Pocket

クラウドファンディング比較ランキング

ソーシャルレンディングのおすすめ比較ランキングを掲載しました。

今、高い注目を集めるソーシャルレンディング投資ですがサービスの数も非常に増えています。優れたサービスが多い一方、比較を通じてそれぞれの特色をつかむ必要があります。

現在は即時売り切れの案件も増えてきているため、併せて投資戦略も明記しています。
ソーシャルレンディングに興味をお持ちの方はぜひご参考にして下さい。

ザックリと確認したい場合は目次からもご確認下さい。

スポンサーリンク

目次

そもそもソーシャルレンディングとは?

改めてご説明しますとソーシャルレンディングの最大の特徴は、「投資家」と「事業者」をネット上で結びつけることです。

有望と思う事業者に投資して利回りを得るとイメージして頂ければ分かりやすいですが、
その投資対象は世界に広がり、ネットを経由することで無駄なコストがかからず高利回りが実現できるのが特徴です。

前述したとおり、銀行やノンバンクを通さずに資金の貸し手と借り手を結びつけ、
高い利回りが狙えるソーシャルレンディングは最も注目の存在です。

投資なのでリスクはありますが、株やFXほどリスクはかけたくないけれども、投資で利益を出したいという場合に向いています。リスクに関しては下記もご覧下さい。
ソーシャルレンディングでリスクをかけずに投資するコツ

ソーシャルレンディングの比較ランキング6!

こうした背景を受けて今回はサービスの人気ランキングをまとめました。

比較できるように情報をまとめていますが、ソーシャルレンディングはさまざまなサービスがあるため比較することで特色をつかむことができます。

ランキングの評価基準については以下の通りです。

・期待利回り
・実績
・強みがあるかどうか

最低水準の利回りがなければソーシャルレンディングの特性が生きているとは言えず、好利回りかどうかを重視しています。その上で実績があり、サービスに独自性があるものを評価しています。

単に実績がある、期待利回りが高いではなく総合的なランキングとなっています。

いずれも口座開設、維持費は無料。じっくりと比較してみて下さい。

第1位 ラッキーバンク

luckybunk

・ラッキーバンクの特徴、他との比較

全案件、不動産担保で安心のソーシャルレンディングサービスです。
無料で口座が開設でき、利回りも年6%~10%超と好利回り。 数万円からはじめられるところも魅力です。

人気案件はすぐに売り切れになりますが、まだ知名度は高くないので非常におすすめです。

・ラッキーバンクの強み

不動産担保があることで他の投資(株やFXなど)と比較しても保全性は高いと言えます。
利回りも高く、分散投資の新たな選択肢として有力候補です。

高利回り案件の募集開始から即時売り切れることが多く、無料の口座開設を早めにしておくことがオススメです。

ホームページも分かりやすく充実している点も評価できます。

・ラッキーバンクの投資戦略

不動産担保ありの高い利回り案件が多く、非常に狙い目と言えます。

知名度はまだ高くないものの人気案件は、とにかくすぐに売り切れるため、定期的に公式サイトを確認し、お宝案件に投資したいところ。最低投資金額が1万円と低めなため、IPO等との分散投資も容易に可能です。

・利回り

6.0% ~10.0%超

・ラッキーバンクの公式サイト

ao4midori4

同率1位 クラウドクレジット

crowdcredit

・クラウドクレジットの特徴、他との比較

ラッキーバンクと並ぶ好利回りソーシャルレンディング。10%超えの案件の登場率ではナンバーワンと言えるでしょう。

『国内ソーシャルレンディングの中でも最高峰の期待利回り』という呼び声にふさわしいサービスと言えます。

海外に特化しており特徴でラテンアメリカ、欧州、アフリカなど様々な地域に投資可能。

・クラウドクレジットの強み

海外に特化しているという点で、他のソーシャルレンディングと比較しても独自性があります。しかもその量、バリエーションも豊富。しかも、今後も投資対象国は拡大予定と伸びしろが非常に大きい。

