三菱東京UFJ銀行の仮想通貨「MUFGコイン」についての考察

三菱東京UFJ銀行が、仮想通貨「MUFGコイン」を開発中であることが分かり、一般向けに発行されるというニュースが発表されました。

現在開発中ということで大きな話題にはなっていませんが、このニュースは間違いなく今後の資産運用の形を大きく変えるきっかけになります。

なぜかと言うと、仮想通貨が一般的なものとして普及するきっかけになり得るためです。

そこでこのページでは「MUFGコイン」について考察をしました。

仮想通貨・MUFGコインについて

MUFGコインは、2017年秋に開始予定のフィンテックと呼ばれる金融革命の代表サービス『仮想コイン(ビットコイン)』サービスです。

ブロックチェーンと呼ばれるIT技術を活かし、三菱東京UFJ銀行が作る仮想通貨で、インターネットを通じてこれまで以上に便利に、手数料をかけずにお金のやりとりが可能になります。

ゆくゆくは三菱東京UFJ銀行のATMとの連動も検討され、スマホをかざすだけで現金が出てくるなど、利便性が飛躍的に向上します。

メガバンクのビットコイン参入には注目

これまで仮想通貨は一部の人が利用するものであり、マウントゴックスの破綻がきっかけで関心は薄れつつありましたが、大手メガバンクが取り組みを発表したことで大きな広がりを見せる可能性が出てきました。

ビットコインは取引を通じて利益を得る『投資タイプ』が一般的ですが、MUFGコインは、価格が1コイン=1円で固定されるため、安定した使い方が可能です。

大手銀行が取り組むことでの安心感が高まり、安定的であるため普及が加速する可能性は高いと言えるでしょう。

仮想通貨(ビットコイン)は着実に浸透している

マウントゴックスの破綻で一時勢いをなくしていた仮想通貨(ビットコイン)ですが、
長期的な視点においてはやはり、これから重要なテーマになることは間違いありません。

世界におけるビットコインの利用者は約1200万人と言われ、マウントゴックスの破綻を受けても、その勢い衰えることはありません。

金融革命と呼ばれるフィンテックでは「ビッドコイン」「ソーシャルレンディング」「ロボアドバイザー」など様々なサービスが生まれていますが、それらを提供する側も増えています。

ビットコインをはじめ、フィンテックのサービスの量・質は高まりつつあり、資産運用を考える上で、フィンテックの活用が必須になる時代は確実に訪れるでしょう。

仮想通貨(ビットコイン)の種類について

仮想通貨MUFGコイン2
仮想通貨は、もはや一言で言えるものではなく、さまざまなタイプが存在しています。

前述した通り、マウントゴックスが破綻しても、三菱東京UFJ銀行の「MUFGコイン」のように安全性の高い通貨も予定されており、仮想通貨=危険と一概には言えません。

また、株やFXと同じようにリスクはありますが、その高い将来性を考えれば「投資向けのビットコイン」についても、検討の余地はあります。

投資対象としてのビットコインの場合、どれだけ普及しているか?を見るのは一つのポイントになります。広く普及する仮想通貨は、それだけのネットワーク上での管理ができているということで安心感があります。

日本初としては「エターナルコイン」や「侍コイン」などのビットコインが有名ですが、世界を見渡せば数えきれないほどの仮想通貨が存在しています。

リスクを抑える意味では分散投資の一つとして、少額投資から始めるのが無難と言えるかもしれません。

MUFGコインのメリットと、可能性

MUFJコインについては、利用者同士が、これまでより安い手数料で資金をやりとりできる利点や、三菱東京UFJの海外拠点の口座に送ると、手数料が大幅に安くなること。
また、スマホに取り込んだコインを外貨で引き出せるメリットが公表されています。

これ以外にも、ブロックチェーンと呼ばれる新技術を用い、システム負荷を軽減できることから、銀行側に大幅な設備負担がかからなくなり、結果的に利用者側に手数料の減額など、恩恵がもたらされる可能性があります。

現在、莫大とも言えるシステム管理費用の大幅な軽減は、非常に大きな意味を持ちます。

このようなコストダウンと共に、「今後は口座を持たない人もコインが利用できる仕組み」を検討していることから、計画通りにいけば利用者の増加にも繋がります。

三菱東京UFJ銀行のさらなる成長の恩恵

銀行そのものの新たな成長は、市場においてもメリットがあり、引いては社会全体の成長に繋がります。

もちろん、スマートフォンを利用した決済サービスは「Line Pay」など競合も存在しますが、LINEのみでできる『Line Pay』に対し、MUFJコインは汎用性があり、高齢者にとって大手銀行の認知度は高く、差別化は図られています。

銀行側におけるMUFGコインのメリットは『大幅なコストダウン』。
利用側のメリットは見えにくい部分もありますが、マクロな視点でさまざまな恩恵が受けられる可能性があります。

MUFGコインの課題

大手銀行が着手するMUFGコインですが、課題は存在します。
最も議論を読んでいるのは定額レートであること。

まず原則として1円固定となりますが、それでは仮想通貨とは呼べないのではないか?という声が挙がっています。

MUFGコインは投資向きではない?

そもそも、仮想通貨は投資の要素を含むという側面がありますが、定額レートではメリットが生じないのではないか?という話です。

ビッドコインと電子マネーの決定的な違いは、ビッドコインは円を両替してはじめて使えるという点。定額レートでは電子マネーとさほど変わらない印象を受けるのも事実です。

つまり、ビットコインとしての魅力が最大限生かされているとは言い難いかもしれません。
一方で、原則として1円固定となるため、変動に左右されず安定的な利用が可能です。

また投資要素がなくても、大手銀行が提供することのメリットは前述した通りです。
ただ欲を言えば利用者にとって直接的なメリットが見えると良いかもしれません。

定額レートについては「定額レートの仮想通貨」「投資向けの仮想通貨」という形で使い分けることもできるため、今後は問題にならなくなると思います。

むしろ課題は、どれだけ「受け皿」を増やせるか?という点にあります。

ビットコインで利用する場合、利用者だけでなく店舗やECサイトの双方が決済できる環境が必要です。

仮想通貨「MUFGコイン」のまとめ

MUFGコインの本格的な開始は2017年秋頃を予定ですが、非常に注目が集まります。

三菱東京UFJ銀行がどれだけ力を入れるかにもよりますが、本格的に着手するようであれば金融業界の勢力図が変わる可能もあるでしょう。

いずれにせよ、大手銀行がビットコインに参入することで、注目度の高まり、引いてはフィンテックと呼ばれる金融革命がさらに加速していくことは間違いありません。

今はまだピンと来ないかもしれませんが、ビットコイン・クラウドファンディング・人工知能等、私たちの未来を変える金融サービスは着実に育っています。

仮にMUFGコインが普及しなくとも、大手メガバンクがビットコインに乗り出したこと自体が大きな転換点になると思います。

フィンテックサービスは私達の資産運用を大きく変える可能性を秘めているため、引き続き注視していきましょう。