IPO(新規公開株)の当選、落選を確認する時におすすめの方法

ipo-information

いよいよIPO(新規公開株)も本格化し、連日のように新規上場承認がされています。

いずれも有望なIPOが多く、投資家にとっては嬉しい状況ですね。

一方で懸念となるのが膨大なIPOの情報をいかに処理するか?という問題です。

慣れている人は問題ありませんが、IPO繁盛期に入金・申込み・確認の作業を毎回行うのはかなりの負担がかかります。特に落選が続くとストレス負荷もかかってきます。

今回はIPOの当選・落選を「確認」する場合に焦点を当て、おすすめの方法を整理します。
IPOしんどいな、と思い始めてきた人は参考にして下さい。

IPO(新規公開株)の当選・落選情報はメールで受け取る

これまでも何度か触れましたが当落情報はメールで受け取るのがおすすめです。

IPO投資家にとって手間とストレス負荷かがかるのが『落選』の確認です。

毎回証券会社にパスワードを入力→ログイン→画面を遷移→『落選』を確認する。

一見当たり前に見える行為も、繰り返して行くと労力・ストレスが溜まります。
また、時間の浪費も増えてしまします。

デフォルトではメール配信していないところがある

IPOの主要証券会社と言えば『野村證券』『日興証券』『大和証券』ですが、全てメールで当落状況を確認することが可能です。

デフォルトの設定では、メール受信するにチェックが入っていないこともありますが、チェックすれば可能になります。

基本的には証券会社のメール設定の欄で、チェックを入れればOKです。

野村證券の場合は『野村ネット&コール』と『野村ホームトレード』の2つが存在しますが、いずれも当選した場合にメールで連絡が来ます。
(ネット&コールは落選の場合はメールが来ることはありません)

メールでIPOの当選・落選を確認すると手間が省ける

メールで当落情報を受け取るとログイン、画面遷移の手間が省けるのでラクです。

一見差がないように見えますが、積み重なると大きな差が出てきます。

メールでIPOの情報を受け取るようにすると、確認漏れも減ります。
例えば繰り上げ当選をした時などにも見落とさずに済みます。

ストレス負荷が軽減される

メールでIPOの当選・落選情報を受け取る場合、ストレスが軽減します。

証券会社にログインして当落情報を確認する場合、どうしても期待が高まります。

ログインして資金が減っているときなど、『当選か?』と舞い上がります。
一方、期待が高まっている分、落選した時のショックも大きいです。

ショックが積み重なるとやがて『IPOやめようかな?』と思うようになります。

期待せずに受け流すのが丁度良い

2~3年前までのIPOは今よりも当選確率が高く、毎回ログインする楽しみがありました。

しかしレッドオーシャンの今は当選することは殆どありません。

当落情報はメールだとパッと確認して、すぐに消すことができます。
忘れた頃にメールを見ることもあり、落選していても流しやすいと言えます。

IPOには期待しない、落選してもすぐに距離を取ること

iyashi

IPOがまったく当たらずに辞めていく人の話は増えています。

それくらい最近のIPOは当たりにくいのが現状です。

仮に何十回と申し込んでかすりもしなければ、嫌になるのが普通の心理です。

ただ、結局のところIPOで当選するためには継続するしかありません

続けるためには期待しないこと、落選してもすぐに距離を取ることも大切です。

一方的に嫌な想いをする状況で、長く続けるのは困難です。
できる限りIPOを特別視しないように気をつけましょう。

手放すと心はラクになる

レッドオーシャンと化したIPOでは期待しすぎないこと、落選してもすぐに距離を置くことが一番の対策です。

IPOに執着するのではなく、新しい投資に目を向けてみるのもおすすめです。

これらを意識するだけでも心はラクになり、IPOも続けられるはずです。

IPOに嫌気がさしている方がいたら、ぜひ意識してみて下さい^^

Pocket