利回りが非常に高く、国内で唯一、総合商社(伊藤忠商事)が株主(2016年4月30日現在)という点で、非常に安心感があります。

投資セミナーをはじめとする公式サイトの内容も充実していて、1つ1つの情報が丁寧で分かりやすいのも素晴らしいです。社長のブログも温かみがあります。

・クラウドクレジットの投資戦略

利回り、信頼性に優れ、必ず抑えておきたいサービスと言えます。
特に、ラッキーバンククが即時売り切れになりつつある今、一早く始めておきたいところ。

口座開設後は、公式サイトを定期的にチェックする他、無料で質の高い勉強会も行っているため参加しておくと良いかもしれません。

海外特化型ですが、最低投資金額は1万~なのでリスクコントロールも容易です。

・利回り

5.0% ~14.8%

・クラウドクレジットの公式サイト

ao4midori4

第2位 みんなのクレジット

m-credit3

・みんなのクレジットの特徴、他との比較

今、最も勢いがあると言っても過言ではない人気のソーシャルレンディング。
最大期待利回り14.5%、高額なキャッシュバックの2つを兼ね備えているのが強み。

会員伸び率は他サービスと比較しても№1で業界最速の成約ローン20億円を達成。

取り扱う投資案件もさまざまなタイプを揃える『総合型』に属します。

・みんなのクレジットの強み

期待利回りの高さ、そして定期的に発表されるキャッシュバックが魅力です。

特に現金キャッシュバックに力を入れており、季節ごとやイベントに併せて定期的にキャンペーンが発表されているため必見の価値あり。

現金キャッシュバックに関しては、いつまで続くという保証はないので早めに利用しておくことが吉と言えるでしょう。

数万相当の自社製品をプレゼントをしてくれる案件もあってお得。

・みんなのクレジットのの投資戦略

現時点ではキャッシュバックキャンペーン参加が狙い目。

新規口座開設、投資額に応じたキャッシュバックが得られますが、開催されている間に確実に得ておきたいところ。その意味では急ぐ必要があります。

他にはない強みを持ったソーシャルレンディングであるため、口座を持っておくと何かと役に立ちます。投資金額を抑えることでリスクヘッジも可能です。

・利回り

5,0% ~14.5%

・みんなのクレジットの公式サイト

ao4midori4

第3位 オーナーズブック

OwnersBook

・オーナーズブックの特徴、他との比較

オーナーズブックは日本でも希少性の高い不動産特化型のソーシャルレンディング。

代表的なサービスは「ラッキーバンク」になりますが、不動産特化型のソーシャルレンディングは個人投資家の方々に馴染みがあり、とにかく人気があります。

オーナーズブックに関しても全案件「不動産担保付き」で期待利回りも水準以上です。
ラッキーバンクが競争激化で売り切れる今、オーナーズブックも必須になりつつあります。

・オーナーズブックの強み

オーナーズブックの強みは不動産投資に対する高い専門性にあります。

全ての投資物件に対してロケーションだけでなく、稼働率、スポンサークレジットに至るまで細かく明記されている点が特徴。

まるで不動産オーナーになった気分が味わえるのも魅力です。

親会社のロードスターキャピタルは不動産会社として黒字経営で成長を続けており、実績も抜群。不動産に関して絶対の安心感があります。

・オーナーズブックの投資戦略

ラッキーバンクと比較しても遜色がないレベルと言えます。

ラッキーバンクの競争激化が続くようであれば、オーナーズブックも口座を用意しておけば不動産系はバッチリと言えます。

利回りは5~14%という表記になっていますが、10%を超える好利回りは頻繁には出ないため細かいチェックは必要になります。通常は5%前後が良く出ます。

都心の不動産は幅広く網羅しているので不動産投資に関心のある方に非常におすすめです。

・利回り

5,0% ~14%

・オーナーズブックの公式サイト

ao4midori-nomura

第4位 スマートエクイティ

smartequity

・スマートエクイティの特徴、他との比較

スマートエクイティとは個人投資家と、投資機会を結びつける、新しいプラットフォーム。
プロ投資家向け投資、映画投資、海外投資、社会貢献型投資など、 これまでは触れることの少なかった投資機会を提供してもらえます。

