのような会社か知ることができます。

クラウドクレジットは金融革命「フィンテック」分野においても期待されています。
そのため、他会社と共同のフィンテックや資産運用に関する勉強会も充実しています。

6.クラウドクレジットはこれまでにない投資体験ができる!

クラウドクレジットは海外のファンドに特化して資金の需給を繋ぎ、新しい投資機会を創出します。
これにより日本では実現できない好利回りや、社会貢献に通じる投資体験を得ることができます。

ソーシャルレンディングサービスの中においても、クラウドクレジットが高い注目と期待を集めているのが理由は、これだけ存在しているのです。

クラウドクレジットの2つのデメリット

1.分配金の配分方法が複雑

クラウドクレジットはラッキーバンクやクラウドバンクのように毎月分配型という形で統一されていません。

分配金の受け取り方を選べるのはありがたいことですが、数が多いと注意が必要です。慣れていないと、初めての場合は難しく感じてしまう点はデメリットと言えるでしょう。

具体的に整理すると、分配金の受け取り方は下記の4つのタイプになります。

  • 満期一括タイプ
  • 元利均等タイプ
  • 毎月分配タイプ
  • 元本満期一括タイプ

言葉だけ並べると意味が理解できないかもしれません。
ただ、慣れれば難しいものではありません。

私もはじめは分かりませんでしたが、徐々に慣れてくるので大丈夫です。

商品を選ぶ場合は、以下の「分配方法」だけ意識するようにしておきましょう。

a.満期一括タイプ

満期一括タイプというのは、運用期間終了時に一括で元金が戻ってくるタイプ。言葉の通りなのでイメージしやすいかと思います。

メリットは、元金が減らないため、期待利回り通りの金額が得られる点にあります。さらに複利効果も期待できるのが魅力です。

b.元利均等タイプ

元利均等タイプは「毎月分配型」のように元金の一部が毎月返済されるタイプ。
しかも、毎月一定金額になる様に元金が返済されて分かりやすいのが特徴です。

毎回返済される元金は多いのですが、その分キャッシュが手元に残り、資金の流動性が高まるので他の投資にも回しやすくなります。

「利回り×年数」にはならない点は注意ですが、毎月元金が手元に残るためリスクが低く、クラウドクレジットのような海外投資との相性は高いです。

c.毎月分配タイプ

多くのソーシャルレンディングサービスで取り入れられている「毎月分配型」ですが、その名の通り毎月分配金がもらえるタイプになります。

ただ、元利均等タイプと比べて毎月一定額の元金が返済されるとは限らないため、その点だけ抑えておきましょう。

毎月分配型は自分が投資をしているという実感が得やすいと言えると思います。

最後に、『元本満期一括タイプ』についてはこれ以上書くと長くなってしまいますので割愛します。基本的には上記の3つを抑えておけば概ね対応できるはずです。

2.案件ごとに為替ヘッジの有無があるのは注意!

クラウドクレジットのデメリットですが、これは口コミでも挙げられていましたが、案件ごとに為替ヘッジの有無が色々とある点が挙げられます。

為替ヘッジ有の案件が望ましと言えますが、良い案件でも為替ヘッジがない場合は迷いが生じるケースが出てくると言えるでしょう。

投資信託とソーシャルレンディングの違いとは?

投資信託の場合、毎月分配型を勧められることはあまりありません。基本的には複利の考えがベースにあるため、まったお金を長く運用するというのが投資信託では一般的です。

一方で、ソーシャルレンディングの場合は、商品によっては高い利回りの商品があります。
そのため複利に期待するのではなく、リスクヘッジや資金の流動性を考慮すれば、毎月分配型との相性も良いと言えます。