何よりも現在大注目の『株式型クラウドファンディング』を提供していて、有望な未上場企業に投資したい方には非常におすすめです。

・スマートエクイティの強み

目標利回り5~10%と水準以上と言えます。

証券会社であり、金融機関として金融商品取引法によって定められている厳しいコンプライアンス体制や 財務基準をクリアしている為、安心して取引できる点も◎。

数万相当の自社製品をプレゼントをしてくれる案件も◎。
難点は商品の数が少ない点になります。この点だけは注意しましょう。

・スマートエクイティの投資戦略

他と比較すると中級者向けといったイメージがあるため、上位のサービスをを優先しつつ余裕が出来しだいすぐに開始したいところ。

証券会社が運営するサービスということで安心感が高く、利回りも良好です。

クラウドバンクに注目が集まり過ぎてしまう今、他のソーシャルレンディングの確保は、
最も大切な要素の一つ。チャンスはできる限り増やしておきたいところです。

スマートエクイティの投資商品については『無料会員登録』ボタンを押した後、
ページ最上部の『商品一覧』から確認することができます。

・利回り

5,0% ~10%

・スマートエクイティの公式サイト

midori4

第5位 クラウドバンク

crowdbank

・クラウドバンクの特徴、他との比較

ソーシャルレンディングの草分け的な存在。知名度・人気も高い。
過去に行政処分を受けたことで、怪しいというイメージが持たれている面もあるかもしれませんが、一方でブラッシュアップされたことでより安全性が高まったと感じます。

非常におすすめですが、一方で知名度が高くなり過ぎてしまい競争率が高い点が難点です。

・クラウドバンクの強み

「海外投資」「中小企業支援」「不動産」等、投資先のバリエーションが豊富。
目標年利回りは5.2%と他と比較すると中程度で、1万円からの投資が可能。

非常に少額の投資が可能であるため、事実上それほどリスクをかけずに投資ができます。
人気案件も多く、総合バランスの高さが魅力と言えます。

・クラウドバンクの投資戦略

知名度が高いため、人気案件はすぐに売り切れてしまいます。

ソーシャルレンディングとしての総合力が高く長らくおすすめでしたが、競争率の観点からこれ一つだけでやっていくのは望ましいとは言えなくなりつつあるのが現状。

競争率の高さは比較しているサービスの中でも1,2を争うかもしれません。
そのため、定期的に公式サイトは確認したいところ。

クラウドバンクの利用は最低線とし、+アルファがこれからは必要になるでしょう。

・利回り

5,0% ~7,5%

・クラウドバンクの公式サイト

midori4

第6位 SBIソーシャルレンディング

sbi_sociallending

・SBIソーシャルレンディングの特徴、他との比較

他と比較してももSBIグループという安心感が大きな魅力。公式サイトもSBI証券に似ているため非常に分かりやすいです。利回りは他と比べると高いとは言えないものの、「不動産」「証券」「オーダーメイド」と投資先のバリエーションも多め。

社会貢献意識も高く、SBIから新しい投資を作ろうとする気概を感じます。

・SBIソーシャルレンディングの強み

SBIグループによる安心感が何よりの魅力。
公式サイトの画面構成も、SBI証券利用者であれば馴染みやすく、少額投資も可能。

リスクを極力控えた分散投資対象として最適と言えます。

・SBIソーシャルレンディングの投資戦略

利回りはそれほど高いとは言えず、優先順位としては前述したサービスには劣ります。

そのため、人気上位のソーシャルレンディングで申込できなかった場合の予備で備えておくのが良いかもしれません。

一方で、現在5月時点)で口座開設とメルマガ購読で1500円のキャッシュバックがあり、
出資金額に応じて最大1.0%のキャッシュバックキャンペーンを実施中。

口座開設は無料なため、キャンペーンは注目しておきたいところ。

・利回り

2,0% ~6,0%

・SBIソーシャルレンディングの公式サイト

midori4

【レビューはこちら】SBIソーシャルレンディングの投資と評判についてのまとめ

ソーシャルレンディング比較ランキングのまとめ

新しい投資として開始したソーシャルレンディングですが、サービスを比較すると本当にさまざまなサービスがあることが分かります。

今後については既に人気になっているサービス以外のものをできる限り確保し、
定期的に好利回り案件を探すスタンスがスタンダードになってくることが予想されます。

人気化すればするほど競争率は高くなってしまうため、今回の比較ランキングを参考に早めにサービス利用を開始してコツを掴んでいくのが大切です。

サービスを比較して自分に合うものを増やしましょう

ソーシャルレンディングは次々と新しいところが登場し、取扱案件・サービスの質が高まってきています。
一方で、情報が多すぎると頭が混乱してしまいます。

そこで今回のように比較しながら特徴をつかみ、自分に合うサービスを増やしましょう。
口座は多いほど有利と言えるため、上手に整理していくことがおすすめです。

Pocket