クラウドクレジットではどちらの方法も選べる場合がありますが、自分の状況に応じて分配金の受け取り方を選べるのは、慣れてくると便利になります。

クラウドクレジットの口コミと評判

toushi4

クラウドクレジットの評判ですが、ソーシャルレンディングの中でも口コミの数はトップクラスです。
なお、口コミでは『クラクレ』と略されて呼ばれることが多いです。

私もツイッターなどのSNSでよく確認しますが、クラウドクレジットの評判についての声は非常によく目にします。

こちらでは、クラウドクレジットについては評判・口コミをまとめていますので参考にしてみて下さい。

ツイッターの評判

2chの評判

846 :
名無しさん@お金いっぱい。
2016/07/29(金) 00:22:55.85 ID:JlqZNCrJ0
クラクレが一番面白い案件が多い様な気がする
少額分散されているし。

701 :
名無しさん@お金いっぱい。
2016/06/14(火) 23:09:07.38 ID:50DjHm+A0
クラクレ案件ごとに為替ヘッジの有無がいろいろだな。
投資する場合悩んでしまう。
為替ヘッジの有無はどのような理由で決まるのだろう・・・

90 :
名無しさん@お金いっぱい。
2016/07/07(木) 17:39:49.74 ID:Kg5zuuwG0
クラウドクレジットの案件は円高になっても別に運営会社の経営が危なくなるわけじゃないからな。
目に見えていないだけで、maneoの会社に危ないのがあったりしてな

914 :
名無しさん@お金いっぱい。
2016/04/22(金) 10:15:38.16 ID:7qwIAwca0
マネオ系以外で投資できそうなのはクラクレとラキバンくらいかな
あとは様子見ながらトラスト

今は良い時代だったんだな

234 :
名無しさん@お金いっぱい。
2016/03/11(金) 08:06:58.42 ID:eT9XRo4q0
クラクレのキャンペーンは新規だけかな?これまでも結構応援して投資してるので既存客にもやって欲しいよ。

956 :
名無しさん@お金いっぱい。
2016/08/05(金) 14:05:40.26 ID:PZFL+3D90
クラクレは最近頑張っている。

クラウドクレジットの口コミと評判まとめ

評判や口コミをまとめると、全体を通じて良いコメントが目立ちました。
一方で投信案件によって為替ヘッジの有無があるのは懸念点と言えます。

また、新規以外のユーザー層に対する還元意識を高めて欲しいという要望がありました。

クラウドクレジットについては、余剰金が発生した際の投資先としての評判も目立ちます。

また大手商社の伊藤忠商事が出資しているということで、安心感があると言えますね。

ソーシャルレンディング自体が新しい投資の形ですが、クラウドクレジットの評判・口コミを見る限りでも伸びしろが感じられます。

クラウドクレジットの評判、メリット、デメリットまとめ

クラウドクレジットは高い利回りを、5万円の少額投資でできることから様々な投資家の注目を集めています。

分散投資の1つとしてもできるので、これまでの投資をやめる必要もありません。

資産運用を考える上でクラウドクレジットを知らないのは大きな機会損失と言えるでしょう。

分配金の受け取り方などは投資信託に近いので、慣れが必要になる部分もありますが、今回書いたまとめを参考に理解を深めていけば、間違いなく他の投資家よりも一歩リードできることでしょう。

口座開設は無料。まだの方は今すぐ始めてみましょう。公式サイトは下記の通りです。

midori-nomura

私自身も口座を作っていますが、開設費・維持費は無料で、簡単に始められます。
ソーシャルレンディングは複数サービスの利用が効果的なので、すぐにでも作っておくと良いでしょう。

ソーシャルレンディングは新しい資産運用の形と言われますが、従来の投資との組み合わせが容易であり、様々な場面で効果を発揮してくれると私は感じています。

クラウドクレジットは間違いなく選択肢を増やしてくれますので、興味のある方はぜひ始めてみて下さい。

好利回り!ソーシャルレンディングの比較

ソーシャルレンディングは仮想通貨と共に、2017年最注目の高利回り投資です。少額投資とリスクコントロールも可能であり、いち早く抑えておく価値があります。